選挙ドットコム

千 一

セン ハジメ/66歳/男

千 一

全身にアテトーゼ(不随意運動・凝縮)を持った出生時からの脳性麻痺により、手足・言語に障がいを持つ。聞き取りにくい言葉を話すが、聞き手がじっくり聞いてくれれば、ある程度はわかる話し方である。 横浜市脳性麻痺者協会副会長をつとめた。障がい者のグループホーム運営に携わってきた。 鎌倉の介護・福祉・教育・バリアフリーの充実・全身のために只今奮闘中!!

選挙 鎌倉市議会議員選挙 (2021/04/18) [当選] 1,716 票
選挙区 鎌倉市議会議員選挙
肩書 鎌倉市議会議員(2001~現在)
党派 無所属
その他
サイト

千一 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

江ノ電七里ヶ浜駅のリフトで駅を出る

江ノ電七里ヶ浜駅のリフトで駅を出る

SNS情報

千一 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1954年08月07日
年齢 66歳
星座 しし座
出身地 東京都北区生まれ その後、浦和(現さいたま)→横浜→鎌倉。

略歴

  • 昭和48年(1973年)都立北養護学校
              (現都立北特別支援学校)卒業

    昭和55年(1980年)神奈川大学経済学部卒業

    昭和56年~平成13年(1981年~2001年)
                神奈川大学生協勤務

    平成13年(2001年)鎌倉市議会議員選挙立候補            し、初当選

    現在市議会議員5期。

政治家を志したきっかけ

学生時代から福祉活動をおこない当時在住の横浜市当局に福祉の充実などを訴えてきました。鎌倉については歴史が深く好きな町であったのでよく訪れていました。しかし同じ道路であっても横浜市から鎌倉市に入ると歩道が波打っていたり、凸凹、歩道があっても車道との段差があることに気づきました。これでは来訪者にとっても好ましくないと思いました。また鎌倉市の福祉の水準は東京都どころか、横浜市と比べても遅れていることがわかりました。こうした現状を知り、鎌倉のバリアフリーや福祉を推進させようと思い、横浜から転居しました。そしてこれらの実現の手段として2001年の鎌倉市議選に立候補をし、当選することができ、現在に至っております。
私のやろうとしていることは、鎌倉市をはじめ全国的にも問題のある福祉・教育・バリアフリー・介護・災害名とに私の考えを発信し改善のきっかけとしたいと思っております。

千一 活動実績

2001年の初当選からこれまでにやってきたこと

災害時要援護者登録
(2002年に提言、2003年制度化)
 *2020年度現在18907人が登録。

公費負担で介護者付き学童保育利用制度(2006年)

姉妹都市(足利市・萩市・上田市)と災害時の要介護者に対する介護人の確保についての協定締結(2007年)

歩行者信号5秒延長(鎌倉郵便局前・市役所前)県警交渉
(2009年)

エレベーターの設置改善
JR鎌倉駅(2007年)鎌倉中央図書館(2008年)
玉縄中学校(2012年)JR大船駅東口(2013年)
JR北鎌倉駅大船行側ホーム(2014年)
 *JR北鎌倉駅については同時期に鎌倉行ホームはスロープ、駅構     構 内に多目的トイレも設置される。

湘南モノレール富士見町駅
(上り2017年 下り2019年)

大船駅西口バス停への車椅子利用可能なブリッジ設置

道路整備
今小路道路完全舗装(2011年)
歩道拡張(由比ガ浜通りの御成通り寄り 2021年)
歩道段差切り下げ(今小路通り及び市役所通り 2021年)

御成小学校旧講堂、1936年建造の旧鎌倉図書館の存続決定
(2016年)

江ノ電腰越駅のリフト(2015年)七里ヶ浜駅(2016年)設置をもってすでにスロープ設置駅(由比ヶ浜駅・長谷駅・極楽寺駅等)に加え江ノ電全駅のバリアフリー化達成

銀座アスターの入っている江ノ電ビルの階段の中心をスロープ化
(2018年3月)

鎌倉駅西口から鎌倉市福祉センターまでの点字ブロック設置
(2019年2月さらに2021年御成小学校横の歩道から中央図書 館への道の部分で切れていたところを改良)

側溝の改善
鎌倉山荘前(2017年3月)
横須賀線ガード下(2018年2月)

重度訪問介護の議会議案提案者になり全会一致での採択
(2017年3月)

日常生活用具(例特殊寝台、T字状または棒状つえ、視覚障がい者用体温計など)の耐用年数前であっても給付、取り替え可能になる
  (2021年4月より)

本庁舎整備に関する住民投票条例、本会議での採決において賛成を表明  (2018年11月臨時会及び2020年12月定例会)

千一 政策・メッセージ

政策メッセージ

①ハンデを持った方の意見が反映される社会を作ります。

②どのような障がい、病気、けがの方でも選挙に立候補でき、または選挙の時投票ができるように努めま す。

③誰もが移動しやすい交通機関の実現たとえば
電車・バス・タクシーなど公共機関を誰でも利用し やすいように、また/危ない踏切の改善に努めます。

④高齢の方も障がいのある方も住みよい地域社会にするため、段差・凸凹な歩道の解消、視覚障がいの方の外出の環境を整えるべく、点字ブロックの整備及び不完全な状態の点字ブロックの改善、災害時自力で危険を回避できない方の援護の確立、認知症やその加速の方が地域で安心して生活できるように努めます。

⓹介護を受ける方や介護をする方の条件が良くなるよ うに努めます。

⓺安全でのびのびと個性的な子どもを育てられる社会の確立こそ私たちの将来を作ります。

⑦通学路での児童の安全確保に努めます。

⑧障がいのある子の通学環境の整備、また、災害時には避難所となることから市内の小中学校のエレベー ター、多目的トイレなどバリアフリー化に努めま  す。

⑨よりよい社会を作るため、子どもの頃から外見・考え方の違いを認め合いいじめのない学校生活・社会生活、人が集まる場での手話通訳・車椅子や移動の困難な方へのサポートといった心のバリアフリーに努めます。

⑩犬や猫などの察処分をなくします。またおうちの ペットは家族同様かわいいものです。

そういう社会が誰もが住みやすい社会だと思います。

・・・・そして以上、↑にあげたことはSDGs(Sustaible Development Goals;持続可能な成長)の17の要素のうち、
①貧困をなくそう
②すべての人に健康と福祉を
④質の高い教育をみんなに
⓹ジェンダー平等を実現しよう
➉人や国の不平等をなくそう
⑪住み続けられるまちづくりを
⑯平和と公正をすべての人に

に、かなっていると思います。他にもまだあるかもしれません。

住民の皆様へのメッセージ

何でも相談してくだされればうれしいです。
住所・氏名・電話番号など連絡先を明記したうえでの
ご連絡をお待ちしております。

(私の連絡先)
〒248-0011鎌倉市扇ヶ谷4-27-7

☎(0467)61-2031

📠(0467)61-2032

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家千一 (センハジメ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube