選挙ドットコム

徳島県知事選への立候補を表明|岸本泰治(きしもと たいじ)氏の経歴・政策は?

2019/2/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2018年12月21日の記者会見において、任期満了にともなう徳島県知事選(2019年3月21日告示、4月7日投開票)に、岸本泰治氏(61)が立候補を表明しました。
岸本氏は自民党県議で、無所属での立候補です。

なお、徳島県知事選には現職の飯泉嘉門氏(58)、小松島市議で新人の天羽篤氏(68)が立候補を表明しています。

徳島県出身の岸本氏。徳島県議を3期務める

岸本泰治氏は1957年6月1日、徳島市国府町の生まれで現在61歳です。同志社大学経済学部を卒業後、株式会社徳島そごうに入社しました。

2007年の徳島県議会議員選挙に立候補し、7,681 票を得て初当選します。防災対策特別委員会委員長、人権少子高齢化特別委員会副委員長などを歴任後、2011年の徳島県議会議員選挙では8,221 票を得て再選。文教厚生委員会委員長、防災対策特別委員会委員長などを歴任しました。2015年の徳島県議会議員選挙では7,793 票を得て3選し、地方創生対策特別委員会委員長などを務めていました。

岸本氏の政策理念

岸本氏は自身のHPによれば、「不透明な発注や無駄遣いをなくし、常に県民に顔を向けた温かい県政と、地方創生を実現します」をキャッチコピーとし、

1.知事多選禁止条例を提案します。
2.生活者の視点から、不透明な発注や無駄遣いをなくします。
3.常に県民に顔を向けた温かい県政と、地方創生の実現のため、次の施策を推進します。
Ⅰ.明日の徳島を創る ~子供達に確かな未来を!~
Ⅱ.強い経済の実現 ~生き甲斐を持って働ける場の創出!~
人にやさしい街づくり ~生命(いのち)とくらしの安全・安心な社会づくり!~

などを政策として掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム徳島県知事選への立候補を表明|岸本泰治(きしもと たいじ)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube