選挙ドットコム

田中 松太郎

タナカ マツタロウ/47歳/男

田中 松太郎

市民が求める政治は、政治家のためではなく、市民のための政治です 市民の声がしっかりと反映される政治を実現することが、すべての市民の皆様の、幸せな暮らしの実現に繋がっていくと考え、日々努力してまいります

選挙 滋賀県議会議員選挙 (2019/03/29) [当選] 9,350 票
選挙区 甲賀市選挙区
肩書・その他 滋賀県議会議員
党派 チームしが
サイト

田中松太郎 最新活動情報

ブログ

SNS情報

田中松太郎 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1972年09月20日
年齢 47歳
星座 おとめ座
出身地 滋賀県甲賀市甲賀町

略歴

  • ●田中松太郎の歴史
    1972年9月20日甲賀郡甲賀町に生まれる。4歳の時、保育園で描いた牛の絵が県展で入選。油日小学校時代はスポ少のサッカーで県大会優勝。甲賀中学校では軟式テニス部に所属。この頃からコンピュータに興味をもち、県立国際情報高等学校の情報技術科に進学。部活は吹奏楽部でチューバを担当するほか、当時のバンドブームでエレキベース、ドラム、キーボードなど複数のバンドで活動。その後さらにコンピュータの専門知識を深めるためコンピュータ総合学園HAL大阪の4年制課程情報経済学科へ。卒業後、地元でシステムエンジニアをめざすも当時の就職難により断念。地元企業に営業職で就職。営業部で全国を飛び回る傍らもともと好きだったデザインの仕事をデザイン部で手伝うことに。その後知人社長からの誘いで転職。社内に新たにデザイン部門を立ち上げ、デザインとコンピュータを駆使しWEB関係の仕事を展開。27歳で結婚。時を同じくして滋賀のよさこいまつり「ござれGO-SHU!」の立ち上げに参加。のちにNPO法人化し理事長に就任。その後10年間のサラリーマン経験に区切りをつけ33歳で独立。広告デザイン会社、株式会社あきない応援団を設立し代表取締役に就任。地域情報誌の創刊、経済産業省起業家育成支援事業の認定起業アドバイザー、公益社団法人水口青年会議所の理事長、地元消防団の班長、小中高校のPTA役員、びわ湖放送の番組ディレクターなども経験。大前研一氏創設の政策スクール「一新塾」29期生。高校生と中学生の息子を持つ父親でもある。

田中松太郎 活動実績

●滋賀県議会議員の経歴
2011年 滋賀県議会議員選挙 惜敗(8,785票)
2015年 滋賀県議会議員選挙 初当選(無投票)
     厚生産業常任委員会 地方創生特別委員会
2016年 県民生活土木交通常任委員会 総合交通防災対策特別委員会
2017年 県民生活土木交通常任委員会 文化スポーツ対策特別委員会 副委員長
2018年 環境農水常任委員会 行財政働き方改革特別委員会 委員長

●これまでの主な役職等 (2019.1現在)
公益社団法人水口青年会議所 理事長
特定非営利活動法人ござれGO-SHU 理事長
甲賀市消防団 甲賀方面隊田堵野班 班長
甲賀市立甲賀中学校PTA 会長
甲賀市立油日小学校PTA 役員
立命館守山中学校高等学校PTA 役員(現)
滋賀県立国際情報高等学校同窓会 会長(現)
特定非営利活動法人ROSAスポーツクラブ 監事(現)
株式会社あきない応援団 取締役会長(現)
地域政党チームしが 役員(現)

田中松太郎 政策・メッセージ

政策メッセージ

●滋賀の未来のために・・・。課題解決に向けた7つのプロジェクト

その1 災害に強い安全安心の将来を見据えたまちづくり

その2 子育てしやすい環境の充実と教育環境の充実

その3 全ての人に居場所と出番のある共生社会の実現

その4 地域の歴史文化を活かした観光振興と中小企業の活性化

その5 いつまでも健康で暮らせる医療、介護、福祉の充実

その6 豊かな自然の恵みを活かした農業や林業の振興

その7 JR草津線や地域バス、名神名阪連絡道路など交通課題への取り組み

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家田中松太郎 (タナカマツタロウ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube