選挙ドットコム

松丸きょう子 メッセージ

やっちゃえオッサン!開運TVパーソナリティー、足立区医師会PCRセンター登録、呼吸器科看護師 松丸きょう子の足立区新型コロナ緊急提言(松丸きょうこちゃんねる)東京都議会議員選挙候補予定者(選挙区 足立区)

松丸 きょう子

マツマル キョウコ/49歳/女

松丸 きょう子

足立区医師会PCRセンター登録呼吸器科看護師 松丸きょう子です。 医療の現場から都民の命を守ります。 新型コロナウイルス撲滅実行委員会を主宰しています。 マスクのいらない、みんなで騒げる毎日を取り戻そう! 都議会議員選挙2021足立区選挙区候補予定者

選挙 東京都議会議員選挙 (2021/06/25) 3,924 票
選挙区 足立区選挙区
肩書 足立区医師会PCRセンター登録呼吸器科看護師(NPOコロナ撲滅運動実行委員長)
党派 みんなの党
その他
サイト

松丸きょう子 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

松丸きょう子は防護服着用で新型コロナウイルスと闘っています。

松丸きょう子は防護服着用で新型コロナウイルスと闘っています。

患者の皆さんからは「髪の毛の長い看護婦さん」と呼ばれています。

患者の皆さんからは「髪の毛の長い看護婦さん」と呼ばれています。

みんなのアイディアで新型コロナを撲滅しよう!

みんなのアイディアで新型コロナを撲滅しよう!

Youtube

SNS情報

松丸きょう子 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1971年10月13日
年齢 49歳
星座 てんびん座
出身地 日本眼科医会副会長 佐野充眼科医師(サノ眼科医院長)の三女として、東京都足立区梅島一丁目で誕生しました。
好きな食べ物 もつ鍋・豆腐・お寿司・サラダ・焼き鳥・お酒のおつまみ・ビール・赤ワイン
好きな本、漫画、雑誌 死体は語る・あたしンち・マリンダイビング

略歴

  • 父 眼科医師 佐野充 と 母 貞の娘として生まれました。
    私立城北幼稚園、足立区立弥生小学校、上野学園中学高等学校を卒業後、足立区医師会看護高等専修学校で准看護師資格を取得してから、父のサノ眼科で眼科看護師として長年従事、父が他界後、みさと健和病院と西新井病院で内科と眼科での経験を積ませて頂き、現在は呼吸器科看護師としてコロナ感染患者さんと共にコロナウイルスと闘っております。

政治家を志したきっかけ

私、松丸きょう子は足立区医師会PCRセンター登録呼吸器科看護師として「新型コロナ撲滅運動」を友人の看護師達と一緒に活動を始めました。

「無料のPCR検査の拡充」「無料の陰性証明書の発行」、「コロナ仮設病院・仮設療養所の設置」「看護助手の増員」「Go To キャンペーンの反対」「東京オリンピックの延期または中止」「東京都の正確な情報発信」「鶏卵法による国内コロナワクチンの早期製造」「mRNA(遺伝子ワクチン)の正確な情報発信」「コロナ感染者の精神的ダメージケア」「国民の生活保障」などなどを求めてきました。

コロナ関連以外でも元日本眼科医会副会長の娘として失明予防の活動もいたしております。

「白内障眼内レンズ挿入施術の実費助成」「緑内障の予防」「黄斑変性の予防」「網膜症の予防」「眼底出血の予防」失明の原因となる「糖尿病の予防」「高血圧の予防」など、皆さんが失明をせず、生涯、明るい光を見続けられるように眼科治療の向上と皆さんの自己負担の軽減を目指しています。

私、松丸きょう子は、医療の現場から皆さんの命を守ります。

ご意見をお聞かせください

選挙を経験したいとお考えの皆さんを募集いたしております。
ぜひ新型コロナ撲滅運動にご協力ください。
お問合せ電話番号 03-5888-5521
またはリンクからお問合せフォームをご利用ください。

みんなの党足立支部 松丸事務所
東京都足立区弘道2-12-28 マハロ道場内

松丸きょう子 活動実績

昨年の2020年から始まったコロナ災害、私、松丸きょう子は呼吸器科看護師として「新型コロナ撲滅運動」を友人の看護師達と一緒に5月から活動を始めました。

足立区内に一人もコロナ感染者がいなかった昨年の初頭、私はコロナ疑いの患者さんと出会いました。

足立区保健所に通報しても、足立区保健所は相手にしてくれませんでした。

その患者さん(高齢男性一人暮らし)は、高熱が一週間以上も続いており、レントゲンでは両肺も真っ白であり原因不明で危険な状態でした。

昨年の初頭は、入院処置ができる病院もコロナ疑いの患者は受け入れてもらえず、私は、医院長と共に頭を抱えてしました。

そのときに助けてくれたのが前足立区議会議員の私の夫でした。

足立区の感染病対策課長に通報してくれて、課長より直接に医院長に電話が入り、その後、足立区保健所から「PCR検査キット・防護服一式」の緊急配送がありました。

検査結果は時間が経過していたため陰性判定でした。

やっと入院しての治療が始まり一命を取り留めることができました。

コロナ禍において人命の危機に直面したことから、新型コロナ撲滅運動を始めたのです。



政治活動は、過去4回、主人松丸まことの足立区議会議員選挙を事務局として支えてきました。

その他にも、都議選や国政選挙でチラシポスティングや街宣活動などのお手伝いをして参りました。
選挙期間中ではウグイス嬢なども勤めさせて頂きました。

みんなの党 渡辺よしみ代表のご指導も頂き、現在では、みんなの党新型コロナ対策委員長を拝命し、国民の生命を守るために、新型コロナ撲滅運動を通して、日々、活動を続けています。

私、松丸きょう子は、医療の現場から皆さんの命を守ります。

松丸きょう子 政策・メッセージ

政策メッセージ

コロナ問題
・公費負担 PCR検査の導入(皆さんの実費無料)
・公費負担 陰性証明書の発行(皆さんの実費無料)
・ワクチン接種のスピード化
・コロナ仮設病院の設置
・コロナ仮設療養所の設置
・お願いと保障はセット
・コロナ禍において、電気水道ガス料金の減免または免除
・ブラックボックスと化した東京都の正確な情報公開
・緊急事態宣言下での一律10万円給付金の再給付
・外国人の訪日にて徹底した水際対策(コロナ変異株乳入野阻止)


医療問題
・白内障眼内レンズ手術の実費補助
・緑内障の予防システムの構築
・黄斑変性の予防システムの構築
・網膜症の予防システムの構築
・糖尿病予防と治療の徹底
・高血圧の予防と徹底
・偏頭痛の原因究明と治療法の推進
・群発頭痛の原因究明と治療法の推進
・群発頭痛の健康保険の適応と難病指定
・歯科インプラント施術の保険適応または助成


生活保障問題
・消費税5%減税への推進および活動強化
・貧困撲滅への推進および活動強化
・ベーシックインカム(最低所得保障)の推進および活動強化
・高齢者のエレベーターの無い都営住宅居住者ま住居移転
・生活保護家庭および低所得者家庭の子どもへの私立中学校学費補助
・私立大学医学部等の入学金等の返済救済付き奨学金制度の確立
・東京都立大学への医学部設置(一般家庭からでも医師を目指せる)

住民の皆様へのメッセージ

足立区の皆さん、足立区医師会PCRセンター登録看護師、現職の呼吸器科看護師の松丸きょう子です。

足立区梅島で生まれ、いままで足立区内で人生を歩んできた、純粋な足立区民です。

眼科医(梅島の元サノ眼科医院)の娘に産まれてから今日まで、医療の世界で生活しています。

父は義眼を世界で始めて両眼が連動して動かすことに成功した眼科医だと聞いております。
その父の願いは「失明予防」でした。

私は医師にはなりませんでした(なれなかった)が、父の意志を継いで失明予防のために眼科医に協力しております。

そのような中、コロナ禍が蔓延し繊維の災害となってしまいました。
いまは人命を救うことが看護師の使命だと強く思い、新型コロナ撲滅運動を足立区で始めました。

その活動が、みんなの党渡辺よしみ代表の目にとまり、代表より「コロナ撲滅運動を都議会で行い、都民の生命を守ってはどうか」とお話しを頂きました。

一ヶ月以上、悩み続けましたが政府の行うGoToキャンベーンやあまりにも脆弱(ぜいじゃく)すぎる緊急事態宣言発出、されに伴い、皆さんの自由が束縛され、生活力が困窮し、子ども達の萎縮した姿に出会い、昨年の夏休みは家族での海水浴にも行けず、このままでは今年も海水浴どころか家族旅行もできなくなると思い、今年2021年の3月3日に都庁舎にて記者会見をしましたことから、今年7月4日に予定されている東京都議会議員選挙に出馬し、医療の現場から皆さんの生命を守るために都議会議員として活動する決意を固めました。

私、松丸きょう子は、医療の現場から皆さんの声を都議会へ そして都知事に直接に訴えます。

皆さんもお解りだと思いますが、この一年間のコロナ禍を振り返ってみると、現在の都議会は機能不全を起こしています。

足立区民の一人として、東京都民の一人として、思うことは、皆さんの生命と生活に真剣に取り組んでこなかった都議会議員は必要ありません。

私、松丸きょう子は「良いものは良い、ダメなものはダメだ」と、しっかりとした強い態度で、皆さんの生命と生活と自由を守るために、ハッキリと都知事と向き合い「皆さんの思いファースト」で都議会を改革して参ります。

私、松丸きょう子には、宗教団体の支援もありません、労働組合の支援もありません、協会など組織の支援もありません、つまり、しがらみがありません、有るのは皆さんの思いだけです。

皆さんの思いを達成することだけが、私のしがらみです。

皆さん、私と一緒に、このコロナ禍一年間を振り返り、なにも結果を出すことが無かった東京都議会に怒りましょう。私たちの自由を取り上げコロナの蔓延は都民の責任だと云わんばかりの小池都知事の危機管理方法に怒りましょう。

電気を消せば都民は出てこなくなると「灯火管制」に近いことを小池都知事はいたしました。私たちは虫じゃない!。

お願いばかりで電気水道ガス料金の減免や免除に助成などの生活保障もぜずに、私たちの自由を束縛する東京都政に怒りましょう。私たちは上野動物園の飼育動物じゃない!。

ぜひ、私、松丸きょう子を、皆さんの代表としてお認め頂けますように、そして都議会に押し上げ頂けますように、宜しくお願いいたします。

長文をお読み頂き、有り難うございました。

みんなの党  東京都議会議員候補予定者 松丸きょう子 より

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家松丸きょう子 (マツマルキョウコ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube