選挙ドットコム

牛見わたる メッセージ

山口県防府市議会議員の牛見航(うしみわたる)です。
防府から日本を元気に!日本を救うのは地方から!ふるさと豊富でそのモデルをつくります!

牛見 わたる

ウシミ ワタル/40歳/男

牛見 わたる

防府から日本を元気に! 少子高齢人口減少社会や深刻なコロナウイルスの影響で疲弊している日本をデジタル推進を切り口に市民を救う!日本を元気にするのは地方から!地方のロールモデルを創ります!応援どうぞよろしくお願いします!

選挙 防府市議会議員選挙 (2020/11/15) [当選] 1,593 票
選挙区 防府市議会議員選挙
肩書 自由民主党防府支部青年部長
党派 自由民主党
その他
サイト

「牛見 わたる」をご支援いただける方は、是非個人献金をお願い申し上げます。
みなさまの役に立てるよう、日々の活動に大切に活用させていただきます。※選挙ドットコム会員登録(無料)が必要です

献金ボタン この政治家に献金する

牛見わたる 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

黄色が目印!見かけたらお声掛けください!

黄色が目印!見かけたらお声掛けください!

黄色と同じく牛のロゴマークも目印です!

黄色と同じく牛のロゴマークも目印です!

「防府から日本を元気に」を合言葉に活動中

「防府から日本を元気に」を合言葉に活動中

Youtube

SNS情報

牛見わたる プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1982年01月30日
年齢 40歳
星座 みずがめ座
出身地 山口県防府市真尾(小野地域)
好きな本、漫画、雑誌 【好きな本】世に棲む日日

略歴

  • 平成17年9月 飲食業を主に運営するベンチャー企業に入社、取締役営業本部長を拝命
    平成24年2月  防府市に帰郷 独立して飲食業を創業
    平成25年6月  防府市フットサルリーグを設立 会長に就任
    平成25年7月  一般社団法人シエンを設立 理事長に就任
    平成27年12月 株式会社 RADを設立 代表取締役社長
    平成26年5月  防府市長選挙出馬 落選 
    平成28年11月 防府市議会議員に初当選
    平成28年12月 自由民主党防府支部青年部長を拝命
    平成28年12月 防府市議会議会運営委員会副委員長を拝命
    平成29年6月  龍馬プロジェクト
    平成29年8月  全国若手市議会議員の会 中国ブロック事務局長
    平成30年4月  防府市議会産業建設委員会副委員長を拝命
    平成31年1月  林英臣政経塾 入塾
    平成31年4月  防府市議会総務委員会副委員長を拝命
    令和元年   防府市議会 タブレット端末導入プロジェクトチーム 会長
    令和2年4月  防府市議会予算委員会 副委員長
           議会広報編集委員会 副会長
    令和2年11月  防府市議会議員選挙 2期目の当選
           デジタル推進調査特別委員会 委員長
           議会運営委員会 副委員長
    令和3年9月  上下水道事業決算特別委員会 委員長
    令和3年10月  教育民生委員会 委員長
    令和3年4月  龍馬プロジェクト 中国ブロック ブロック長
    令和3年9月  株式会社 N(アパレル業) 設立 副社長に就任
    令和4年1月  林英臣政経塾 中国講座長

政治家を志したきっかけ

故郷である防府を元気にしたくて民間でまちづくり活動を行う中、それだけでは限界を感じ、町を本当に元気にするには政治の力がいることに気付いたから。

牛見わたる 活動実績

高校卒業後上京、
2005年より、飲食店を主に運営するベンチャー企業に入社、新規事業立ち上げ・人事採用・社員研修・商品開発・経営戦略立案・マネジメントなどの業務に従事、主に取締役営業本部長として店舗数を3店舗から18店舗へ、年商3000万円から約7億円まで拡大。

2011年 故郷防府を想い帰郷。
帰郷後は東京での経験を活かし、飲食業を創業。
2012年 若手有志が集まり、まちづくり団体「防府盛り上げ隊」を設立、その後法人化し「一般社団法人シエン」を設立し、理事長に就任。

ご当地ハイボール「ほうふハイボール」の開発・プロデュース(現在市内21店舗が提供中)、防府市で初めてとなる大型婚活支援事業「街コン」の開催、防府市フットサルリーグ「HFリーグ」を設立、会長に就任。その他市内でまちづくりを行う様々な団体と連携し、防府市の地域活性を行う。また市内の清掃活動などはもちろん、山口島根豪雨災害の際にも即座にボランティアを呼びかけ賛同した仲間と共に現場へ、その後も約30店舗の小売店などに賛同いただき募金箱の設置を行い寄付を募る。

2014年5月 防府市長選挙に出馬、全くの無所属、新人として9737票の指示を得るも落選。

2016年11月 防府市議会議員選挙に当選

2020年11月 防府市議会議員選挙に2期目の当選

【議会においての役職】
教育民生委員会 委員長
デジタル推進調査特別委員会 委員長
予算委員会 委員長
上下水道事業特別委員会 委員長
議会運営委員会 副委員長
産業建設委員会 副委員長
総務委員会 副委員長
議会タブレット端末導入プロジェクトチーム 会長

牛見わたる 政策・メッセージ

政策メッセージ

【防府をいちばんの町にする!】

防府市は様々な分野において他市と比べられています。
「子育てはしやすいのか?」
「おしゃれなお店はあるのか?」「教育は?」
「コロナウイルス対策にかかる補助などはどうか?」
「お年寄りは暮らしやすいか?」「水道代は?」「防災対策は?」
「農業や漁業はどうだろう?」
「働く場所はあるのか?」「起業はしやすいか?」


県内はもちろん!日本で一番を目指すことで
近隣他市に負けない街づくりを推進します!

防府市はもとより、
日本全体においてもやらなければならない課題が山積みです。
ですがその財源はどこから確保するのでしょう?

有名なランチェスター戦略の中で出てくる
『弱者が強者に勝つ方法』のひとつが
ある分野においてNo. 1を目指すこと。

そして貴重な戦力をどこに選択し集中して投資するのか?
と言われています。

私がご提案するのは、インターネット分野への投資です。
ひと昔で言えばインフラ整備といえば道路や水道やガスや電気でした。

現代のイングラ整備はこのインターネット分野です。
先述の教育や産業、防災、企業誘致、
UIJターンなど住みやすい環境づくりその他の様々な課題全てにつながります。

【経済をまわし、人を増やすことで税収を上げていく。】

その税収の増加がさらに様々な分野においての財源確保となるのです。

日本は少子高齢化人口減少社会と
コロナウイルスの影響による未曾有の危機に直面しています。

日本を救うのは都会の大企業やお偉方ではありません、
私は《地方が元気になる》ことが
日本を救ういちばんの近道であると考えます。
私は《地方が日本を救う》そのロールモデルを
この防府市で応援いただけるあなたと共につくっていきたいのです。

防府から日本を元気に!

住民の皆様へのメッセージ

【あなたが投票した人は何をしたのか?】

あなたが投票した政治家は
何をしたのかその活動を思い出せるでしょうか?

もちろん私自身もまだまだ何をしてきたのか
自身で情報発信が充分ではないかもしれません。
ぜひ選挙で投票をされる際には
応援された方が当選後に何をしているのか?
ぜひチェックいただき、
この防府市をより良い町にするため叱咤激励いただければと思います。

そしてもう一つ
政治家の資質も問われています、
防府市議会においても市民の皆さんの信頼を失うことが起きてしまいました。

議会においても、上げ足取りばかりの
何も生み出さない批判だけの論争が繰り広げられています。

議員の資質という言葉だけで集約してしまえばそれまでかもしれません。
しかしながらその議員を選ぶのは
私たち市民一人一人であるのです。

今このメッセージを読んでいただいている
防府市の発展を真剣に考えていただいてる
あなたのような方がたくさん増えていくように
一緒に一人でも多くの方に伝えていきたい!と考えています。

最後まで拝読いただき本当にありがとうございます!

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家牛見わたる (ウシミワタル )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube