選挙ドットコム

はまもりかおり メッセージ

はまもりかおりの決意

はまもり かおり

ハマモリ カオリ/43歳/女

はまもり かおり

都政をくらしに引き寄せる!

選挙 東京都議会議員選挙 (2021/06/25) 4,278 票
選挙区 千代田区選挙区
肩書 株式会社NTTドコモ 人材開発部門担当課長
党派 無所属
その他
サイト

はまもりかおり 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

はまもり かおり 政策

はまもり かおり 政策

はまもり かおり 決意

はまもり かおり 決意

SNS情報

はまもりかおり プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1978年08月23日
年齢 43歳
星座 おとめ座
出身地 中野区出身
好きな食べ物 スイカ、なし、アスパラ、ロールキャベツ、餃子
好きな本、漫画、雑誌 山口周『ニュータイプの時代』『武器になる哲学』 藤井英二郎『街路樹が都市をつくる』 見田宗介『現代社会はどこに向かうかー高原の見晴らしを切り開くこと』 マンガ『キングダム』『3月のライオン』『ハイキュー』

略歴

  • 1978年 中野区生まれ。千代田区在住2児の母。    
        祖父の浜森辰雄は元稚内市長(8期32年)
    2002年 上智大学法学部国際関係法学科卒業
         卒論のテーマは「多様性のある社会は豊かになる」
    2002年 株式会社NTTドコモ入社
    2011年 働きながらMBA取得
      (早稲田大学大学院商学研究科修士)
    2014年 農業ICTを推進する「アグリガール」の立ち上げ
         各地で自治体との連携プロジェクトを展開。
    2017年 総務省「IoTデザインガール」の立ち上げ
    2019年 千代田区区議選に出馬するも次点で惜敗
    現在  地域の清掃活動やNPO等と連携した勉強会を開催
         株式会社NTTドコモ法人営業部・人材開発部門の管理職

政治家を志したきっかけ

●私にとって、政治は常に身近にありました。30年来市長をやっていた祖父からはいつも市政への熱い想いを聞いていました。大学時代は上智大学の猪口邦子ゼミで政治を学びました。卒論の「多様性のある社会が豊かになる」というテーマは今でも私の信条になっています。

●政治は身近にありましたが、政治家を志したのは、子供の不登校がきっかけです。学校や行政、教育委員会などと話しても、なかなか解決策が見えませんでした。誰に相談すればよいのか。また子供を家に一日中置いて会社へ行くことも精神的にとても負担でした。はじめは誰にも言えませんでしたが、周りに話してみると、実は子供の不登校で悩む人が多くいることに気付きました。
 目に見えないだけで問題はある。私の場合は子育ての問題でしたが、介護の問題など、急に立ち行かなくなってしまうことがある。
私たちの生活は常に綱渡りのような状態であり、セーフティネットが必要、政治が大事と考えるようになりました。

●今回都議会議員選挙に出た理由は、我慢だけを強いられて一番弱い人にしわ寄せがいく状況にだまっていられないと思ったからです。コロナ禍で女性や若年世代の自殺が急増しています。特にひとり親家庭の困窮は気になります。「子どもにご飯を食べさせたいので自分は我慢をしていたが、子どもがお母さんと一緒じゃないと食べないというので困っている」という話を聞いて、同じ子どもを持つ親として胸が痛く、同時に生活を立て直す支援の必要性、非正規の問題など解決すべきことがあると考えました。

●また昨今の千代田区における開発の在り方に疑問を持ったことも理由の一つです。千代田区は皇居や官庁がある一方で古くから住む住民の多い区でもありますが、日テレ通りや外神田1丁目なと“従来型の大規模再開発”が進められようとしています。そこには生活している私たちの住環境の問題が置き去りにされています。更に住環境の悪化を招く開発に都政から歯止めをかけたいと考えています。

政治が変わればくらしも変わるはずです。都政をもっと私たちのくらしに引き寄せたいです。

はまもりかおり 活動実績

<ビジネス>
・ICT地域活性化大賞2016優秀賞(新潟市とのプロジェクト)
・総務省「IoTデザインガール」立ち上げ

<地域活動>
・地域の毎月定例お掃除会への参加
・NPO等を講師とした勉強会の企画・開催

はまもりかおり 政策・メッセージ

政策メッセージ

~ウェルビーイング~

1.環境・多様性!~次世代へつなぐ!
●住環境の悪化を招く開発に都政から歯止め
 ・住民の合意なしに地区計画を変更させない
 ・リノベーション型まちづくり、耐震補強への助成強化、マンション建て替え支援
●街路樹や公園の緑の保全、屋上菜園・緑化による温暖化防止
●子どもたちが安心して遊べる場・多世代交流の場の充実
●高齢者のインターネット活用支援、活躍の場づくり
●同性パートナーシップ制度の実現、LGBTQ当事者の居場所づくり

2.子育て・介護~孤立させない、支えあう社会に!
●不登校児のフリースクール・里山留学など多様な支援
●学校給食の無償化や食材の有機米・有機野菜への移行を都から後押し
●発達障がい児の教育支援・親亡き後の地域における生活支援 
●認知症の予防・早期発見、地域支援の拡充
●ケアラー支援施策の拡充、介護離職の問題解消
●ITや企業(新聞社・スーパー等)と連携した見守り支援

3.オリンピックより、コロナ対策の徹底!
●ひとり親家庭・若年女性・非正規社員の生活支援の強化
 ・NPOと連携した支援体制の確保(24時間体制に)
●中小事業者の支援強化
 ・家賃補助、固定資産税の減免、業種転換サポートなど
●いのちを守るPCR検査の拡大、医療現場への支援徹底

住民の皆様へのメッセージ

ウェルビーイングとは、肉体的・精神的・社会的に良好な状態にあること。これからの東京にとって大切な概念だと考えています。
次世代が希望をもてるようなウェルビーイングな社会をつくりたいと考えています。


これまでの得票状況

ホーム政党・政治家はまもりかおり (ハマモリカオリ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube