選挙ドットコム

竹谷 とし子 ブログ

住所要件を満たさない地方議会議員選挙立候補を防ぐ手段について

2019/12/6

こんにちは。竹谷とし子です。 地方議会議員選挙に関する、こみいったお話です。一部地域の方にのみ関心がおありのことだと思いますので、関係ない方は読み飛ばして下さい。 今年4月の兵庫県議選や播磨町議選、また、時期が近いところでは、私の選挙区内である東京都日の出町や奥多摩町の町議選で、住所要件を満たさない人が、当選できないことを承知の上で、立候補する事案が発生しました。日の出町の町民の方々からは、疑問と不満の声があがり、その声が私のもとにも届けられました。 どうして、選管は立候補の受け付け時に受理するのか?といった疑問やご指摘がありました。住民票を確認して、断れば良いではないか!と。私も同じように感じましたが、調べてみますと、現制度では選管が拒否できないのには理由がありました。 総務省によると、昭和35年11月22日仙台高裁、昭和36年7月20日最高裁で、選挙長は形式的審査権は有するが、実質的審査権は有しないため、届け出を受理せざるを得ない、とされたためです。 住民票はあく続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

この記事をシェアする

竹谷 とし子さんの最新ブログ

竹谷 とし子

タケヤ トシコ/50歳/女

月別

ホーム政党・政治家竹谷 とし子 (タケヤ トシコ)住所要件を満たさない地方議会議員選挙立候補を防ぐ手段について

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube