選挙ドットコム

斉藤 やすひろ ブログ

#新型コロナウィルスレポート1/20(水)に東京都が発表したデータを掲載します。

2021/1/22

#新型コロナウィルス レポート
1/20(水)に東京都が発表したデータを掲載します。
【新規陽性者の推移】
1/17(日)検査実施件数は2,740件、新規陽性者は1,274名でした。
50代以下は約76.3%、20〜30代は約38.1%でした。高齢者の割合が多くなっています。
死亡者の割合が高い70代以上は184名。65名歳以上は過去最高の247名。死亡者は10名増で754名。重症者は5名増の過去最多の160名でした。

【目黒区及び隣接区の状況】
1/19時点の目黒区は前日比20名増の2,624名。入院療養中は753名、1,871名が退院済み。
隣接の世田谷区は64名増の6,739名で、現在の入院療養中は2,459名、4,280名が退院。
品川区は21名増の2,729名で621名が入院療養中、2,108名が退院。
大田区は88名増の4,519名で1,327名が入院療養中、3,192名が退院。
港区は37名増の3,357名で、773名が入院療養中、2,584名が退院。
渋谷区は23名増の2,809名で、420名が入院療養中、2,389名が退院しています。(退院には療養期間経過と死亡退院を含む)

【感染ルート】
1,274人のうち746人が感染ルート不明。527人が濃厚接触者。
(家庭内284人、施設内133人、職場内38人、会食18人など)
施設内の内訳は、医療機関19ヶ所で81人、高齢者施設20ヶ所で41人。

【目黒区の感染状況】✳️=追記分
✳️1/20に区内私立認可保育園の20代女性保育士の陽性が判明しました。自宅療養中です。

✳️都が設置拡充を発表した自宅療養フォローアップセンターを1/25から目黒区も利用開始します。
①LINEチャットボットによる健康観察
②7日分の食料を自宅に配達(無料)
③24時間の専用電話

✴️新型コロナ重症化の兆しをつかむことができるパルスオキシメーター(血中酸素計)を自宅療養者に貸与。

1/18に自宅療養中の男性が急逝しました。
公明党はかねてから療養先のホテルや自宅などに常備し、わかりにくい肺機能悪化を早期に発見し、症状急変前に医療機関に搬送できる体制の整備を政府に要請してきました。

目黒区では、自宅療養者向けに活用するため150台を保有し、現在約130台を貸し出しています。
緊急要望には私も参加しましたが、1/15には先ず100台が届きました。更に100台が追加されます。
東京都は今後40,000台を調達し、各基礎自治体に貸与します。

✴️【目黒区ワクチン体制】
○12/7に予防接種担当課を設置済み
○12/18に国からの説明。第二回は1 月下旬予定。
○国から供給されるワクチンは三種類、全2回接種。
○接種場所は医療機関など。
○接種順番
・2月下旬、国指定の医療従事者先行分
・3月上旬、都指定の医療従事者先行分
・3月下旬、高齢者→クーポン券は3月上旬発送。対象は令和4年3/31時点で満65歳以上の方。
・4月以降に基礎疾患のある方、一般。→クーポン券は4月以降発送。
・2月のめぐろ区報、ホームページにコールセンター設置など掲載予定。

【最新のモニタリング情報】
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
1/20時点
(感染状況)最も厳しいレベル
①新規感染者数 
1,517.4人>751.0 人
→2021年1/11の1,812.7人が過去最高
②#7119への発熱相談件数
1/19付
69.6件475.6人
   →2021年1/11が過去最高
    増加比78.7%100.0件 
→搬送先が20分以上決まらないなどの件数が傾向。12/1には34.0件でした。1/14が過去最高。
⑥入院者数 2,893人>2,274人→2021年 1/12に過去最高を更新
/確保病床数は4,000床(72.3%)

⑦重症患者数 160人>105人/確保病床数は250床(64.0%)過去最高を更新

✳️【病床拡大について】
都議会公明党の1/2の緊急要望を受けて、知事は都立、公社病院のうち以下を「コロナ重点医療機関」に指定
しました。また、府中市にあるコロナ専用病院の受入枠を32→100床にフル拡大します。

都立広尾病院/公社荏原病院/公社豊島
病院。
→妊婦の方に転院のご協力を頂き、2/1には新体制で、コロナ専用病院を含め、1,700床体制に移行します。
都議会公明党の提案を受け、都は妊婦転院の際には、
①診療情報提供を無料にする、
②他の病院への通院タクシー代を都が負担する、
③現在の主治医に引き続き担当して貰うよう、最大の支援を実施する、④出産費用が増額になった場合には、その差額分を支援する、
との負担軽減策を知事が1/14に発表しました。

【1/20の専門家分析のコメント】
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/iryo/kansen/monitoring.html
感染状況に加えて、医療提供体制が体制が逼迫している、との最も厳しいレベル「赤」を継続しました。
専門家は「接触不明者の増加ぎ高い水準で推移。実効性のある強い感染拡大防止策を直ちに行う必要がある」「破綻を回避するためには、新規陽性者数を減らし、重症患者数を減少させることが最も重要」と総括しました。

【患者数及び入院療養状況】
1/20の患者年代別では50代以下の世代の割合が約76.3%でした。
20〜30代の割合は約38.1%

最大は20代で272名、30代は213名、40代が211名、50代は163
名、60代は118名、70代は77名、80代は67名、90代が39名、10代は73名、10歳未満は40名でした。

1/20の患者総数は89,188名。死亡者は10名増の754名で40〜90代の男性7名、女性3名。

現在入院療養中の総数は19,533名。
全業種への休業要請解除時2020年6/16の367名から比較し約53.2倍

入院中は48名減の2,893名。うち重症者は5名増の160名で過去最多を更新しました。
重症者の年齢を見ると、40代が5名、50代が19名、60代が53名、70代が59名で、80代が23名、90代が1名。

軽症中等症は53名減の2,733名です。病床は3,750床を確保したものの使用率は約72.9%で、依然医療現場は逼迫が長期化しています。
重症者は5名増の160名で、重症者向病床は合計250床。
使用率64.0%です。

宿泊療養は33名増の876名、自宅療養は1名減の8,965名、入院療養調整中は730名減の6,799名でした。

宿泊療養体制は、プリンスホテル品川など10ホテルや施設などで、現在は3,961室を確保しています。このうち受け入れ可能な部屋は2,360室で、使用率は約37.1%です。
この中には昨年10/9から整備した、感染した患者がペットと一緒に療養できる50室が含まれています。

かかりつけ医がいない方は、コロナかなと不安になったり、発熱があるば迷わず #東京都発熱相談センター にお電話下さい。最寄りの病院をご案内します。
03-5320-4592 24時間無休
#都議会
#公明党
#目黒
#コロナに負けない

この記事をシェアする

著者

斉藤 やすひろ

斉藤 やすひろ

選挙 東京都議会議員選挙 (2021/06/25) - 票
選挙区

目黒区選挙区

肩書 東京都議会議員 厚生委員長 公明党目黒総支部長
党派・会派 公明党
その他

斉藤 やすひろさんの最新ブログ

斉藤 やすひろ

サイトウ ヤスヒロ/57歳/男

月別

ホーム政党・政治家斉藤 やすひろ (サイトウ ヤスヒロ)#新型コロナウィルスレポート1/20(水)に東京都が発表したデータを掲載します。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube