選挙ドットコム

中根 じゅん

ナカネ ジュン/50歳/男

中根 じゅん

健康と安全を見つめてきたシェフの立場だからこそ言える事がある! 食が医療利権となる前に!! ・感染症対策反対! ・ワクチンパスポート反対! ・立石再開発反対!感染症対策は街を貧困させ更なる悪循環に繋がります。 ・飲食、飲酒の文化を守る。お祭り文化を守る! ・遺伝子組み換え、農薬、添加物の無い葛飾へ! ・生きがい、やりがいが達成できる社会へ! ・葛飾区から始めよう医療利権社会から脱却!! を訴えていきます。

選挙 葛飾区議会議員選挙 (2021/11/07) 789 票
選挙区 葛飾区議会議員選挙
肩書 元 グルトン シェフ・全国感染症対策反対飲食店組合・全国コロナワクチン被害者の会・東京都議会選挙立候補
党派 国民主権党
その他
サイト

中根じゅん 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

SNS情報

中根じゅん プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1972年11月14日
年齢 50歳
星座 さそり座
出身地 東京都杉並区
好きな食べ物 私達の身体は私達の食べたもので出来ています。飲食は全ての源です。今、スーパーに売っている食品の多くに農薬、添加物が含まれ、遺伝子組み換え食品や人工甘味料なしに食事を摂る事が難しくなってきています。本当は必要のない身体に有害なものを、知らず知らずのうちに口にしてしまっています。日本のお菓子は、海外では発がん性物質が含まれていると表示されている事をご存知でしょうか?日本の食品添加物の認可数は諸外国と比べて圧倒的に多いのです。食品表示基準の改正を行い選択の自由を守り、私達が健康的に暮らせる社会を目指します。
好きな本、漫画、雑誌 コリンコバヤシ著「ゲランドの塩物語」 船瀬俊介著「コロナとワクチン」「ワクチンの罠」 大橋 眞「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」 貝原 益軒「養生訓」 カダフィー大佐「緑の書」

略歴

  • 1972年 杉並産まれ、杉並育ちの48歳、一児の父。学生時代小中高時代をサッカー部に所属。O型、シェフ。
    19歳から飲食の道へ、三重県島観光ホテルから始まり、
    荻窪フレンチ店にて約10年近く修行した後、家業の阿佐ヶ谷グルトンを引き継ぎ10年。
    37年間続いてきた「欧風食堂グルトン」を第一回目の緊急事態宣言時に閉店し、感染症対策反対活動に専念。
    「全国感染症対策反対飲食店組合」 
    「全国コロナワクチン被害者の会」
    設立。

政治家を志したきっかけ

政府とメディアが進める過度な感染症対策にいち早く疑問を持ち、2020年5月4日より、渋谷のスクランブル交差点で「緊急事態宣言解除せよ」の立て札を持ち社会にアピールを始める。
”新生活様式”という新しい常識が作られ、オンライン化が進められていく現状に歯止めをかけるべく日本各地で街宣活動中。

ご意見をお聞かせください

感染症対策に疑問をお持ちの方が沢山います。
「しょうがない」
「今こんな時代なんだから」
と諦める事が正しさとされる世の中では、
私たちは幸せにはなれません。
「生きがい」
「やりがい」
それらを諦めず、達成できる世の中こそ差別を生まない社会になり、
自分自身の人生を謳歌することができるのです。
お金は大事。でも全てではありません。豊かな人生を最後まで楽しむ事ができる社会は自分が人に与えてあげたいという奉仕の心が仕事などを通すことで叶えられることです。全てがオンラインの生活は、与えてあげたいという思いよりも、欲求を満たそうとする思いの方が強い依存する社会です。新生活様式では人間は幸せにはなれません。

ご意見等ございましたら、メッセージをお願い致します。
ツイッターのDMまたは
09069429258の中根じゅんのホットラインまでお寄せください!!


中根じゅん 活動実績

約10年前から平塚正幸(国民主権党党首)と共に社会活動を始める。
知らない人も知っている人も危険だと小学校の授業で教え始めたことに
反対し、学校やお店の周りから挨拶運動を始める。真の防犯教育とは自分の顔を覚えてもらい社会の一員となる事を教え、笑顔と挨拶の大事さを伝える事です。平塚正幸(さゆふらっとまうんど) sayuflatmound.com

2020年5月よりグルトンを閉め感染症対策反対運動をはじめる
5月 渋谷スクランブル交差点で「緊急自体宣言解除せよ」の立て札を持ち社会にアピールを始める。歌舞伎町でクラスターが起きていると報道される中、一人反対運動を行なっていた様子がNHK [ストーリーズ] ドキュメント番組にて放送される

6月 コロナはただの風邪 平塚正幸 東京都知事選 応援
毎週渋谷土曜日をクラスターデモと称し感染症反対デモを行う

渋谷クラスターデモ
首相官邸前デモ
内閣府前デモ
自民党本部前デモ
厚生労働省前デモ
日本医師会前デモ

2021年
3月 千葉県知事選挙 平塚正幸 応援

5月 高槻市ランニングマスクで亡くなった小学生ニュースを受け、
   高槻市役所、高槻市小学校へ抗議デモ

7月 東京都議会選挙杉並区より出馬

8月 お祭りを地方へ届けるサマーツア西日本(静岡〜鹿児島)

9月 お祭りを地方へ届けるオータムツアー東北(岩手〜青森〜新潟)

10月 葛飾区の飲食店、商店街、街全体の文化を守るべく、感染症対策反対活動を続ける
『飲食文化を守ろう!』
『自粛に反対!』
『時短営業反対!』
を掲げて東京と千葉を中心に日本各地で街宣を行う。

国民主権党党員。

「全国感染症対策反対飲食店組合」 「全国コロナワクチン被害者の会」
設立。

2021年東京都議会議員選挙(杉並区)に立候補。

中根じゅん 政策・メッセージ

政策メッセージ

◯感染症対策に反対!
◯新生活様式に反対!
◯ワクチンパスポート反対!
◯免疫力を高める暮らしへ
 遺伝子組み換え、農薬、添加物の無い葛飾へ
◯疾患利益から健康利益!!
 医療利権社会の現代を葛飾から変えましょう!
◯成年後見人制度から葛飾区民を守る
◯立石再開発反対。"立石のんべえ横丁"は下町の大切な文化です。全てを画一化する再開発は文化破壊です。利権だらけの再開発で区民は幸せになれません!
◯災害に強い街づくり
宅地から農地へ。葛飾区が水害危険地域の土地を買い取り、そこで地産地消に繋がる農地化を進め、災害時の被害を極力少なくしていきます。

住民の皆様へのメッセージ

本当の健康とは?本当の幸せとは?

初めまして。中根じゅんと申します。料理人として、311以降、食の安全について考えてきました。日本は諸外国に比べて、農薬や食品添加物の基準値がかなり緩く、海外で発癌性が認められている添加物が今でも普通に使われています。食品添加物の認可数、遺伝子組み換え作物の承認件数は世界一です。
はたしてこの日本は免疫力が高くなるような社会環境でしょうか?2人に1人が癌になる社会環境こそ変えなければいけません。スーパーで販売されているものを普通に買って食べると健康に悪いなんておかしな社会だとは思いませんか?安全な食材しか流通していなければ、基礎疾患がない人が増え皆様の身体も正常に機能し、ただの風邪で亡くなる人も少なくなります。

なぜ、コロナで死ぬ人より癌で死ぬ人の方が圧倒的に多いのにコロナ対策ばかり進めるのか、死なない病気のワクチンを打つ事より癌の原因である添加物や農薬を減らした方が死者が減り社会のためになるとは思いませんか?

このような社会の裏には巨大な”医療利権”が存在します。医療利権側から支援を受けている議員ばかりだから、何も変わらないのです。私達、市民が反対の声を上げなければいつまでたっても社会は悪くなる一方です。与野党グルの政治家まかせではいけないと気づいて立ち上がりましょう!未来の子供達に良い社会を残す事は私達大人の責任です。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家中根じゅん (ナカネジュン )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube