選挙ドットコム

相崎佐和子 メッセージ

立憲民主党・参議院・兵庫県選挙区候補者の相崎佐和子です。
芦屋市に生まれ、明石市や宝塚市・神戸市で育ち、現在は伊丹市内で二人の子供を育てています。
立憲民主党は、他の誰でもない「あなた」の声を国政へと届けます!

相崎 佐和子

アイザキ サワコ/49歳/女

相崎 佐和子

届ける、叶える、あなたの声を

選挙 第26回参議院議員選挙 (2022/07/10)
選挙区

兵庫選挙区 260,496 票

肩書 立憲民主党・参議院・兵庫県選挙区候補者
党派 立憲民主党
その他
サイト

相崎佐和子 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

物価対策と収入アップ政策で、国民の暮らしを守る!

物価対策と収入アップ政策で、国民の暮らしを守る!

兵庫県内を駆け回り、多くのお声を頂きました。

兵庫県内を駆け回り、多くのお声を頂きました。

あなたの抱える困難こそが、政治の課題なんです!

あなたの抱える困難こそが、政治の課題なんです!

Youtube

SNS情報

相崎佐和子 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1973年03月19日
年齢 49歳
星座 うお座
出身地 兵庫県芦屋市
好きな食べ物 明太クリームパスタ
好きな本、漫画、雑誌 有川浩、林真理子、宮部みゆき

略歴

  • <学校>

    ・芦屋市生まれ
    ・明石市立松が丘幼稚園:1978年入園~1979年卒園
    ・明石市立松が丘小学校:1979年入学~1980年転出
    ・宝塚市立仁川小学校:1980年転入~1985年卒業
    ・私立親和中学校:1985年入学~1988年卒業
    ・私立親和女子高等学校:1988年入学~1991年卒業
    ・国立奈良教育大学:1991年入学~1995年卒業
    ・国立奈良教育大学大学院:1995年入学~1997年修士課程修了


    <仕事>

    ・(株)オフィス・キーワード所属(フリーアナウンサー):1997年~2000年
    ・阪神シティケーブル(株)(本社:尼崎市):2000年~2003年
    ・第12代兵庫県広報専門員:2003年~2006年
    ・伊丹市立中央公民館 事業推進委員会事務局長:2006年~2007年

    <政治>

    ・伊丹市議会議員:2007年初当選、2011年2選、2015年3選
    ・第61代 伊丹市議会議長:2015年~2017年
    ・兵庫県議会議員:2019年~2022年
    ・「ローカル・マニフェスト推進連盟」共同代表
    ・「出産議員ネットワーク」関西ブロック代表
    ・マニフェスト大賞受賞2回(個人・団体)

    <家族>

    ・夫(宍粟市出身)
    ・長女(2005年生まれ)
    ・次女(2009年生まれ)

政治家を志したきっかけ

<出産で契約切り!仕事と育児の両立で、壁にぶつかる>

教師をしていた母の影響で、子どもの頃から「結婚しても子どもを持っても仕事をしたい」と思っていた私。
実際に結婚して妊娠し、「さあ憧れていたワーキングマザーとして頑張ろう」と張り切ったのですが、まさかの出産による雇い止め!

転職して両立に励んだものの、病児保育がない、予防接種は平日・・・様々な制度の壁にぶち当たり、心も身体もヘトヘトに。
制度が不十分なために頑張ることができない辛さを、身をもってとことん痛感しました。


<働く女性、子育て世代の声を届けるために立候補>

その体験から思いました。
制度を改善してそんな辛さをなくしたい!
認め合い支え合える社会をつくりたい!

私と同じように、制度が不十分なために、認められなかったり頑張ることができなかったりと、辛い想いと状況を抱えている人が多くいるのではないか。

そんな人々が、頑張りたいと思ったら頑張ることができる社会をつくるんだ!と、マグマのような熱い想いが噴出。
34歳で市議会議員に立候補を決意しました。

ご意見をお聞かせください

ご意見お問い合わせはこちらへお寄せください。

相崎佐和子 活動実績

伊丹市議会議員として3期12年、兵庫県議会議員として1期3年。
市や県で私たちの声を上げて制度の改善を積み重ねました。

・病児保育の整備
・親子フリースペースの開設などの子育て政策
・特別支援教育の充実などの教育施策
・自転車事故の低減や防災など安全安心の政策
・ヤングケアラー支援の拡充
・予算編成改革

活動報告を欠かさず、政務活動ニュースは100号を超え、「サワコの茶話会」で住民の皆様と対話を重ねてきました。
また市議会議長の時には議会報告会を実施するなど、市民に開かれた議会を目指しました。

まずは現場に出てナマのお声をお聞きする。
それを私たちの声として政治の場にあげる。
そして実現を重ねる。

1つ1つは些細な事でも、すべてが生活や人生と直結する大事な取り組みです。
コツコツとでも着実に改善を積み重ねていくことで、絶対に変わっていくはず。
そして目指す社会すなわち「認め合い、支え合う社会」に繋がるはずと、全力で取り組んできました。

相崎佐和子 政策・メッセージ

政策メッセージ

1. 物価対策と収入アップで、国民の暮らしを守る!

・消費税を5%に減税
・燃料と小麦を補助金で値下げ
・最低賃金を1,500円に
・物価に負けない年金制度


2. 教育の無料化で、少子化を止め、子ども達の未来を守る!

・児童手当を高校3年まで
・給食費の無料化
・大学の学費軽減と奨学金
・社会人も含めた全世代型の教育


3. 外交と専守防衛で、日本の領土と平和を守る!

・領域警備法で尖閣などを警備
・サイバー、宇宙、電磁波への対処
・国際協力と民間交流
・SDGsと気候変動対策


4. 子育て・医療・介護など、ベーシックサービスを充実!

・出産費用の無料化
・保育士の給料アップと待機児童の解消
・介護士の給料アップで介護離職をなくす
・かかりつけ医制度

住民の皆様へのメッセージ

私自身、出産時に雇止めをはじめ仕事や育児で様々な困難に直面してきました。
誰もが自分らしく生きられる社会にしたいとの想いで、市議・県議として15年間、子育て・教育や行財政改革などに取り組んできました。
また、市議会では議長を務め、住民に開かれた議会を目指しました。
日々、教育や福祉、医療の現場の声を聞き、コロナ危機に向き合う中で、国に声を届けたいという決意に至りました。

日本では、少子化・高齢化・人口減少が深刻化しており、今こそ政治の意識転換が必要です。
全ての人が平等にチャンスを得て、一人ひとりがイキイキと活躍できる社会は、私たちに豊かな未来をもたらします。
日本経済も全体として成長します。

そのために相崎佐和子は、保育所待機児童や介護離職などの困難を解消し、頑張りたい人が頑張れる社会にします。
そして、お互いさまで支え合う社会、ベーシック・サービスが十分に行き届く安心社会をつくります。

私たちの声を届け、叶えるために、全力で行動します!

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家相崎佐和子 (アイザキサワコ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube