選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【民進党代表選】民主党政権の失敗を振り返る旅を続けてきた… 鉄道オタクの前原氏が語る代表選



選挙ドットコム編集部
選挙ドットコム編集部

民進党・蓮舫前代表の辞任にともない、9月1日に民進党の新たな代表を決める代表選が行われます。立候補したのは前回の代表選にも出馬した前原誠司氏と、今回が代表選初出馬となる枝野幸男氏。

「党内保守vsリベラル」という対立軸で語られる前原氏と枝野氏ですが、一概にそうとは言えないと両者は述べます。代表選への意気込みや今後の民進党、さらには両者が「オタク」(前原氏は鉄道オタク、枝野氏はアイドルオタク)であるという共通点から、その人柄や趣味への熱意まで幅広く伺うべく、選挙ドットコムでは候補者両名に独占インタビューを行いました。
【関連】右往左往せず、地方とも連携して。アイドルオタクの枝野氏が語る代表選  >>





民主党政権の失敗を振り返る旅を続けてきた



maehara01

-選挙ドットコム編集部(以下、編集部)
まず最初に、民進党代表選への意気込みをお聞かせ願います。

-前原誠司氏(以下、前原氏)
2012年に旧民主党が下野してから、旧民主党・民進党はアベノミクスに替わる社会像を探す旅に出ていました。それを示せなければ、野党第一党の価値はありませんから。

そして私が慶應義塾大学・井出英策教授らとの勉強会を通じてまとめた考えが、前回と今回の代表選で掲げている「All for All(みんながみんなのために)」というものです。多くの人々の不安を多くの人々の安心・希望に変えていく、そのためには財源論からも逃げないという中福祉中負担の考え方です。私はこの考え方を国民の選択肢にし、自公政権の推し進める社会像との対立軸にし、そして民進党の金看板にしたいと考え、前回と今回の代表選に出馬を決めました。

-編集部
自公政権への対立軸としての政策のみではなく、「民進党の在り方」自体をずっと考えていたということですね。

-前原氏
はい。旧民主党政権時代に私たちは人への投資を多く行い、民主党のこの政策はバラマキだ、と批判を受けました。私たちはその批判を受けてひるんでしまいました。

しかし、あの時とった政策には時宜にかなったものもあったはずです。ただ、民主党全体のバックボーンがなかったので私たちは揺らいでしまいました。今回私がまとめた「All for All」は、これから民進党全体のバックボーンとなるものとして磨き上げてきました。

-編集部
現在安倍政権が支持を落としているにもかかわらず、民進党の支持率が思うように上がっていない現状があります。これについてはどうお考えでしょうか?

-前原氏
そうですね。やはり政党として「一言や一文で言えるような共通認識」がありませんでしたし、それが実際の状態以上に分裂したイメージにつながってしまったのではないでしょうか。

まず共通認識を作り、堂々と目指すべき社会像を、民進党の全員が国民に同じ意識で訴えられる。そんな土台を作りあげられる代表を目指し、民進党の支持率向上に貢献したいと考えております。





「党の分裂の危機」とも言われるが、代表選は「党の価値を高める」ため



maehara02

-編集部
今回の民進党代表選は、「保守の前原vsリベラルの枝野」と語られているかと思います。

-前原氏
保守、リベラルと言った簡単な言葉で表せるようなものではありませんよ。いくらリベラルと言っても枝野氏も保守的な側面は持っているし、私の「All for All」の考え方は、見方によっては一部枝野氏の考え方よりリベラル寄りだったりします。

私と枝野氏の違いを強調するために「党内分裂」という表現が使われるのも、おかしな話です。私は枝野氏の推薦人ともすごく仲が良いですしね。この代表選は党をまとめて再生し、価値を高めていくための選挙だと思っていますから、党を分裂させようだなんて微塵も思っていませんよ(笑)。

-編集部
前代表の蓮舫氏は「提案型政党」という言葉を掲げていました。このスタンスは今後も続けていかれる予定ですか?

-前原氏
はい、続けていく予定です。
私は12年前に代表になったときに「対案路線」という言葉を使って似たようなことを言っていたんですよ。与党に対する批判ばかりじゃいけないと。メリハリを持って対案を出していきたいと思います。

正直なところ、自民党は私たちの対案になかなか取り合ってくれなかった。これに対しても自民党を批判するだけでなく、では次こそ自分たちの対案を自民党が無視できないくらい優れたものにしていこう、という考え方を持っていたいですね。





民進党は”隠れオタク議員”がたくさん!? 鉄オタ前原氏が語る



maehara03

-編集部
次に、前原氏のお人柄について伺いたいと思います。
前原氏のご趣味と言えば……

-前原氏
“鉄道オタク”ですね(笑)。先日も国際鉄道コンベンションに呼んでいただき、トークイベントで1時間半鉄道について語ってきました。政治に関しては全く触れず、ひたすら鉄道について語りました。

-編集部
すごいですね……。鉄道の魅力とは、一体どんなところなのでしょうか?

-前原氏
そうですね… 「この女性が好きなのはなぜですか?」に簡単に答えられないのと同じですね。無条件に鉄道が好きなんです。子供のころからずっとです。

鉄道って人間くさいんですよ。坂をのぼるときはしんどそう。軽快に走るときの横からの姿は気持ちよさそうで。「蒸気」にかかわらず、まるで人間の鼓動や表情のように、その音が変わるんです……(非常に長かったため編集部中略)、綺麗ですよね。

-編集部
愛がひしひしと伝わってきました(笑)。
民進党にはアイドルオタクの枝野氏、プロレスオタクの野田氏等、深い趣味をお持ちの方が多いですよね。

-前原氏
確かに趣味を持っている議員が多いかもしれません。そうした人柄や趣味が、国民との共通点になって身近に思ってもらえればいいなと思います。
オタクであることが知られていない議員も、党内にはいっぱいいると思うんですよ。オタクカミングアウト掘り起こしも今後やっていきたい業務のひとつですね(笑)

-編集部
そういえば、事前に前原氏のWikipediaを拝見したところ、無類の「ハイチュウ」好きだと書かれていたのですが、こちらは本当ですか?

-前原氏
それは……そこまでじゃないです。フェイクニュースですね(笑)。以前新幹線に乗っていたときに甘いものがほしくて季節限定のものを購入したんですが、その場面を見られちゃったんですかね。
そう言えば最近は食べてないです。久々に今度買ってみようかな。

民進党代表選はゴールではない


-編集部
話がそれてしまったので、少し話を戻させてください(笑)。
前原氏が大切にしている言葉・政治信念を一言で表していただけますか?

-前原氏
「至誠通天」「天命に生きる」という言葉です。
至誠通天の意味は、人と向き合うときに嘘をつかないこと、誠実でいること。私は騙すなら騙されるほうがいい、人に対する真心は通して、それが実を結ばなくても仕方がないと思っています。それがいつかきっと天に通ずるんです。

天命に生きるはそのままですね。私は運がいいんです。何度も政治家として有権者の皆さまに選んでいただいた。その使命感を持ちながら、この仕事を続けています。

-編集部
最後に、選挙ドットコムの読者に向けてメッセージをお願いします。

-前原氏
政治というのは、国民の幸せや生きがい、やりがいを実現することが目的です。私はボトムアップ型の「All for All」という考え方のもと、国民みんなが幸せで、結果として成長がついてくるような政治を行います。

民進党代表選はゴールではなく、仮に代表に選ばれたあとも、代表に就任した後はもっと広く険しい世界が待っています。その時は「険しい道を楽しむ心意気」という松下政経塾時代の言葉を胸に、どんなことも楽しみながら自らの血肉としてゆき、皆様に還元していきます。
選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

Twitter : https://twitter.com/go2senkyo

Webサイト : http://go2senkyo.com/

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2017 選挙ドットコム All Rights Reserved.