選挙ドットコム

きとう直樹 メッセージ

北区の都議会議員補欠選挙に立候補しました、日本維新の会公認の
 きとう直樹 です。
私は早稲田大学政治経済学部を卒業後、住友不動産や投資会社で経験を積んだ都市開発と中小企業支援の専門家であり、そして家庭では3児の子を持つ40歳、子育て世代ど真ん中です。

わが国が必要とする抜本的な改革から目を背け、裏金にまみれた古い政治を変えられない自民党政権。このままでは日本の未来は危うく、子供たちの世代に責任持ってバトンを渡すことは出来ません。
そんな日本、そして東京を改革するために、私は民間から政治の世界に飛び込む決意をしました。
ブラックボックス・不祥事だらけの政治を、オープンでクリーンに。
今回ばかりは、裏金まみれの自民党を勝たせるわけにはいきません。
政治を変える。未来を守る。
きとう直樹に、皆様の大切な一票を託して頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

きとう 直樹

キトウ ナオキ/40歳/男

きとう 直樹

政治を変える、未来を守る

選挙 東京都議会議員補欠選挙 (2024/07/07) 26,686 票
選挙区 北区選挙区
肩書 日本維新の会公認 都議会議員候補
党派 日本維新の会
その他
サイト

きとう直樹 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

音喜多駿参議院議員、阿部司衆議院議員との強力タッグ!

音喜多駿参議院議員、阿部司衆議院議員との強力タッグ!

ボランティアの皆さんにも多数駆けつけて頂いております!

ボランティアの皆さんにも多数駆けつけて頂いております!

北区から、都政に新風を巻き起こす。

北区から、都政に新風を巻き起こす。

SNS情報

きとう直樹 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1983年10月02日
年齢 40歳
星座 てんびん座
出身地 横浜(父は赤羽出身)

略歴

  • 1.早稲田大学政治経済学部を卒業後、住友不動産や投資会社で経験を積んだ「都市開発と中小企業支援・事業承継の専門家」
    2.日本維新の会の国会職員として活躍した「改革の政策立案専門家」
    3.早稲田大学在学時、男子チアリーディングチームを創設し、全米大会入賞に導いたリーダーシップ
    4.3人の子どもの父、かつ要支援の母を介護する家族思いの一面も。

政治家を志したきっかけ

きっかけは中学生時代に遡ります。

私の通っていた学校にはこんな校則がありました。
「セーターの色は黒か紺に限る。」
その時白いセーターが流行っていて、みんな学校でも着たがっていました。そこで、生徒たちの声を私が結集して生徒集会を開き、先生たちに交渉した結果、校則が変わり白いセーターも着られるようになりました。

この経験が、「おかしいルールはおかしい」と声を上げてよいこと、そしてルールを変えるためには皆を束ね、行動に移せるリーダーシップが重要なことを実体験から学ぶ貴重な機会となりました。

その後大学生のときには、得意だった器械体操からヒントを得て、男性だけのチアリーディングチームを創ることにしました。

何か目新しいことをやりたい。女だけじゃなくて、男がチアをやったっていいじゃないか。
そう思ってたった7人で立ち上げたこのチームは、早大の学園祭でも大きな注目を集め、その後メンバーも増え全米の大会で入賞するなどの成果を上げることができました。

常識に流されない。常識にチャレンジする。常識は変えられる。

この成功体験が、今振り返れば政治を志すようになったきっかけです。

社会人になり、結婚して3人の子供にも恵まれました。政治への興味は続いていましたが、仕事に忙殺されてふと気が付けばまもなく40歳。
政治の世界に目を向けると、自民党の岸田総理は「検討使」などと揶揄され、この国が必要としている抜本的改革からひたすら逃げ続けています。

このままでは日本の未来は危うい。子供たちの世代に責任もってバトンを渡すことは出来ない。そんな強い危機感を感じていたとき、偶然久しぶりに再会したのが、早稲田大学時代に学園祭で知り合った音喜多駿さんと阿部司さんでした。

彼等はいま、日本維新の会の国会議員となってこの国の未来のために立派に仕事をしている。自分もこの世界に飛び込んで勉強してみよう。そう考えて昨年春に日本維新の会の門を叩き、国会の政務調査会で政策立案の仕事をしてきました。

そしてこの度チャンスをいただき、父と叔父が生まれ育ったこの北区の地から、都議会議員選挙への立候補を決意しました。

政治を変える。未来を守る。

きとう直樹に、皆様の未来を託して頂きたい。どうぞよろしくお願いいたします。

きとう直樹 政策・メッセージ

政策メッセージ

〇 木藤直樹が取り組む 新しい東京に向けた5大政策

1 徹底した行財政改革の断行と政治への信頼回復実現
☆ 徹底した都議会改革と政治への信頼回復
  ・国に先んじた都議会パーティ自粛と企業団体による購入禁止規制
  ・身を切る改革(都議報酬2割カット)の継続
  ・都議会のDX推進と情報公開徹底
☆ 行財政改革の断行と行政のスリム化  
  ・都政DX推進と情報公開基準見直しによる情報開示の推進
  ・都庁組織の簡素化と出先機関・外郭団体改革
  ・民間・NPOとの協働による政策展開の推進
  ・区市町村への事務権限移譲促進と広域自治体としての都の役割明確化

2 経済復活に向けた新たな東京成長戦略の推進
  ・特区制度を活用した規制緩和による成長産業の育成
  ・多面的なスタートアップ支援による東京発ユニコーンの育成
  ・新たなビジネスチャンスを生み出す調査研究の強化と都市間協力の制度づくり
  ・M&A支援も含めた中小零細企業の事業承継支援
  ・世界の金融のハブとしての国際金融都市東京の地位向上
  ・世界都市東京としてインバウンド効果を享受できる環境整備

3 若者・子育て・現役世代が輝けるまち東京の実現
  ・出会いから、結婚・出産、学びまで一貫した支援と負担軽減策の実施
  ・子育て世帯・現役世帯向け都民税減税の実施
  ・教育バウチャーによる若者・子育て世代支援
  ・都独自の給付型奨学金制度の大幅拡充
  ・都立大学以外への大学進学補助制度の創設
  ・児童虐待対策の強化

4 安全・安心世界一都市の実現
  ・首都直下地震や大規模風災害への対応強化
  ・一人暮らし高齢者等災害弱者の災害対応強化
  ・都市更新や無電柱化のスピードアップによる都市の防災力強化
  ・ビックデータ、DXを活用した災害対応と情報伝達体制の強化  
  ・感染症等、多様な危機に迅速に対応できる体制整備
  ・危機発生時の国・区市町村との連携の在り方の見直し

5 健康長寿都市東京の実現
  ・医療資源の見直しによる都内医療体制の再構築
  ・健康長寿実現に向けた健康づくりと検診の強化充実
  ・孤立・孤独対策の充実
  ・働く意欲のある高齢者に向けたシルバー人材市場の開拓とリスキリング
  ・区市町村との連携による高齢者の社会参加と居場所づくり

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家きとう直樹 (キトウナオキ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube