選挙ドットコム

富永 喜代

トミナガ キヨ/52歳/女

富永 喜代

あなた とみなが 暮らす街 松山

選挙 第48回衆議院議員選挙 (2017/10/10)
選挙区

愛媛1区 42,600 票

比例 四国ブロック 希望の党

肩書・その他
党派 希望の党
サイト

富永喜代 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

第42回 松山市民大清掃に参加し、街の美化に貢献しました。

第42回 松山市民大清掃に参加し、街の美化に貢献しました。

街頭演説で政策を訴え続けます。

街頭演説で政策を訴え続けます。

松山市立味酒小学校5年生対象の薬物乱用防止教室で、児童、ご父兄、職員の皆様に講演しました。

松山市立味酒小学校5年生対象の薬物乱用防止教室で、児童、ご父兄、職員の皆様に講演しました。

Youtube

SNS情報

富永喜代 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1967年10月14日
年齢 52歳
星座 てんびん座
出身地 本籍地:愛媛県
好きな食べ物 カレーパン:衣がサクッと薄くて、肉が主張しすぎないタイプで辛口が好みです。
好きな本、漫画、雑誌 『台所のおと』 幸田文:料理人夫婦の人生や情愛の機微を、言葉ではなく音で感じ取るところが好きです。 ヒカルの碁:13巻から14巻がお気に入りです。趣味は囲碁で初段です。 進撃の巨人:”エレンの家が~”

略歴

  • 1967年10月14日生まれ。
    正岡子規さんと同じ誕生日です。正岡子規さんが生まれてちょうど100年後に生まれ、夏目漱石先生の『坊ちゃん』のばあやと同じ名前の”きよ”さんです。
    平成5年3月 徳島大学医学部医学科卒業
    平成 5年5月 徳島大学医学部附属病院医員(麻酔科学教室)採用
    平成 5年7月 高知市民病院医師(麻酔科)採用
    平成 7年7月 徳島県立中央病院医師(麻酔科)採用
    平成 8年7月 高松市民病院医師(麻酔科)採用
    平成10年7月 聖隷浜松病院医師(麻酔科)採用
    平成15年4月 徳島市民病院医師(麻酔科)採用
    平成20年6月 富永ペインクリニックを開業し、院長就任

政治家を志したきっかけ

経済産業省「平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業」を委託され、一人月額6096円の医療費適正化に成功したこと。健康寿命の延伸し、医療費の適正化ができれば、日本の社会保障制度に貢献できると考えました。

富永喜代 活動実績

透析認知症祖母の介護、父親の3回にわたる手術入院により、病人家族の苦しみを体験。12歳の頃、差別意識の強かった父に「医者になれなければ女中になれ」と言われたことをきっかけに医者を志し、聖隷浜松病院勤務時代には、456g のベビーから100歳以上の高齢者、一流プロスポーツ選手まで、1日平均 12人(通常2人)、2万人を超える臨床麻酔実績を持つ。人脈ゼロ・資金ゼロから開業3年で、年間15000人の肩こり頭痛に悩む人を診療。
確かな腕とユニークなキャラクターが人気を呼び、TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」、日テレ「メレンゲの気持ち」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」、など出演多数。産経新聞、毎日新聞、文藝春秋、婦人公論、an-anなどからも取材が殺到している。
肩こり改善メソッドの処女作「こりトレ」(文藝春秋)は10万部、「気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本」(アスコム)は3万部のベストセラーとなる。
「まつやま健康寿命延伸コンソーシアム」代表として、経済産業省「平成26年度健康寿命延伸産業創出推進事業」を委託され、一人月額6096円の医療費適正化に成功する。地方発信の健康寿命を延ばす新しい取り組みが評価され、痛み最新医療のリーダーとして注目されている。
医療現場力を活かした社会保障制度改革、実効性のある人口増加対策、多様性を認め合える社会の実現を訴え活動している。

富永喜代 政策・メッセージ

政策メッセージ

1.住み続けたい未来をつくる
・誰もが能力を発揮しやすく、仕事と家庭を両立できる社会をつくります。
・多様性を認め合える社会をつくります。女性、障がい者、性的マイノリティーの実質的な権利保障をします。
・それぞれの選択やライフスタイルに応じて生産性を向上し、経済を活性化します。過重労働を撲滅して、ワークライフバランスを確保します。非正規労働者の待遇を改善するため同一価値労働同一賃金の法律を作り、合法的理由のない待遇差別を禁止し、待遇の底上げをはかります。

2.子育てしやすい未来をつくる
・就学前教育の充実、質の向上と無償化。
・子ども医療の総合化と医療費の無料化を中学校までに拡充を進めます。
・もっと仕事をしたいという女性の意欲を阻害する税制(配偶者控除)を見直し、働き方に中立な税制を確立します。
・女性が一人でも堂々と子どもを産み育てることのできる環境づくりを推進します。
・松山市を『日本で一番子育てしやすい町』にしていきます。

3.安心して暮らせる未来をつくる
・万が一の災害時に、避難場所や食料の配布場所などをITを活用し、現状を伝えられる環境を整備することにより、防災、減災対策を拡充していきます。
・地域経済を支える商店街の活性化を図ります。
・道路等交通インフラを整備します。

住民の皆様へのメッセージ

多様性を認めあい、日本一子育てしやすい町 松山をつくります。


これまでの得票状況

ホーム政党・政治家富永喜代 (トミナガキヨ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube