選挙ドットコム

黒崎 ゆういち

クロサキ ユウイチ/42歳/男

黒崎 ゆういち

港区をもっと前へ!

選挙 港区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,148 票
選挙区 港区議会議員選挙
肩書・その他 自由民主党 港区議会議員 黒崎ゆういち
党派 自由民主党
サイト

黒崎ゆういち 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

Youtube

SNS情報

黒崎ゆういち プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1976年11月19日
年齢 42歳
星座 さそり座
出身地 東京都港区

略歴

  • 会派: 港区議会自民党議員団
    所属: 区民文教常任委員会/交通・環境等対策特別委員会
    党: 自由民主党東京都支部連合会青年局 政策副委員長/自由民主党東京都港区総支部青年部 部長

    42歳、AB 型。
    1976年(昭和51年)港区赤坂生まれ
    東京都港区立笄小学校卒業
    明治大学付属中野中学校卒業
    明治大学付属中野高等学校卒業
    明治大学政治経済学部政治学科卒業
    日商岩井株式会社/株式会社メタルワン
    自民党政経塾 第9期生

    学生時代をラグビー競技者として邁進。商社勤務やNPO 等の組織運営経験を活かし、2015 年港区議会議員に。ラグビーで身につけた「ワンフォーオール・オー ルフォーワン」の精神と突破力や、企業人経験から学んだビジネス創出力で、港区を前へ進めます。

黒崎ゆういち 政策・メッセージ

政策メッセージ

黒崎ゆういちが掲げる6つの政策
「あなたが活き」「あなたが育ち」「みんなが繋がる」港区をつくる!
  
<あなたが活きるまち>
▽シニア世代が生きがいを持って生涯活躍でき る場・ 機会をつくる
・文化やスポーツを通じて多世代が気兼ねなく交流できる場の創出
・シニア世代が長年培った様々な強みを活かせるような、仕事や活躍の場の創出
▽多様性を尊重するハード・ソフトの バリアフリーを実現する
・高齢の方や障がいのある方がより活動しやすいように、 ハード面の整備を加速
・マイノリティの方々への偏見を撲滅する(心のバリアフ リー)ための教育機会を拡充

<あなたが育つまち>
▽1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な 子供たちを育成する機会を学校内外につくる
・弱点を正す一律の型はめ型教育ではなく、強みを伸ばす公教育プログラムの導入
・ボランティアの負担が重い地域スポーツを、無理なく継続可能にするための行政サポート
▽子育て世代が安心して働き続けられる 職住環境を整備する
・さまざまな場所を活用し、子供を安心して預けられる育児・学童施設の大幅な拡充
・保護者の帰りが遅いときも子供が安心して食事や帰宅ができるインフラの整備
 
<みんなが繋がるまち>
▽暮らす人が感動や一体感を味わえる アイデンティティーを醸成する
・区内の地域ごとの特色(個性)を先鋭化させ、ブランディング
・プロスポーツチームを誘致し、地域一丸で応援できる体制を整備
▽暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区 内のすべての地域が繋がる拠点をつくる
・多様な人々が一体感を高められるさまざまイベントを開催できる場づくり
・多目的に人が集まる新しいタイプの文化・スポーツ施設を民間主導で作り出す

住民の皆様へのメッセージ

●わたしのスローガン
前へ!
「前へ!」は、明治大学ラグビー部の魂を表現しており、私の生きる指針でもあります。 どんな苦難があっても、とにかく前進する気概と矜恃を持ち、前へ進むための創意工夫を凝らすことが、私の基本姿勢です。

●わたしの想い
私は2015年4月の港区議会議員選挙において、区民の皆様から1406票というご信托をいただき、生まれ育った港区の区議会議員として、地域を良くするための仕事ができる立場を頂きました。あの日から4年、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、世界で一番の都市になるよう、港区を前へ進めてまいります。
議員になる前の話です。
学生時代、私はラグビー日本一という夢を一心不乱に追いかけ、また卒業後は総合商社で鉄鋼事業に携わり、日本経済が世界のなかで大きく翻弄されていく姿をまのあたりにする一方、母校ラグビー部のコーチやラグビースクールを設立する機会に恵まれ、指導者として次世代を育成する貴重な経験を積むことができました。
それらの経験を通じ、これからの日本の社会には何が必要なのかを考えた結果、たどり着いたものは「One for All, All for One」というラグビーを象徴する言葉に根差した「人づくり」でした。
議員になった後も、地域における「人づくり」は、港区の未来に最も重要で必要不可欠な要素だと確信し、私の全ての政策の根底となる位置付けとして、日々の活動のベースになっています。
もちろん「人づくり」は子ども達だけでなく、彼らを導く私達、大人もまた、多くの経験や気づきを得ることで、社会全体に波及する相乗効果が生まれ、より豊かで、実りある世の中になっていく、私はそう考えています。
一方、議員になってから、常に考えていることは政策を「どう実現していくか」です。
どんなに良い理想を掲げても、実現してカタチにしなければ、世の中は変わりませんし、問題は解決しません。
ここ港区においては、まちづくりのコンセプトに、地域の問題を解決する施策を盛り込んだり、あったら良いなと思う理想やアイディアを掲げることで、様々な場や機会を創り出すことができるのです。
・シニア世代が生きがいを持って生涯活躍できる場・機会をつくる
・多様性を尊重するハード・ソフトのバリアフリーを実現する
・1人1人の子供の強みを伸ばし、健全な子供たちを育成する機会を学校内外につくる
・子育て世代が安心して働き続けられる職住環境を整備する
・暮らす人が感動や一体感を味わえるアイデンティティーを醸成する
・暮らす人・働く人・訪れる人・学ぶ人・港区内のすべての地域が繋がる拠点をつくる
これらの6つの政策を、地域や行政だけでなく、港区の強みである多くの民間企業と一緒になって「まちづくり」を創り上げることこそ、実現であると、私は考えます。
黒崎ゆういちは、「まちづくり」と「人づくり」で港区をもっと前へ進めていきます。
そして、港区の未来に向かって、黒崎ゆういちしか出来ない、そして、黒崎ゆういちならではの仕事のやり方で、これからも区民の皆様のお役にたち、港区を世界で一番の都市にするために全力で前進していきます。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家黒崎ゆういち (クロサキユウイチ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube