選挙ドットコム

榊原 秀忠

サカキバラ ヒデタダ/67歳/男

榊原 秀忠

魅力あるまちづくりへ「情熱、まっすぐ!」

選挙 川口市議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 3,334 票
選挙区 川口市議会議員選挙
肩書・その他 川口市議会議員
党派 自由民主党
サイト

榊原秀忠 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

市政レポート2019年3月の最新号。年4回の定例会後毎回発行・配布しています。

市政レポート2019年3月の最新号。年4回の定例会後毎回発行・配布しています。

SNS情報

榊原秀忠 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1952年11月07日
年齢 67歳
星座 さそり座
出身地 埼玉県川口市

略歴

  • 川口市立戸塚小学校、北中学校、川口市立川口高等学校卒業。造園会社経営の後、2011年4月の川口市議会議員選挙で初当選。現在2期目。

    【経歴】
    ● 戸塚地区連合町会顧問
    ● 戸塚地区ソフトボール同好会会長
    ● 戸塚地区小中学校顧問
    ● 戸塚地区レクリエーション協会顧問
    ● 戸塚地区OB ソフトボール協会会長
    ● 第六代川口市立戸塚中学校PTA会長
    ● 川口市造園業協会顧問
    ● 川口地区木材商組合顧問
    ● 戸塚地区早朝ソフトボール顧問
    ● 戸塚地区社会福祉協議会顧問

榊原秀忠 活動実績

<常任委員会等>
・建設消防常任委員会 委員長(2015年5月~2017年3月)
・福祉保健常任委員会 副委員長(2017年4月~)

<政策提言、一般質問など>
01 地域問題 ~快適、便利な住みよい街づくり~
〇区画整理事業推進への取り組み
①戸塚東部特定土地区画整理事業(進捗率80.4%)
②石神西立野特定土地区画整理事業(進捗率51.5%)
 両事業につき、初当選以降2期合計で一般質問を9回実施。

〇共用施設、設備、道路整備等の取り組み
市民の共有財産である施設、設備の維持・整備へ取り組み
・戸塚榎戸公園グラウンドの整備
 フェンスの修復・整備、砂じん対策として散水栓設置など。
・その他戸塚地区内の公園・施設整備、緑化等の推進

02 防災・防犯  ~安心、安全の街づくり~
〇「川口市防災ハンドブック」実現に向けて提言
・東日本大震災の発生を受け、市民の防災への備えの必要性を一般質問で3度にわたり提言。
 ⇒平成29年に「防災本~川口市防災ハンドブック」発行、市役所、公民館、消防局で配布中

〇東川口駅周辺の浸水対策の事業化の推進
「東川口」駅周辺、武蔵野線高架下での豪雨による浸水被害への地元からの懸念を受け、
排水、貯留設備の事業化を一般質問で提言。
 ⇒平成29年度に事業化が決定。平成31年度より雨水の貯留施設の建設工事を着工。
 (34年度完了予定)

〇地域防災ネットワークの構築
戸塚地区13町会(自治会)の防災部によるネットワーク化のため、
各町会の防災部長をはじめとする連携を促し、地域防災力向上に取り組む。

〇地域の防犯対策の推進 ~女性・子どもに安心の街づくり~
市内の治安悪化に備えて、地域の防犯対策を強化。
①東川口駅周辺での防犯カメラの増設
②戸塚地区の各町会で防犯灯の設置を推進

03 地域福祉 ~人にやさしい街づくり~

〇待機児童問題への取り組み ~子育てしやすい街づくり~
川口市全域、戸塚地区での保育所・保育施設設置を提言。
 ⇒ 戸塚地区での新規保育施設の開所、乳児の見守り装置等の設置促進など

榊原秀忠 政策・メッセージ

政策メッセージ

【政策提言の基本方針】

「魅力ある街づくり」

皆さまが暮らす街が、元気で活力あふれる街であるためには、街自体に人びとを引きつける魅力が必要であると私は考えます。

皆さまにとって「街の魅力」とは何でしょうか?

便利なショッピング施設や観光施設がある、交通アクセスが良い、といったことも確かに街の魅力の一つです。

ですが、私は「安心して住めること」「目に見えない便利さも備えていること」も街の魅力につながると考えます。

きれいに整備された街並みや道路、
子育てや高齢者ケアなどの福祉機能の充実、
災害にも強い、地域防災の充実

これらも街に暮らす人びとにとって、大きな魅力となるものでは
ないでしょうか。

私は地域を代表する政治家として、街の魅力づくりが進むよう、しっかり着実に、情熱を持って全力で取り組んで参ります。

【魅力ある街づくりの政策】

■安心・安全なまちづくり「防災・減災への取り組み」

・「災害時に本当に役立つ」備えや防災訓練の実施
・地域の防災力向上、防災ネットワークの強化

増え続ける災害に対し、避難所の整備、浸水対策工事などのハード対策に加え、市民一人ひとりが災害に備える「自助」の取り組みを強く進めていきます。


■未来に向けたまちづくり「戸塚3大プロジェクトの実現!」

・戸塚行政センター(仮称・東川口駅前行政センター)の設置
・川口北警察署の誘致推進
・東川口駅周辺の電柱地中化

地元である川口市戸塚地区の利便性と安全を高める施策を進めます。特に戸塚行政センターは、戸塚だけでなく、隣りの神根・安行地区の皆様にも利用しやすい、新しい支所機能を備えた行政センターを要望していきます。

■快適・便利なまちづくり「地域問題への取り組み」

・都市計画道路「戸塚差間線」の早期実現
・区画整理事業の迅速化
・東川口駅前の利便性向上

東川口駅周辺の道路や市街地の整備を進め、入り組んだ戸塚の街を、移動・交通に便利な街へと変えていく取り組みにも力を入れます。

■人にやさしいまちづくり「地域福祉への取り組み」

・地域の高齢者ケアの充実
・三位一体の連携の促進と高齢者の見守り体制のさらなる強化

単身高齢者の方を始め、さまざまな状況にある高齢者の皆さまが福祉サービスが受けられるよう、市・地域包括福祉センター・民生委員の三位一体の連携を強化し、高齢者ケアを充実させます。

また、戸塚の各地区において、民生委員などの見守り体制がすみずみまで行き届くよう、さらなる充実化を図ります。

住民の皆様へのメッセージ

「川口市60 万人、戸塚地区7 万人。
どんな方にも魅力ある街づくりを実行します!」

2018年、川口市は人口60 万人を突破し、中核市として独自の行政機能とを備えた都市へと生まれ変わりました。また、地元・戸塚地区の人口は、10 年前に比べ1 万人も増え約7 万人となりました。多くの方がこの戸塚地区に移住し続け、さまざまな立場の方、多様な方々が暮らす街へ変わってきています。

愛着ある川口そして戸塚のために、
誰もが安心して暮らすことができ、どんな方にも魅力を感じていただける街をつくり、未来につなげること。
これが政治家である私の使命です。
川口と戸塚の街の魅力づくりに向かって、全力で取り組んでまいります。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家榊原秀忠 (サカキバラヒデタダ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube