選挙ドットコム

「日米同盟を基軸とする抑止力の向上」「立憲主義・平和主義・民主主義を守り、非核三原則を堅持」…終戦記念日における各政党の声明・談話まとめ

2018/8/15

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

8月15日に73回目の終戦の日を迎え、安倍晋三首相は全国戦没者追悼式において、「歴史と謙虚に向き合い不動の方針を貫く」と式辞を述べました。


この日、各党は「終戦の日」のコメントを発表しています。各党代表談話・党声明の要旨は以下の通りです。なお、各党のリンクより、原文をご覧いただけます。

自民党「日米同盟を基軸とする抑止力の向上を図り、積極的平和主義に基づいた平和外交努力を着実に積み重ねていく」

自民党は終戦記念日にあたって、党声明・談話を発表しました。

先の大戦で犠牲となった方々への哀悼の意を表し、唯一の被爆国としての経験を語り継ぎ、歴史と謙虚に向き合うとしています。
また、日本を取り巻く安全保障環境の変化から、日米同盟を基軸とした抑止力の向上、積極的平和主義に基づく外交努力が必要と強調。世界の平和と繁栄に積極的に貢献する意思を表明しました。

公明党「平和国家として信頼されるよう、憲法の平和主義を堅持する」

公明党は公明党声明として「終戦記念日アピール」を発表しました。

先の大戦において、軍国主義による植民地支配と侵略によりアジア・太平洋地域の方々へもたらした苦しみをニ度と繰り返さないよう、「憲法の平和主義」を堅持すると表明。とりわけ、中国・韓国との関係改善を進め、唯一の被爆国である日本が核保有国と非保有国の間の「橋渡し役」となり、核軍縮を目指す努力が必要だとしています。

立憲民主党「安倍政権により、戦後、日本人が育てあげ、守り続けてきた『立憲主義』と『平和主義』が脅かされようとしている」

立憲民主党は代表談話として「73回目の終戦の日にあたって」を発表しました。

戦後日本は「日本国憲法の平和主義」のもとに復興し繁栄を果たしてきたものの、安倍政権は「集団的自衛権の行使容認」をし、立憲主義・平和主義を無視した憲法の改悪に向かっているとしています。立憲民主党は国際協調と専守防衛を貫き、国際連合など多国間協調の枠組みに基づいた平和と繁栄に貢献するとの意思を表明しています。

国民民主党「『立憲主義』『平和主義』『民主主義』を守り、非核三原則を堅持」

国民民主党は「73回目の終戦の日にあたって」とし、代表談話を発表しました。

戦争で尊い命を捧げられた方々の犠牲の上に築かれた日本の平和と繁栄は、安倍政権によって民主主義の危機に瀕しており、未来への懸念が高まっているとし、『立憲主義』『平和主義』『民主主義』を守り、非核三原則を堅持すると表明。わが国が二度と戦争の惨禍に巻き込まれないよう、平和と安定に貢献するとしました。

日本共産党「安倍政権を倒し、核兵器禁止条約に署名する政府をつくる」

日本共産党は小池晃書記局長の談話として、「終戦記念日にあたって」を発表しました。

憲法9条を守り抜き、平和な日本を築くために全力をあげる、とした上で、安倍政権の「戦争する国づくり」を絶対に許さないという決意を表明。平和の激動の中でも朝鮮半島の非核化を達成するために全力をつくすと同時に、安倍政権を倒し、核兵器禁止条約に署名する政府をつくるため奮闘する、としました。

日本維新の会「価値観を共有する国々と力を合わせ、国際平和の実現に全力を傾注」

日本維新の会は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として、松井一郎代表によるコメントを発表しました。

終戦から73年が経ち戦争の記憶が薄らいでいる昨今、全国44か所にある旧軍用墓地が置き去りにされている現実に、政府への旧軍用墓地の管理・改修を提言する準備を進めているとし、価値観を共有する国際社会とともに朝鮮半島の非核化など、平和の実現に尽力すると宣言しました。

自由党「国民に悲劇しかもたらさない戦争を正しく認識し、再び繰り返さないという国民の覚悟が必要」

自由党は「終戦の日にあたり」として、小沢一郎代表の談話を発表しました。

太平洋戦争への記憶が風化しつつある現在、歯止めなく自衛隊を海外派遣できるとして現在の安全保障政策を批判。国民に悲劇しかもたらさない戦争を正しく認識し、再び繰り返さないという国民の覚悟が必要であるとし、戦争のない世の中を作るため尽力すると表明しています。

希望の党「平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を推進」

希望の党は「戦没者を追悼し平和を祈念する日にあたって」として、松沢成文代表のコメントを発表しました。

わが国の平和と繁栄は、戦争で亡くなった多くの方々の尊い犠牲の上にあることを認識しつつ、国際社会の安全保障環境の急激な変化を顧みて、不測の事態に備えアメリカなどとの緊密な連携を維持し、日本の外交・防衛力を強化することが必要としています。

社会民主党「憲法改悪を断固阻止し、『不戦の誓い』を後世にも引き継いでいく」

社会民主党は党の声明として、「敗戦73年にあたって」を発表しました。

戦争の犠牲者に哀悼の誠を捧げ、戦禍を繰り返さないために日本の軍事大国化に反対する多くの人々と力を合わせて安倍政権の改憲発議と憲法改悪を阻止し、「不戦の誓い」を後世にも引き継いでいくとしています。また、9月の沖縄県知事選挙に勝利し、在沖米軍基地の縮小・撤去、日米地位協定の全面改正を勝ち取らなくてはならないとした上で、唯一の被爆国日本がヒロシマ・ナガサキの思いを世界に拡げ、「核なき世界」の主導的役割を果たし、日朝間の緊張緩和と関係改善に取り組むべき、としています。

(アイキャッチ画像は安倍首相のTwitterより引用)

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム「日米同盟を基軸とする抑止力の向上」「立憲主義・平和主義・民主主義を守り、非核三原則を堅持」…終戦記念日における各政党の声明・談話まとめ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube