選挙ドットコム

うちだ りさ

ウチダ リサ/44歳/女

うちだ りさ

人財育成100年宣言!!

選挙 延岡市議会議員選挙 (2015/04/26) [当選] 1,704 票
選挙区 延岡市議会議員選挙
肩書き 元延岡市議会議員(自民党きずなの会)
党派・会派 自由民主党
サイト

うちだりさ 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

地元のママたちとのイベントで盛り上げています

地元のママたちとのイベントで盛り上げています

自民党大会にて

自民党大会にて

日頃の街頭演説の様子です。

日頃の街頭演説の様子です。

うちだりさ プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1974年02月24日
年齢 44歳
星座 うお座
出身地 延岡市浜砂町出身(現在、出北在住)
好きな食べ物 趣 味 : 余興・バレーボール 資 格 : 臨床検査技師、花火師、防災士、野菜ソムリエ 好 物 : おにぎり(大学生の時、最高18コ食べました。) 好きな言葉 : 「 熱 意 」「 創 意 」「 誠 意 」
好きな本、漫画、雑誌 人体図鑑、解剖関係の本

略歴

  • 延岡東小学校卒
    延岡中学校卒
    延岡東高等学校卒
    熊本保健科学大学衛生技術科卒(旧銀杏学園)
    隆誠会延岡保養園に検査技師として10年間勤務
    延岡市議会議員選挙に初当選(現在2期目)

政治家を志したきっかけ

地元に戻って来て欲しいという友人の思い。
ウグイス嬢になった時感じた政治家としてのやりがい。
ある会で「延岡には何にもない」と言われた悔しい思い出。
そういう経験を通じて、地元延岡が「何にもない」ではなく、「なんでもある」と言われるように、100年後を見据えた上で、今できることに取り組んでいきたいという思いが強まり、政治家をこころざしました。

うちだりさ 活動実績

延岡中学校評議員 / 延岡東高等学校同窓会副会長 / 東幼稚園評議委員/東小学校家庭教育学級/宮崎県自由民主党女性局次長/宮崎県自由民主党青年局幹事/自由民主党延岡支部女性部長 /宮崎県連女性議員政策研究会/ 隆誠会PLC顧問 / 日本会議延岡支部 / 延岡観光協会女性部藤女の会/元気延ママボランティア連合/ のべおか男女共同参画会議21 / まつりのべおか実行委員会 / 延岡花物語実行委員会 / 防災士ネットワーク延岡支部 /ひむか食のネットワーク/リバーフェスタ実行委員会/ ひむかオペラ協議会 / 木鶏クラブ延岡支部 / 伝統文化子ども教室チームのぼりざる / 北川町ふれあい魚釣り大会実行委員会 / 延岡ロータリークラブ / 延岡市塗装業協会顧問 / 板金工業組合延岡支部顧問 / 延岡市防水工業協会顧問/宮崎三楽塾/くまもり協会/しまのうらTNR/ふるさとを良くする会/記紀編纂1300年延岡実行委員会/五重縁の会/宮崎県防衛協会女性部/シャンソニエ/おやこ劇場/宮崎県看護連盟会員/日の丸サンシュウユの会/自伐型林業研究会/千徳会/のべおか未来の会/延岡地区保護司会/アイリス会/史談会/県北女性議員の会/

うちだりさ 政策・メッセージ

政策メッセージ

子育て環境日本一」「教育環境日本一」を目指して!
【子どもを育てる】
延岡市の小中学校におけるパソコン整備率県内ワースト1を解消する
学校環境整備を最優先に行う。児童生徒12人に1台のパソコン整備だったが、国、県、市と連携して国が示す3.6人に1台まで整備する。エアコン整備、トイレの洋式化、教室の照明の改善などにも取り組み、学力向上と教職員の勤務環境改善を図る。
県北にない医療型障害児入所施設(重度障害者の一時預かり施設)を設置する

【医療を育てる】
まずは医師の確保が必要。その結果、乳幼児医療費の拡充を図る
総合診療医育成サテライトセンターを県立延岡病院に設置することで研修体制を強化し、医療従事者の充足を急ぐ。延岡市医師会の診療体制の緩和を図り、小児科医の確保に努めることにより、乳幼児医療費の拡充に努める。
3割を超える高齢化率に対し、先進的医療政策を推進し、認知症・要介護者を減らす。

【女性を育てる】
宮崎県の人工死産(中期中絶)連続全国ワースト1を解消する
結婚、妊娠、出産、子育ての幸せを感じられるような、手厚い社会保障、女性の社会的地位の確立、働き方改革、 所得アップ、性教育、地域再生等に取り組む。
まちづくりの根幹は「教育」「防災」「農林水産業」です!

【若者を育てる】
宮崎県の高卒者県内就職率全国ワースト1を解消する
あらゆる業種で人手不足が深刻化する中、県内の大学や専門学校と学生のマッチングを図り、高校生と保護者に地元企業の見学会などを実施し、さらに歴史教育により郷土愛を育む取り組みを促進する。

【第一次産業を育てる】
宮崎県の食料品製造出荷額全国31位を日本一に
農林水産業における新たな新規事業を支援し、雇用確保に繋がるよう県の研究機関や専門の方と連携し、強い経営体を育てる。「延岡ブランド」を推進します。

【経済・観光を育てる】
宮崎県の訪日外国人観光客訪問率全国37位を日本一に
延岡市の「食」や「アウトドア」「歴史・伝統文化」「神話」「スポーツ」「産業遺産」「伝統工芸品」などの徹底した情報発信と、さらに、県境を越えた広域連携でインバウンドの強化と共に、県の観光入込客をアップして儲かる産業にする。

【地域を育てる】
近々、発生が想定されている日向灘地震(今後10年以内)や南海トラフ(今後30年以内)に備える
消防団と防災士、自主防災組織の充実強化を図り、学校‐家庭‐地域のコミュニティスクールの促進により犠牲者ゼロを目指して防災訓練、防災教育を実施する。
北川町曽立地区の浸水被害3年連続をストップさせる
「北川」の管理を国直轄とし、国、県、市との連携のもと、公共事業、治水事業を拡大し、インフラの強靭化を図る。

県の予算(5800億円)は延岡市の10倍もあります!
全力で広域的防災対策のための県土強靭化を図ります。

県の施設を一極集中から分散化へ
県営スポーツ施設の23施設全てが宮崎市にある。その他の県有施設も含め、延岡市へ誘致を。県立体育館は、さらなる県との連携を深め、アスリートタウン延岡の確立を。
みやざき動物愛護センターと市や民間との連携、地域猫事業促進、ペットの災害時対策など強化する

住民の皆様へのメッセージ

私は、延岡市の課題は「人財育成」だと思います。

まちづくりは「人」によって成されます。100年先を見据え、先人の思いを引き継ぎ、新しきを導き出す行動こそが、まちを守り、作り、育てるのだと考えます。

国において女性活躍推進法が成立しましたが、宮崎県内の女性議員は、市町村議会を含めてもわずか「8.8%」しかいません。

私は「働き盛り世代」「子育て世代」の代表、また「働く子育てママの代表」としてみなさんの声を、反映させるために県議会議員に挑戦します。

どうか、私をお支えいただける方は、うちだりさ後援会にご入会いただき、共に100年後を見据えた「人財育成強化」を目指し、頑張りましょう!

「一年の計は稲を植える。
 10年の計は木を植える。
 100年後の計は人を育てる。」

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家うちだりさ (ウチダリサ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube