選挙ドットコム

まつや清 メッセージ

まつや清を鬼滅の刃っぽく紹介してみました

まつや 清

マツヤ キヨシ/70歳/男

まつや 清

Say Yes! Say No! 共に創ろう。市民が主役の静岡市を。人と自然が共生する社会を。

選挙 静岡市議会議員選挙 (2021/03/19) [当選] 4,410 票
選挙区 葵区選挙区
肩書 静岡市議会議員 全国自治体議員立憲ネットワーク共同代表 ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会座長 南アルプスリニア市民ネット共同代表 外国人のための無料健康診断と検診会実行委員会事務局次長 福島子ども支援基金代表 緑の党しずおか共同代表  城北町内会顧問 他
党派 緑の党 グリーンズジャパン
その他
サイト

まつや清 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

質問回数市議会ダントツ1位!皆勤賞

質問回数市議会ダントツ1位!皆勤賞

1969年から様々な市民活動に取り組んできました

1969年から様々な市民活動に取り組んできました

全国の自治体議員とつながっています

全国の自治体議員とつながっています

SNS情報

まつや清 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1951年03月30日
年齢 70歳
星座 おひつじ座
出身地 新潟県柏崎市 大学入学と同時に静岡市へ 以来、静岡市で3人の子育ても経験しました。
好きな食べ物 静岡のお茶 新潟のお酒
好きな本、漫画、雑誌 「モモ」ミヒャエル・エンデ、 「ゲド戦記」アーシェラ・K・グウィン、 「社会的共通資本」宇沢弘文、 「世界」岩波書店

略歴

  • 1951年 新潟県柏崎市生まれ
    1969年 静岡大学 入学
    〜市民活動を歴て
    1987年より 静岡市議会議員(3期)
    *静岡県議会議員(1期)
    国会議員政策秘書を経て
    2009年より静岡市議会議員(現在3期目)
    会派:緑の党グリーンズジャパン

政治家を志したきっかけ

チェルノブイリ原発事故の後、食の安全、多様性の尊重、平和な生活のため、「曲がったきゅうりの時代」をスローガンに政治を志しました。以来、市民に支えられ政治と市民活動を行っています。

ご意見をお聞かせください

まつや清 活動実績

■実践1 白紙撤回。ここにアリーナは要らないでしょう!
 市民文化会館建替えとアリーナ併設構想に対して、住民や専門家、議会や行政も巻き込んでの運動を展開しました。「公共空間を考える会」も発足し構想は白紙撤回されました。大規模改修の議論では北街道との回遊性や広場機能の充実の他、様々な提案もしています。

■実践2 専用レーンを増やす。安全な自転車のまち静岡の実現。
 自転車の似合う街づくりを掲げる静岡市。「危険な場所がある」との市民の提案から、安倍川にかかる弥勒橋に専用レーンの設置を働きかけ実現しました。

■実践3 気候非常事態宣言。世界の動きにつながる活動も議会で推進。
 気候変動による暮らしへの影響が誰の目にも明らかになってきました。未来の世界を憂い、行動を起こした若者たちと一緒にいち早く気候非常事態の宣言を議会に働きかけました。一日も早い脱炭素社会の実現に向け多くの皆さんとともに活動を続けます。

■実践4 With コロナ。市民の声を伝え支援策を引き出しました。
 市民の皆さんと一緒に声をあげ、ウイルス検査のための機器を導入、介護施設314施設へのBCPやPCR実施調査を行うなど検査体制の充実に力を注ぎました。また身近な商店・商業者の皆さんからの要望を議会質問し、支援策導入に貢献できました。

■実践5 清水新市庁舎建設は事実上の白紙へ!市民の声を届けました。
 「清水庁舎の是非を問う住民投票条例制定」署名運動に参加し、集まった5万2千人の声を市議会で訴えましたが、議会は36対8で否決しました。ところが田辺市長はこの民意に押されてコロナ感染対策と桜ヶ丘病院移転を理由に、94億円の清水庁舎の清水駅東口公園への移転事業を事実上の白紙撤回としました。これからも市民の声が届く議会を作ります。

■実践6 南アルプスにリニア中央新幹線トンネルは認められない!
 市民の財産、そしてユネスコエコパークにも選ばれた貴重な南アルプスの自然。その自然に大きな影響を与える「リニア新幹線のトンネル工事」には反対です。市議会でも「南アルプスの自然生態系の維持、残土処理、大井川の水問題」を継続的に取り上げています。

まつや清 政策・メッセージ

政策メッセージ

「幸せといえる静岡」に向かって

 地球温暖化に加えて、新型コロナウイルス感染症の影響により格差・貧困が広がり、人と人との関係性が分断されるなど、私たちの暮らしを取り巻く状況は先を見通すことが難しくなっています。グローバル資本主義による経済ではなく、より身近な関係性を基本とした持続可能な経済への転換をめざして、人や生命、自然を大切に考え、たすけあいが育つ地域コミュニティづくりにチャレンジします。また、地域で自治する力をさらに強め、「食・環境(エネルギー)・ケア・働く」を柱とした持続可能な社会づくりに取り組んでいきたいと考えています。

① 新型コロナウイルスへの対応
② コロナ禍、地震・自然災害にもしなやかに対応
③ 気候非常事態に備える政策推進〜エネルギーの地産地消
④ 環境にやさしいまちづくり、歩いて楽しいまちづくり
⑤ コモン(共)の分野を拡大し市民の共同社会を実現
⑥ 討論する議会、全国NO.1の議会改革を進めます!

住民の皆様へのメッセージ

静岡市の未来を創っていくのは
私たち市民です。

正しいことにはYes!と言い、推進を。
間違っていることにはNo!を言い、断固闘う。

みんなが笑顔で暮らせる静岡市を
一緒に創りましょう。
市民のために、地球のために
学び、闘いつづける市会議員を選ぶのも
私たち市民です。
私たちの選択が
これからの静岡を創っていくのです。

未来のために、次世代のために
今、私たちに出来ることを考え、実践していきましょう。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家まつや清 (マツヤキヨシ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube