あしたか清友 メッセージ

皆様はじめまして、あしたか清友(芦髙清友・芦高清友)です。

奈良県議会議員として、香芝市議会(2期)での経験を活かしさらなる挑戦をさせていただきます。ご指導ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願いします。

あしたか 清友

アシタカ キヨトモ/45歳/男

あしたか 清友

【誰がやっても同じではない】 3児の父親として、青年経済人として、福祉や教育、地域振興に対して今まで以上に当事者意識を持って、地域に密着した具体的な施策を提言してまいります。「誰がやっても同じではない」と言っていただけるように日々精進致します。

肩書 奈良県議会議員(現職)、関西広域連合議会議員(理事)、二上山・どんづる峯が舞台の映画「かぞくわり」食農アドバイザー、一般社団法人奈良県調理師連合会顧問、一般社団法人奈良のうまいもの会副会長、一般社団法人葛城青年会議所特別会員、株式会社大和情熱野菜取締役、元・香芝市議会議員(2期)
党派 自由民主党
サイト

あしたか清友 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

皆様の声を行政に「一般質問」「政策提言」

皆様の声を行政に「一般質問」「政策提言」

学生たちには「地元学ノススメ」

学生たちには「地元学ノススメ」

人と人、地域と地域、人と地域をつなぐ「地域活動」

人と人、地域と地域、人と地域をつなぐ「地域活動」

Youtube

SNS情報

あしたか清友 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1978年12月21日
年齢 45歳
星座 いて座
出身地 奈良県香芝市
好きな食べ物 奈良のお米が大好きです。特に、奈良県西部に連なる、二上山・葛城山・金剛山の山麓で作られるお米が格別に美味しいです。また、二上山・葛城山・金剛山の山麓には、有名な酒蔵が沢山あります。奈良の地酒が美味しいです。
好きな本、漫画、雑誌 【好きな本・漫画・雑誌】俺たちの藤井寺バファローズ 【免許・資格】高等学校教諭一種免許(公民)、調理師免許、野菜ソムリエ 【特技】中学では野球部キャプテンでした。今では、ソフトボールでエラーを連発しています。中学からバンド活動をしていました。20年以上も前ですが、月に1・2本のペースで大阪・奈良のライブハウスを回り、大阪城野外音楽堂での野音ライブに出演したのは少し自慢です。

略歴

  • ◆昭和53年(1978)12月21日生まれ。ハルナ保育園(関屋)、二上小学校、香芝西中学校、奈良県立橿原高等学校、四天王寺大学文学部社会学科、大阪市立大学大学院都市経営研究科都市経営専攻修了
    ◆平成19年(2007)奈良・橿原で飲食店経営(15年間で5人の独立開業者を輩出、~2022事業継承)
    ◆平成23年(2011)まほろば地域づくり塾(奈良県地域振興部)第1期生卒、奈良のうまいもの会設立に向けた推進母体に参画(~現在)
    ◆平成24年(2012)奈良県農業大学校シニアファーマー修了
    ◆平成26年(2014)映画「かぞくわり」製作に向けた推進母体に参画(~現在)
    ◆平成29年(2017)香芝市議会議員選挙、1208票、23人中14位当選(定数16)
    ◆平成30年(2018)一般社団法人葛城青年会議所(事務局長)卒業
    ◆令和3年(2021)香芝市議会議員選挙、1799票、19人中3位当選(定数16)
    ◆令和5年(2023)奈良県議会議員選挙、8223票、4人中2位当選(定数2)

議員を志したきっかけ

子ども達を育てるなら、生まれ育った香芝だと思いUターンしました。その当時、子ども達が保育所に入所出来ない状況に大変驚き、私の子どもの頃の香芝とは全く違う環境であることを思い知りました。同じ悩みを持つ同世代の親が沢山いることも知り、希望通りに保育所に預けられない状況を何とかしなければならないと考えました。

また、仕事の方では、飲食店の経営を通じて、地域生産・地域消費・地域交流を実践していました。食と農が地域の観光に繋がると考え、特に奈良県内の各種団体の事業と個人の事業を比較しながら、食を通じたまちづくりの研究をしていました。飲食店をしながら、まほろば地域づくり塾、奈良のうまいもの会、奈良県農業大学校、映画「かぞくわり」等まちづくりや地域振興に携わり、食農商工観の連携を実践で学びました。その経験を、食農商工観の連携がすすんでいない住宅都市の香芝市で、大いに活かせるのではないかと考えました。

この2点が、政治を志す大きなきっかけになりました。

ご意見をお聞かせください

ご意見お問い合わせはこちらよりお寄せください。

あしたか清友 活動実績

【主な現職】奈良県議会議員(1期目)、奈良県議会建設委員会(委員)、関西広域連合議会議員、一般社団法人奈良県調理師連合会(顧問)、一般社団法人奈良のうまいもの会(副会長)、香芝市商工会青年部(部員)、二上山・どんづる峯が舞台の映画「かぞくわり」食農アドバイザー、一般社団法人葛城青年会議所(特別会員)、株式会社大和情熱野菜(取締役)、関西若手議員の会(会員)、政治団体「山麓若人会」(共同代表)、自由民主党奈良県第二選挙区支部青年局(幹事)、自由民主党香芝市支部(青年局長)

【平成29年】香芝市議会議員選挙(初当選)、福祉教育委員会(副委員長)、決算特別委員会(副委員長)、予算特別委員会(副委員長)、香芝市社会福祉協議会(評議員)

【平成30年】福祉教育委員会(副委員長)、決算特別委員会、予算特別委員会(副委員長)、香芝市社会福祉協議会(評議員)

【平成31年・令和元年】建設水道委員会(委員長)、議会改革調査特別委員会、香芝・王寺環境施設組合議会議員、香芝市都市計画審議会、香芝市ホテル等建築規制審議会、香芝市バリアフリー推進協議会、香芝市空家等対策推進協議会、香芝市都市経営市民会議

【令和2年】香芝市議会・副議長、香芝・王寺環境施設組合議会議員、香芝市都市計画審議会

【令和3年】香芝市議会議員選挙(当選・2期目)、新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会(委員長)、決算特別委員会(委員長)、予算特別委員会(委員長)、総務建設委員会(副委員長)、議会運営委員会、奈良県葛城地区清掃事務組合議会議員、香芝市都市計画審議会、香芝市ホテル等建築規制審議会

【令和4年】香芝市議会議会運営委員会(委員長)、香芝市議会新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会(委員長)、決算特別委員会(委員長)、総務建設委員会

【令和5年】奈良県議会建設委員会、少子化対策・女性の活躍促進・スポーツ振興対策特別委員会(副委員長)、関西広域連合議会議員(理事)

あしたか清友 政策・メッセージ

政策メッセージ

あしたか清友<これまでの取り組みとこれからの取り組み>

①【国・奈良県、そして香芝市との連携を更に強化!】

<これまでの取り組み>
令和3年4月より香芝市議会新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会を設置し、委員長として「ワクチン接種に係る人員体制の強化」、「子ども達の在宅学習への備えやICT機器活用の促進」、「事業所に対する協力金交付やまん延防止対策に係る補助金」など市民サービスの低下を招かぬよう香芝市とともに多岐にわたり取り組みを進めてまいりました。また、コロナ禍が長期化する中で、高齢者の健康を守り地域のつながりを維持する観点から、地域の「通いの場」などの再起動・つなぎ直しに力を入れ、介護予防や見守りの取り組みを進めています。
コロナ禍に加えて物価高騰の緊急対策も、国からの財源をもとに香芝市では迅速に進めていますが、香芝市単独ではどうにもならない状況に直面し、国・奈良県と香芝市とのパイプをさらに強化しなければいけない!と考え、さらなる挑戦を決意しました。
<これからの取り組み>
・電力・ガス・食料品など価格高騰に対する生活支援
・コロナ禍の教訓も踏まえ、高齢者福祉や医療体制の強化
・国道168号や全く進んでいない香芝・柏原改良(国道165号)の4車線化の早期整備


②香芝、そして奈良の未来のために【子どもたちへの投資!】

<これまでの取り組み>
「教育の充実」には、先生方へのサポート体制強化こそが、子ども達への支援につながります。先生方が子ども達と向き合う時間を確保することが必要だと訴え、事務軽減を図るためのスクールサポートスタッフが、香芝市では令和3年度より小・中学校14の全校に配置されました。これからも教育の質の向上につながる施策をさらに進めます。
<これからの取り組み>
・児童・生徒に一人一台配備されたタブレット端末の有効活用(ICT支援員の配置拡充)
・いじめや不登校、発達障害などへのサポート強化(SC、SSW、特別支援教育支援員の配置拡充)
・先生方の急な欠員に対する県教育行政での人材確保


③みんなが住みやすい街へ【高齢者や障がい者にやさしい道路インフラ整備への投資!】

<これまでの取り組み>
道路インフラ整備では、高齢者や障がい者、子ども達の安全確保のために、歩行者空間を確保することが必要です。これまで通学路の危険箇所の解消や駅前空間の安全確保に努めてまいりましたが、今後はさらに国や奈良県、香芝市と連権をとり、国・県・市道の整備や防災・減災につながる整備を進めます。また、地域コミュニティの醸成につながる活動を支援し、安全で安心なまちづくりを推進します。
<これからの取り組み>
・バリアフリー化による歩行者空間の確保
・集中豪雨対策として防災・減災につながる、ため池の治水活用
・地域間交流や世代間交流の再起動への支援


④産業振興に加え、二上山・どんづる峯周辺の整備・活用を【あらたな賑わい拠点の創出!】

<これまでの取り組み>
これまで「食×農×商×工×観」の連携から、香芝市の特産品「kashiba+(カシバプラス)」が増加しましたが、常設販売が出来ないという課題があります。大都市圏・大阪からの西の玄関口に位置する香芝市の地の利を活かした「にぎわい拠点の創出」が必要です。今後は、香芝市の産業振興だけでなく、二上山・どんづる峯を香芝・葛城・御所・五條を山麓線で結び、奈良県西部の周遊型観光の起点になるような香芝市を目指します。
<これからの取り組み>
・小規模事業者・中小企業振興の支援、スローガンだけでなく実のある振興条例に
・地域にある資源を活用して地域で消費する地産地消の推進
・二上山・どんづる峯周辺の遊歩道整備、香芝総合公園プール跡地の有効活用


⑤必要な時に必要な情報を【行政のデジタル化を推進!】

<これまでの取り組み>
行政では、これまでマイナンバーカードの普及促進や行政手続きのオンライン化が進められていますが、今後は「行政のデジタル化」推進と「地域社会のデジタル化」と合わせた取り組みが必要です。行政のデジタル化は、導入から有効活用の段階にあり、部局の縦割りを越えたデジタル化担当の必要性を訴え、組織体制の見直しを求めています。
<これからの取り組み>
・行政のデジタル化を推進する担い手の育成・確保
・大型ゴミ予約やデマンドタクシー予約など、デジタル化の利便性を実感できるような活用
・オンライン化手続きの利用に不安のある高齢者などへのデジタル活用支援

大都市圏のベッドタウンとして栄えてきた奈良県香芝市。住みよい街として名をはせた奈良県香芝市も、いよいよ人口減少の局面に入りました。大好きな地元奈良・香芝のために、若さ情熱を持って挑戦します!奈良新時代!新しい時代を、新しい奈良・香芝を、皆様とともにつくります。

住民の皆様へのメッセージ

いつも温かいご支援を賜り、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。
「生まれ育ったふるさと奈良・香芝のために」と一念発起したのが6年前。ご信託をいただき、福祉・教育、都市計画、香芝の魅力づくりなど多くの課題解決に全力で取り組んでまいりました。3人の子を持つ子育て世代・働き盛りの現役世代の当事者として、地域に密着した施策を提言し、これからも魅力あるまちづくりを進めてまいります。

香芝市議会(2期)での経験を活かし、奈良県議会議員として、さらなる挑戦をさせていただきます!さらなるご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。

ホーム政党・政治家あしたか清友 (アシタカキヨトモ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube