選挙ドットコム

草地 ひろあき ブログ

【磐田市の静かな変化①:若者の人口減少と出生数】

2021/3/25

3月23日からしらす漁が解禁となり、初めて漁港での競りの様子を見させていただきました。
磐田市にも福田漁港があり、令和元年度でいえば、しらすだけで年間1088t、約130隻300人を超える方々が海にでています。この漁業という産業もこの磐田市では大切な産業、次の時代にさらに価値をあげるために、ハード面、ソフト面の両面の政策を組合のみなさんたちと一緒に考えていきたいものです。






さて何回かに分けて、私が「これは」と注目してきた磐田市の【静かな変化】について、ここが私の問題意識や政策を考えるときの原点になっていますので、説明をさせていただきます。
第一弾は、若者の人口減少と出生数
第二弾は、高齢者世帯の増加
第三弾は、障がい者人口の推移と生活保護


第一弾【若者の人口減少と出生数】

市議会議員に初当選した8年より前、私は「持続可能な社会」という今のかっこいい言葉を使う以前に、自分の子どもたちや孫の世代に、「いまよりもよりよく残す」ためになにができるかを考えてきました。
そもそも私が子供のころから、すでに「少子高齢化」と言われていたし、漠然とした感覚の中で、「子どもの数が少なくなって、高齢者が増えたら、社会保障費が大変だよなぁ」と考えていた私は、議員になってすぐ「人口」というデータを指標にするのがいいんじゃないかと考えていました。

そんなとき折よく発表されたのが、「増田レポート」です。

これは2014年に総務大臣経験であった増田寛也氏を座長とする日本創生会議が発表したもので、簡単に言えば「そう遠くない将来、日本の過半数となる896の自治体で消滅の可能性が高い」と未来の将来像を示したものです。ここでようやく日本全国で、「人口」が「減少するかも」という現実を理解でき、多くの自治体で未来への人口を予測した「人口ビジョン」を示したわけですが、私が議員に初当選したときの一般質問では、当時の磐田市は「現在のところ、人口数値目標等を示すことは考えておりませんが、これからの本市のまちづくりを担う若い世代に、市の将来に関心を持っていただけることは必要と考えております」という答弁でした。

市議会議員初当選、最初の一般質問の項目

磐田市が人口ビジョンを示したのは、その後平成27年10月のことです。
磐田市人口ビジョン
これは、お時間あるときにぜひご覧ください。

いずれにしても「人口」という数字に注目が集まり、その対応をしなくてはいけないと動き出したのは実はまだ数年しかたっていないということです。そしてまだまだその分析は進んでいません。私はことあるごとに、この「人口」のデータから現実を見つめ、これからの社会を予測、対応することを議会でも提案してきたので、これからもその姿勢を大切にしていきます。

前置きが長くなりました。

磐田市の子どもと若者の人口を見ていただくには、先日オンラインでお伝えした、この写真で見ていただくのが一番わかりやすいと思います。


手書きで分かりにくくて申し訳ございませんが、こんな見方です。
平成17年4月、20代、男性12,975人、女性11,344人、合計24,319人 
令和2年4月、20代男性9,457人、女性7,234人、合計16,691人 です。
合併後の15年間で7,628人、1学年平均760人も20代が減ったということになります。

これは普通に生活していても気づくことはありません。こうした市民が気づいていないことをお伝えしていき、未来をともに考えてもらうことが私は政治の役割であると考えています。

次は磐田市の出生数です。
この5年間の減少が顕著なことがわかると思います。



もちろんこれらの課題は、磐田だけの課題でははありません。しかし、このままこの子達の世代が20代にそのまま入る20年後、磐田で生まれた子たちがみんな残っていたとして、約13000人ほどになるのではないかと推測ができます。今よりもまた20%ほど20代が減るということになります。

こうしたデータを読み解きながら、これからの社会、地域、環境がどうなるのか、税収や公共施設もどうなるのか推測し、対応すること、そして人が集まる街にしていくことを市民とともにかんがえることが私は大切だと考えています。

ではどうするか、、、はまたの機会にして、次回は高齢者世帯について解説をさせていただきます。
長文をお読みいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアする

著者

草地 ひろあき

草地 ひろあき

選挙 磐田市長選挙 (2021/04/11) [当選] - 票
選挙区

磐田市

肩書 前磐田市議会議員
党派・会派 無所属
その他

草地 ひろあきさんの最新ブログ

草地 ひろあき

クサチ ヒロアキ/40歳/男

月別

ホーム政党・政治家草地 ひろあき (クサチ ヒロアキ)【磐田市の静かな変化①:若者の人口減少と出生数】

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube