選挙ドットコム

小池 ゆりこ ブログ

【東京都知事選挙2020の立候補者・小池百合子】最後のお願い

2020/7/4

小池百合子からの最後のお願い

東京都知事、小池ゆりこです。

17日間の東京都知事選挙も今日が最終日となりました。公務優先、コロナ対策で密をつくらないために、オンラインでの活動に徹したこの選挙戦。これが最後のお願いとなります。

今回は、コロナ対策の最前線で指揮をとりながらの選挙戦でした。街頭で政策のお訴え、みなさまとの握手、握手。人とのふれあいがなく、この選挙はこれまでとは全く経験のない形になりました。一体感がなかなか確保できるものではありませんでしたが、なによりも3密を避けてくださいとお願いしているのは、都知事である私自身でございます。

そこで初日の第一声に始まり、最終日のいわゆるマイク納めに至るまで、オンライン選挙に徹してまいりました。この間、有権者のみなさまから沢山のメッセージ、激励、ご意見をいただきました。

そして今回初めてホームページ上で募集した必勝祈願メッセージは、このように壁を埋め尽くすまでいただいております。まるで、みなさまからエネルギーを頂戴しているかのようでした。

本当にありがとうございます。

このオンライン選挙を通じて、コロナ対策、これまでの私の4年間の取り組み、今後の都の行財政や構造改革、もちろん、みなさまの生活にかかわる様々な政策を、出来る限りの発信をしてまいりました。

また都内の62ある区市町村には、オンラインで地域の課題と政策を盛り込んだメッセージを配信しました。私の声が届きましたでしょうか。

東京にとって今、喫緊の課題はなによりも「コロナ対策」です。検査を受ける方々が日々増えています。そして、集団検査を受ける業界を含めますと、毎日2000件もの検査が行われています。その結果もあって、ここ数日は毎日100件を超える陽性者の方々が出ています。その多くは症状の軽い方と報告を受けています。ただ、これが高齢者にうつることが注意事項です。

これまで以上に病床は1000床単位で確保され、入院に代わるホテルも用意をしております。さらにこれから来る本格的な第2波。もちろん来ないことが一番ですが、その備えとして、疾病対策予防センター、いわゆる「東京版CDC」を立ち上げ、都民の命と健康を守り、世界で一番感染症に強い首都・東京にしてまいります。

「東京大改革2.0」に柱は3つあります。

第1に、感染拡大防止と社会経済活動が両立した「新しい日常」を確立して、都民の命を守り「稼ぐ」東京を実現してまいります。

第2に、女性も子供も、障害のある方もない方も、お年寄りも若者も、「人」が輝く東京にしてまいります。

第3に、「都民ファースト」の視点で、行財政改革・構造改革を爆速で進めてまいります。

「東京の未来は、都民と決める」

都民の、都民による、都民のための東京。

一緒に「新しい東京」をつくってまいりましょう。

明日はどうぞ、小池ゆりこに、あなたの貴重な一票をお託しください。どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。
 

この記事をシェアする

著者

小池 ゆりこ

小池 ゆりこ

選挙 東京都知事選挙 (2020/06/18) [当選] 3,661,371 票
選挙区

東京都

肩書・その他 東京都知事/都民ファーストの会 特別顧問
党派・会派 無所属

小池 ゆりこさんの最新ブログ

小池 ゆりこ

コイケ ユリコ/68歳/女

月別

ホーム政党・政治家小池 ゆりこ (コイケ ユリコ)【東京都知事選挙2020の立候補者・小池百合子】最後のお願い

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube