選挙ドットコム

土原翔吾 メッセージ

子育て世代が暮らしやすい町へ。 地産地消の給食無償化と企業誘致による年収&税収アップ。稲美町民が稲美町を誇れる稲美町に。

土原 翔吾

ツチハラ ショウゴ/31歳/男

土原 翔吾

子育て世代が暮らしやすい町へ。稲美町を守るために継承し革新する。

選挙 稲美町長選挙 (2022/05/15) 1,055 票
選挙区 稲美町
肩書 新人、2児の父、元教師、NPO法人事務局長、社団法人副理事長、商工会連合会ITアドバイザー
党派 無所属
その他
サイト

土原翔吾 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

障害や年齢の垣根を超えてアウトドアを楽しむ活動。中学社会公民の教科書にも掲載。

障害や年齢の垣根を超えてアウトドアを楽しむ活動。中学社会公民の教科書にも掲載。

女性の活躍を支援するチャリティー活動。神戸大学やJリーグチームでも授業・講演。

女性の活躍を支援するチャリティー活動。神戸大学やJリーグチームでも授業・講演。

デジタル化を推進するアドバイザー活動・講演。NHKなど複数メディアにも出演。

デジタル化を推進するアドバイザー活動・講演。NHKなど複数メディアにも出演。

Youtube

SNS情報

土原翔吾 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1991年04月20日
年齢 31歳
星座 おうし座
出身地 大阪府阪南市(妻の地元である稲美町に子育てのために移住)
好きな食べ物 カレー・シチュー
好きな本、漫画、雑誌 【好きな本の作者】伊坂幸太郎・有川浩・恩田陸・辻村深月 【好きな漫画】ハイキュー・ダイヤのエース・ワンピース・名探偵コナン

略歴

  • 1991年4月
    大阪府阪南市にて誕生
    2004年3月
    阪南市立舞小学校卒業
    2007年3月
    阪南市立貝掛中学校卒業
    中学2年生時、ソフトテニス部にて全国大会出場
    2010年3月
    私立近畿大学附属和歌山高等学校卒業
    高校2年生時、ソフトテニス部にて全国大会出場
    2014年3月
    神戸大学発達科学部(旧:教育学部、現:国際人間科学部)卒業
    2016年3月
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科修了
    日本学生支援機構奨学金、優れた業績による奨学金返還免除
    2016年4月
    私立三田学園にて理科教師として勤務
    2016年10月
    稲美町生まれ(加古小学校卒業、稲美北中学校卒業、加古川東高等学校卒業)の女性と結婚
    2017年11月
    障害のある方とそのご家族も一緒にアウトドアを楽しむNPO法人の設立に携わる
    2018年4月
    幼児教育・初等教育・親子教育をおこなう一般社団法人にて勤務
    2019年12月
    子育てのために妻の地元の稲美町に移住(現在2児の子育て中)
    2020年1月
    広報・マーケティング・事業支援の分野で個人事業主として開業
    2020年1月
    稲美町を盛り上げる団体を設立
    2020年3月
    地方起業を応援する一般社団法人を設立
    2021年4月
    子ども支援団体に参画
    2021年5月
    女性の活躍を応援するチャリティー団体に参画
    2021年11月
    稲美町の子育て・地域盛り上げイベントを開催
    関係者含め約1000人の方がご来場

政治家を志したきっかけ

これまで障害のある方とそのご家族と一緒にアウトドアを楽しむNPO、女性活躍を応援するチャリティー団体、子ども支援団体等、様々な地域活動・社会貢献活動をおこなってきました。

そこで行政とうまく連携・協力し、地域の方々のために幅広いサービスを行き届かせるかどうかで大きな壁となったのが行政・政治の壁でした。

稲美町はその壁が分厚く古い体制から変わろうとしませんでした。

そのため、土原が声をあげようと思いました。

ご意見をお聞かせください

ご意見お問い合わせは公式サイトよりご連絡をお願い致します。

土原翔吾 活動実績

所属
NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト事務局長
一般社団法人localinnoventures副理事長
REDBOXJAPANダイバーシティマネージャー
稲美町商工会青年部
兵庫県商工会連合会ITアドバイザー
中小企業119専門家(旧:ミラサポ)

受賞
個人:大阪JC主催SDGsコンテスト最優秀賞
   NHKをはじめ複数メディアに出演
法人:IAUD国際ユニバーサルデザイン賞金賞
   兵庫ユニバーサル社会づくり賞
   中学社会公民の教科書に掲載

土原翔吾 政策・メッセージ

政策メッセージ

土原の実現したいこと1
子育て世代が暮らしやすい稲美町
・子育て支援:一時預かりや病児保育の拡充、給食無償化
・子育て補助:給付型の奨学金の拡充、おむつの支給、自治会の見直し
・移動支援:デマンドタクシーのスマート化、近隣地域との移動手段連携
・妊娠出産支援:出産一時金・不妊治療への上乗せ補助
・新設課:役場の各部署を横につなぎ、課題解決を促進する新しい課の設立

土原の実現したいこと2
教育も福祉も安心できる稲美町
・教育の質向上:海外とも交流でき、コロナ禍でも止まらない授業
・障害者支援:バリアフリートイレの補填、ガイドヘルプの導入
・学びの確保:フリースクール等連携、無料塾・子ども食堂の支援
・多様性:同性パートナーシップの導入、学校・公共施設での生理用品支給
・災害防犯対応:見守りカメラの拡充、スムーズな情報共有による減災

土原の実現したいこと3
地域活用、活性化を応援する稲美町
・デジタル化:町内のwifi環境の整備、申請等の簡略化、役場事業の効率化
・民営化:企業誘致、企業や民間団体との協力
・起業支援:コワーキング等ビジネス環境の構築、空き家のシェアハウス活用
・農業支援:販売力・ブランド力強化、スマート農業への補助
・関係人口増加:戦略的な広報PR、調整区域・農振地域の再活用

住民の皆様へのメッセージ

私、土原翔吾は、妻が稲美町出身で
子育てのために稲美町に移住してきました。

温かく迎え入れてくださった稲美町の方々、
住みやすく空気の美味しい稲美町が大好きです。

稲美町で何かしたい、盛り上げたいと
地域活動に顔を出していくと、
子育て世代や地域のご高齢の方々から
たくさんの課題を聞くようになりました。

私は暮らしやすいと思っているのに、
課題を抱えている方々がたくさんいました。

見てみぬふりはできないと声を上げました。

まだまだ早いんじゃないかと言われますが、
動く心を抑えることができませんでした。
  
私は、元々教師をしておりました。

不登校生徒との出会いや地域活動での
魅力的な障害者との出会いで教師を辞めました。

障害者とそのご家族の支援、
貧困家庭の子ども支援、女性活躍支援等の
地域活動・社会貢献活動をして参りました。

正直、はじめは失敗ばっかりでしたが、
支えてくださった方々のおかげで
今の私と妻と二人の子どもがいます。

活動は今では有難いことに行政、上場企業様と
お付き合いさせていただくまでになりました。

次は私が困っている方々の力になりたい。
大好きになった稲美町のためなら、尚更したい。

想いを持ってブレずに行動し続けることで、
自ずと結果が付いてくると
本気で信じられるようになりました。
 
私、土原翔吾は、行動力と熱い想いだけは
誰にも負けない自信があります。

子育て世代、現役世代が働きやすい、
ご高齢の方と子どもが一緒に笑顔になれる、
そんな稲美町を実現していきませんか?
一緒に想いを形にしていきましょう。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家土原翔吾 (ツチハラショウゴ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube