選挙ドットコム

木村広一 メッセージ

【木村広一】3期12年、地域の皆様に支えられながら、一つ一つの政策の実現へ、全力で取り組んでまいりました。

課題が山積している時代ですが、人の苦労や痛みを分かち合い、全員が参加する新しい時代、誰一人取り残さない社会を作るチャンスと実感します。

そのためにも地域活動を一段と活性化させ、参加しやすい環境作りなどに力を注いでまいります。

これからも小さな声に真摯に耳を傾けながら、大好きな中野の未来を開いていく決意です。

木村 広一

キムラ コウイチ/53歳/男

木村 広一

中野の明日(みらい)をつくる❗~SDGs推進~

選挙 中野区議会議員選挙 (2023/04/23) [当選] 2,262 票
選挙区 中野区議会議員選挙
肩書 中野区区議会議員 法学修士 国立ガーナ大学留学
党派 公明党
その他
サイト

木村広一 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

国立ガーナ大学に留学していました

国立ガーナ大学に留学していました

小中高12年間サッカーをしていたため体力はあります

小中高12年間サッカーをしていたため体力はあります

東北出身として中野区と東北の絆を強化しています

東北出身として中野区と東北の絆を強化しています

Youtube

SNS情報

木村広一 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1970年08月01日
年齢 53歳
星座 しし座
出身地 青森県黒石市生まれ→東京都小平市(高校)→東京都八王子市(大学)→アフリカのガーナ(留学)→中野区(中野に来て24年になります)
好きな食べ物 コストコの鳥の丸焼き🍗サーモンフィレ🐟シーフードアヒージョ🥘は鉄板、 たまに妻とコストコに行き、私用の中型冷凍庫で保管してます。 ラーメン🍜も大好き💕です
好きな本、漫画、雑誌 【本】 ある補佐役の生涯 豊臣秀長 【マンガ】 弘兼 憲史(島耕作シリーズ、加治隆介の議)、川原 正敏(海皇紀、陸奥九十九シリーズ) 【雑誌】 歴史街道

略歴

  • 1983年(昭和58年) 青森県黒石市立黒石小学校卒業

    1986年(昭和61年) 青森県黒石市立中郷中学校卒業

    1989年(平成元年) 東京創価高等学校卒業

    1993年(平成5年) 創価大学法学部法律学科卒業 

    1996年(平成8年) 創価大学法学研究科博士前期課程修了(法学修士)

    1996年(平成8年)~1997年(平成9年) 国立ガーナ大学留学

    1998年(平成10年) アジア・アフリカ美術品民芸品専門商社入社

    2006年(平成18年) TOC支店支店長

    2010年(平成22年) 上海万博のため上海駐在、万博終了後退社

    2011年(平成23年) 中野区議会議員初当選(現在4期目)

    【議会現職】

    中野区議会副議長、厚生委員会、少子化対策。地域包括ケア調査特別委員会

    【党現職】

    公明党中野総支部区民運動部長

    【地域役職】

    町会副会長、青少年育成弥生地区委員会、旧桃園小学校PTA副会長、東京黒石会理事

    【資格】

    防災士、ファイナンシャルプランナーAFP、SDGs大学認定SDGsアドバイザー、認知症ライフパートナー

    *映像でも紹介しています

    https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/その他/

政治家を志したきっかけ

*映像でも紹介しています

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/きっかけ/

 祖父は太平洋戦争の西部ニューギニア戦線で戦死しました。祖母は私にニューギニアに慰安に行った際の映像を見せてくれました。海辺に花を投げ、祖父に「広一は平和のために頑張ってます」と報告していた祖母。祖父に平和を誓った祖母が、私を平和に貢献する人材にと育ててくれました。

 世界平和のため一番大変な地域で貢献しようと、アフリカに尽くすことを決意。アフリカ、ガーナに留学。途上国の生活を経験すると共に、アフリカの人々の価値観、人間性に触れ、物質的な豊かさ、貧しさは人間の幸せには直結しないことを肌身で体験。アフリカにそのまま永住したいと思っていました。

 帰国後はアフリカ美術品民芸品専門商社に入社し、アフリカの文化芸術の紹介、アフリカの産業の支援をする仕事に従事。上海万博の責任者として上海に駐在し、世界中の方と交流するとともに、世界の中の日本の長所短所を実感。同時期に中国との尖閣諸島の問題が起こりましたが、日本人として被害を受けたことは一切なく、報道される日中関係がいかにつくられたものかを垣間見ました。

 上海万博終了後、中野区議会議員に挑戦しないかとお話しをいただきました。アフリカへの貢献が自分の平和への貢献と思っていましたので、お受けするか相当悩みました。実は、私の父は実家のある黒石市で市議会議員をしていました。くも膜下出血で半身不随になり、すでに勇退していました。改めて父の生き様を振り返り、身近な地域・人に尽くすことが最も平和に貢献することと決意し、区議会議員に挑戦することにしました。

 新型コロナウィルス感染拡大、ロシアのウクライナ侵攻などにより、世界の出来事が私たちの生活に直結するグローバルな時代となっていることが改めて認識されるようになりました。SDGs推進の重要性が高まると共に、私のアフリカで経験し、学んだ貧困、環境問題、人権などへの取り組みを活かせる機会が増えてきたことを実感します。

 中野区議会議員の中で唯一、発展途上国で生活、仕事をしてきた経験のある議員として、中野区でのSDGsの推進は、私の役割、使命と感じます。

ご意見をお聞かせください

身近な問題から区政全般の問題まで、お気軽にご意見ご要望をお寄せください。

連絡先:090-3698ー0122

メール:kwame0801@gmail.com

木村広一 活動実績

【木村広一の最近の実績・取り組み(公明党議員団含む)】

①中野区全域

🔴コロナ対策

23区最速で実現した中野区の新型コロナワクチン接種を推進、自宅療養者への食料・生活支援をリード。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/コロナ動画/


🔴物価高対策強化

PayPayポイント還元キャンペーン、プレミアム付商品券販売、小中学校の給食費補助などを推進。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/paypay/  

🔴帯状疱疹ワクチン接種費用を助成

疲労やストレスなどが発症原因といわれる帯状疱疹。50歳代から発症率が高くなり、80歳までに3人に1人がかかるとされています。2023年3月から50歳以上の区民を対象に半額を助成します。不活化ワクチン費用まで助成するのは、23区で中野区が初めてとなります。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/木村ムービー/帯状疱疹ワクチン/

🔴認知症予防検診

70歳から75歳を対象に、今年度より3年間、医療機関での無料検診(もの忘れ検診)を実現。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/認知症動画/

🔴小中学校体育館冷房化 

全ての中野区立小中学校体育館冷暖房化を実現。すでに設置済の第二中学校、改築した中野第一小学校に加え、本郷小学校では遮断舗装、リース設置で冷暖房化。教育の場であり、避難所である体育館の環境を整備。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/体育館冷房化/

🔴区民施設の改修・充実 

シニア世代が利用しにくいとの声を受け、全ての区民活動センター、高齢者会館トイレ洋式化を実現。それに伴い施設改修と備品入れ替えを推進。施設を利用する場合のWi-Fiルーターの貸し出しも実現。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/区民施設改修/


🔴小中学校学習支援対策   

小中学校でのタブレット端末支給などICT(情報通信技術)教育推進、英検受験費用を無料に。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/学習支援/

🔴自動通話録音機の貸与

警告と録音機能があり、特殊詐欺被害防止に効果がある自動通話録音機を無料で貸与。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/録音機/

🔴通学路などの生活道路の安全対策を推進

通学路の合同点検結果を踏まえ、児童の安全を確保するため路側帯白線の設置やカラー舗装化など、安全対策工事を実施。生活道路の安全も確保されます。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/通学路/

🔴防犯カメラの設置で地域の防犯力を向上

小学校1校5台の防犯カメラ設置、主要交差点にも防犯カメラを設置し、抑止力が向上すると共に、事件事故の早期解決にも大きな効果。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/防犯カメラ/

🔴区内全街路灯のLED化、商店街街路灯のLED化補助    

全国でいち早く区内全街路灯をLED化。電気料金が年間約1億円削減。従来の水銀灯より明るく防犯力も向上。商店街街路灯のLED化も推進。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/led/

🔴その他

幼児教育の無償化
不登校児童・生徒への教育相談・フリーステップ
学校・区施設でのAI翻訳機の導入
フレイル予防推進、シニア世代のスマホ教室の推進
税・保険料をスマホ決済・ポイント還元
中野区での不妊治療公費助成・産科医による専門相談
区有施設再生エネルギー100% 、食品ロス削減推進
シェアサイクル事業導入


②本町・弥生町での地域実績・取り組み

🔵防災公園の整備  

本五ふれあい公園、本二東郷やすらぎ公園の整備・充実を推進。防災機能を備えた緑とスポーツ・複合遊具の広場に。中小公園を含め、より利用しやすい公園へルールの見直し、防犯カメラ・LED街路灯設置も進めます。
 
https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/防災公園動画/

🔵神田川の水害対策  

環七地下調節池施設の整備、本郷通り地下管整備で70ミリの雨量に対応。現在は本郷橋まで神田川護岸工事整備を推進。洪水ハザードマップの浸水予想区域への全戸配布を実現。さらに高齢者・障がい者の個別避難計画にも取り組みます。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/神田川動画/


🔵旧本町図書館がフリースクールに、地域連携も 

広域通信高校を母体としている事業者で、不登校、飛び級、トップアスリートなど多様な才能を育成。地域にはスペースや学びの機会を提供し、地域貢献を行います。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/旧本町図書館/

🔵本郷橋歩行者通行路設置

通行止めで大変不便との地域の声をいただいていた神田川本郷橋に昨年12月から歩行者通行路が開通。来年度に再び封鎖されますが、封鎖期間を短くするよう速やかな整備を求めています。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/本郷橋/

🔵鍋横区民活動センター整備計画見直し、用地活用見出し込み

地域住民の意向を十分に反映し、商店街中心部という立地を活かし、ホール機能や商店街のにぎわいをつくる施設整備を要望。整備までの用地活用として商店街の利便性を高める駐車場設置を実現。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/鍋横駐車場/


③中野駅周辺

🟡四季の森公園の整備、活用 

防災機能を備えた「中野四季の森公園」は、区民の憩いのスペースとして週末はイベントや家族連れなどでにぎわう。今後は民間活力の導入で、さらに公園の魅力やにぎわいを高めます。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/四季の森公園/

🟡中野駅西口改札前倒しで開設

南北通路・中野駅西口改札の開設は、2028年を予定されていたが、早期開設が望まれていた。公明党は2017年に国土交通大臣を中野区に招き強く要望。前倒しで2026年開設されることに。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/南北通路/

🟡中野三丁目の文化と憩いの拠点整備推進

令和7年度中完成予定。上層階は住宅、低層階は中野駅周辺で回遊性したくなる珍しい業種、店舗など時間消費・滞在型の商業機能を。地域の防災機能を強化し、地域や多世代交流イベント開催に活用。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/桃ケ丘跡地/

🟡中野駅桃園広場(西口広場)の整備推進

令和7年度中の完成予定。文化的でにぎわいのある周辺のまちなみと調和し、界わい性の温かみのある広場がコンセプト。地域のイベント利用も可能な、ゆったりとくつげる空間を目指します。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/西口広場/

🟡中野駅南口点字ブロック設置

中野駅南口改札から中野区視覚障害者福祉協会までの約200メートル、切れ目のない点字ブロックが2020年に完成。視覚障害の方が安心して歩行できるよう同協会の要望を受け、高倉良生都議会議員と連携し実現。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/点字ブロック/

🟡中野通り終日右折禁止解除

中野三丁目から中野通りへの終日右折禁止が、2020年4月から解除され、限定された時間帯のみ右折禁止に。交通調査を実施し、正確な交通事情の掌握と対策の検討を求め、規制緩和となりました。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/右折禁止動画/

🟡囲桃園公園の整備 

囲桃園公園から陶器、ガラクタ、ブロックなどが表面に。子どもたちが利用するのに危ない状況のため、区に調査を依頼。数十年前、公園になる前の民家を埋めたものが出てきたようで、すぐに撤去、埋め立ての整備を実施。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/囲桃園公園動画/





木村広一 政策・メッセージ

政策メッセージ

中野の明日をつくるため、木村広一は以下の取り組みに挑戦します❗


🟩高校3年生までの医療費無償化を推進します

医療費助成は現在、中学年3年生までが対象です。しかし、活動範囲が広がるためケガや病気のリスクが高くなり、教育費の負担も増加する高校生も無償化してもらいたいとの多くの声が寄せられていました。2023年4月スタートへ、高校3年生世代までの医療費無償化を推進します。全ての子どもたちの命と健康を守るため、区の負担による所得制限の撤廃を目指します。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/医療費無償化動画/

🟩高齢者の見守りと、認知症対策を強化します

希望する高齢者を対象に、健康機能、見守り機能などを備えたスマートウォッチやスマートフォンの貸与を推進。それにより、遠く離れて暮らしていても健康状態や見守りを確認できます。また、聴力の低下により日常生活に支障をきたしている中高年の方のコミュニケーション能力の維持・向上、認知症予防等が期待できる補聴器の購入費助成の実現にも取り組みます。 

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/補聴器/

🟩SDGs(持続可能な発達目標)モデル都市を目指します

*SDGsは「持続可能な開発目標」と訳しますが、「開発」という言葉には他人ごとのような意味を感じ、私は「development」を「発展」もしくは「成長」と自分ごとにとらえるように訳しています

少子高齢化、人口減少等による様々な課題解消のため、持続的に成長していける力を確保しつつ、人々が安心して生活ができるような中野をつくるため、SDGs(持続可能な開発目標)を推進、SDGsモデル都市を目指します。小中学校でのSDGs学習充実、2030年までの中野区CO2排出削減目標達成、さらなる食品ロス削減などを推進します。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/sdg_s/

🟩デジタル化を地域の身近な暮らしに役立てます

個々人の多種多様な環境やニーズを踏まえて、利用者目線で誰もが、いつでも、どこでも、デジタル化の恩恵を暮らしに役立てられる中野を目指します。シニア世代がスマホを活用する際のサポート体制確立、キャッシュレス推進と中野区独自の電子地域通貨・ポイント連携導入、テレワーク拠点の整備、デジタルを活用した町会活動の推進、母子を支える母子手帳アプリの導入、オンライン診療を推進します。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/デジタル/

🟩中野駅周辺の開発と暮らしの調和を進めます

“100年に一度”の街づくりと言わる中野駅周辺ですが、地域住民の安全安心を第一とする開発を目指します。中野駅周辺のバリアフリー化、中野駅のホームドア設置を推進します。中野三丁目の安全な交通、防災性を確保し、中野駅西口駅前広場と文化と憩いの拠点整備を推進します。にぎわいと良好な住環境が調和する文化的なまちづくりを目指します。

https://www.komei.or.jp/km/nakano-kimura-koichi/中野駅動画/

住民の皆様へのメッセージ

2011年、地域のみなさまの真心からの支援をいただき、初当選させていただきました。思えば、その出発は東日本大震災の直後であり、議員のスタートは復興支援、また震災対策への取り組みでした。その中で、議員の原点とも言える2つのことを学びました。

 1点目は、復興支援を通して苦労している方へ寄り添うこと、その声を実現すること、そして2点目は震災対策を通して、予期できないことも含め、長期的な想定を立てること、限りある財源とマンパワーで現実可能な政策をつくることです。

 復興支援も震災対策も、風化と戦いながらまだまだ道半ばです。東北出身者の一人として、さらに全力を挙げてまいります。

 それと共に、少子高齢化、人口減少が進む社会構造の変化、そして一変したウィズコロナの社会、価値観の変化など、その対策は待ったなしの状況です。

 11年間、地域の方からのご相談を受け、その影響は多くの区民の生活、人生に大変な負荷を与えていると実感しました。しかし、困難な時代へ取り組んで行くという後ろ向きな姿勢ではなく、全員参加型の新しい時代、誰一人取り残さない社会を作るチャンスと思っています。

 アフリカへ留学し、そこで培った希望を見出しながら困難と闘う経験を存分に活かし、人の苦労や痛みを分かち合い、中野区民のみなさまの声を誠実に受け止め、中野の明日をつくってまいります!

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家木村広一 (キムラコウイチ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube