選挙ドットコム

芦谷 英夫 ブログ

人事は巡る??

2020/6/3

◆1日産経新聞の世論調査が発表され、内閣を支持するは、5月44%→6月36%、支持しないは、5月42%→6月53%と、支持すると支持しないが逆転しました。他の2紙でも、月末に支持率が激減しており、内閣を支持するは、それぞれ27%、29%と低水準となっています。その要因は一連の新型コロナウイルスへの対応に加えて、東京高検検事長が賭けマージャン問題で辞任したものの、処分が軽い、多額の退職金を受け取ったことに81%が反対しているように、内閣支持率に大きく影響を与えています。

 

◆定年延長については、それまでの長年の定説をいとも簡単に、「法解釈を変更して」と迷答弁?で押し通しましたが、ここに来てそのツケを一気に払わされたことになります。ところが官僚人事に露骨に介入したことはこれまで何度もありました。アベノミクスと称して、異次元の金融緩和するため、平成25年にはリフレ派の日銀総裁を起用しましたが、いま国債の半分を日銀が引き受け国債の暴落がささやかれている危機的な状況に至っており、鳴り物入りのアベノミクスは完全に失速しています。

 

◆同じく25年には、内閣法制局は「憲法の制約上、集団的自衛権は行使できない」という、法制局長官を強引に退任させ、内部昇格が慣例であった後任の長官に、畑違いの外部、外務省の局長を就任させ、その成果もあって「集団的自衛権行使は可能」との閣議決定を行い、強引に安保法制成立へと突き進みました。また28年には農水省の就任間もない事務次官を強引に退任させ、お気に入りの局長を抜擢し、通常1年のところを2年も留任させました。ことほと左様に露骨な人事介入がありましたが、内閣の支持率は、一連の強引人事の結晶でしょう。

 

 

この記事をシェアする

著者

芦谷 英夫

芦谷 英夫

選挙 浜田市議会議員選挙 (2017/10/08) [当選] 1,423 票
選挙区

浜田市議会議員選挙

肩書・その他 浜田市議会議員
党派・会派 国民民主党

芦谷 英夫さんの最新ブログ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube