選挙ドットコム

奥 大輔

オク ダイスケ/43歳/男

奥 大輔

西宮を活力ある町に!

選挙 西宮市議会議員選挙 (2019/04/14) 1,369 票
選挙区 西宮市議会議員選挙
肩書 自民党推薦、西宮市立夙川小学校PTA会長、西宮青年会議所監事、夙川ボーイスカウト指導者
党派 無所属
その他
サイト

奥大輔 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

選挙事務所予定の場所です

選挙事務所予定の場所です

選挙ポスターです

選挙ポスターです

選挙公報です

選挙公報です

Youtube

SNS情報

奥大輔 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1978年01月31日
年齢 43歳
星座 みずがめ座
出身地 兵庫県西宮市
好きな食べ物 和菓子、洋菓子全般
好きな本、漫画、雑誌 高橋留美子作品全般

略歴

  • (学歴・職歴)
    私立松秀幼稚園
    西宮市立夙川小学校
    私立関西学院中学部
    私立関西学院高等部
    私立関西学院大学文学部美学科
    大阪あべの辻製菓専門学校
    株式会社エーデルワイス
    有限会社成田家
    ※関西学院ではグリークラブに所属
    ※エーデルワイスにはパティシエとして勤務

    (所属・役職)
    夙川小学校PTA会長
    夙川地区青少年愛護協議会副会長
    西宮青年会議所監事
    ボーイスカウト西宮第3団指導者
    夙川公民館運営委員会委員
    西市民館運営委員会委員
    甲子園浜環境保全連絡協議会委員
    ノーマライゼーション推進協議会委員
    越木岩神社氏子会世話人

    (資格・授賞)
    製菓衛生師
    洋菓子技能士補
    兵庫県洋菓子協会菓子技術専門校修了
    (兵庫県洋菓子協会会長賞授賞)
    兵庫県青少年本部青少年活動等キャリアアップセミナー修了
    西宮市青少年ふれあいの賞授賞

政治家を志したきっかけ

実家が自営業という事もあり、幼少期から地域の中で育まれて来ました。社会人になってからも、仕事・家庭と共に様々な社会活動を行っていましたが、活動の中で地方政治の重要性を感じ、立候補を決意しました。

奥大輔 活動実績

実家が和菓子屋で、現在はそこで働いていますが、以前は株式会社エーデルワイスで洋菓子職人として働いていました。

エーデルワイス時代には西日本洋菓子コンテストや百貨店のクリスマスケーキコンテストへの出品等も行うと共に、兵庫県洋菓子協会の菓子技術専門校では成績優秀者表彰である洋菓子協会会長賞を受賞しました。

現在勤めている有限会社成田家では和菓子の職人として働くと共に、地域貢献の一環として各種お祭りや催事への出展等も積極的に行っています。

また幼少期より地域の様々な活動に携わり、成人してからも仕事と並行して社会活動を行って参りました。主なものは以下の通りです。

(ボーイスカウト)
小学2年生の時に西宮第3団に入隊し、現在は指導者として活動しています。

青少年の健全育成に関わると共に、野外活動を通じて地元の自然環境にも触れています。

平成14年には活動を認められ、西宮市より「青少年ふれあいの賞」を授賞しました。

(PTA活動)
息子の幼稚園ではPTA会長を1年間、小学校ではPTA会長を3年間(現在3年目)拝命しました。

子供たちを取り巻く住環境や教育環境に関する課題に、保護者の皆様と共に現在も取り組んでいます。

また、青少年愛護協議会や社会福祉協議会等の地域の諸団体とも協力し、地域活性に向けて日々取り組んでいます。

(青年会議所)
青年経済人が集まりまちづくりを行う社会団体である西宮青年会議所に40歳まで所属し、地域の発展の為に活動していました。

青年会議所は全世界に組織があるので、国内各地を初め世界各地を実際に訪れ、それぞれの地域の取り組みを経験から学ぶ事が出来ました。

(音楽活動)
幼少期より親の影響で音楽に親しみ、関西学院では中学から大学の10年間グリークラブに所属していました。

卒業後はOB合唱団等で合唱活動を続けると共に、吹奏楽団でも活動しています。

また、西宮や芦屋の市民オペラには製作のスタッフとして携わり、音楽文化のさらなる発展を目指しています。

奥大輔 政策・メッセージ

政策メッセージ

西宮には町のあり方を明文化している「西宮市民憲章」があります。私はこの憲章を大切にし、また尊重しています。

・西宮市民憲章
 美しい風光と豊かな伝統のまち、西宮の市民としてこの憲章を定めます。
 これは未来へはばたくわたくしたちの合い言葉です。

その1 西宮を みどりと青空の明るいまちにしましょう
その2 西宮を 教育と文化のかおり高いまちにしましょう
その3 西宮を 心のかよった福祉のまちにしましょう
その4 西宮を 希望にみちた産業のまちにしましょう
その5 西宮を 心身ともに健やかなしあわせのまちにしましょう

 昭和45年11月3日 西宮市



西宮市は近年はベッドタウンとして人口が増えてきていますが、このままベッドタウンとして進んでいく事は町の衰退に繋がると考えています。今一度市民憲章に立ち返り、産業・文化の振興を進めると共に、市民の皆様のコミュニティ作りを進めて参ります。

地域の未来を担う青少年の育成も大切です。学校教育はもちろんの事、家庭教育、社会教育とのバランスを取り、総合的に子供たちを育てる環境を整備します。また今まで以上に地域への愛着を育む為に、歴史教育の見直しが必要だと考えています。

災害に強い町作りも課題です。地震や津波といった大規模災害だけでなく、大雨や台風の被害も大きくなってきており、避難所や避難方法、緊急連絡方法の整理と検証をしっかりと進めます。

その他、総合福祉の推進、自然環境の保全、公民館の活用推進、学校における英語教育やプログラミング教育の有効な運用、PTAや青少年愛護協議会等の市民団体と行政の連携推進、等に取り組んで参ります。

住民の皆様へのメッセージ

阪急夙川駅前で成田家という和菓子屋を営んでいる奥大輔と申します。

西宮市は市民がリーダーとなって発展し、今日の素晴らしい住環境を実現してきた町です。私たちはその意思を受け継ぎ、子供や孫の世代に良い町を残していく責務があります。

しかし、多くの市民の皆様は日々の生活が最重要ですから、30年40年先の事を考えている余裕はありません。地方議員は今の町を考えると共に、30年40年先の町作りに取り組む為の存在であると思います。

この事は、代々西宮に住み暮らし、現在もPTA会長を初めとする様々な社会活動を通じて町の課題を熟知している私にとっての使命だと考えています。子供や孫たちの為に、将来の西宮の為に、私に頑張らせて下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家奥大輔 (オクダイスケ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube