選挙ドットコム

大野 もとひろ ブログ

【埼玉県・新型コロナ】新型コロナウイルス感染症の再拡大期に備えた体制について

2020/6/2

新型コロナウイルス感染症の再拡大期に備えた体制について

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れるため、病床等の確保に御協力いただいている多くの医療関係者や宿泊関係者の皆様には、改めて感謝を申し上げます。

現在、県民の皆様の外出自粛などのご協力により、本県における新たな陽性患者の発生数は、5月19日にゼロとなるなど減少傾向にあります。また、入院患者数も6月1日時点で52人となっており、病床利用率が10%を下回る日も生じてきています

しかしながら、第2波、第3波に備えた医療体制の構築が重要です。

そこで、状況に応じた弾力的な確保病床の運用をしていくため、

(1)現在の状況を反映した縮小期

(2)今後の再拡大期

(3)国の予測するピーク時

この3つの段階に分け、新規陽性患者の発生状況などを踏まえて確保すべき病床や宿泊施設の数などを想定し、設定いたしました。

まず、フェーズⅠの縮小期では、感染症指定医療機関と公立・公的病院を中心に確保病床数を現在の602床から240床と集約化します。内訳としては、重症化リスクに対応できるよう、超重症・重症患者用の病床は、現状と同様に引き続き60床を確保します。

なお、この240床への縮小は、次のフェーズⅡの再拡大期に備え、県からの要請により速やかに600床に戻していただくことを前提にしております。公立・公的病院を中心にまず420床を、次に民間医療機関を含めて段階的に600床を確保してまいります。

フェーズⅢのピーク時では、国において示された患者ピーク予測値を踏まえ、2,400床と計上しました。フェーズⅡからⅢへの段階では、これまでに経験したことのないスピードで感染が拡大していることも想定されるため、一層のスピード感を持って病床を確保する必要があります。

なお、国のピーク予測は、あくまで何らの対策も取らなかった場合の数字ですが、危機管理として最悪の事態にも対応できるよう、計上いたしました。

昨日6月1日に主な医療機関と会議を開催し、2,400床も含めた縮小期から再拡大時を見据えた病床等の確保について説明し、確保に向けた協議を始めたところです。関係者一丸となって、ワンチームで対策を進めまいります。

今後の県民の皆さんの安心のために、検査体制を強化している。本県では、抗原検出用キットの導入と、発熱外来PCRセンターの設置を進めている。

検査体制の強化について

抗原検出用キットは、症状が強く現れている患者さんに対し、これまで早くても半日程度かかっていた陽性判定が、30分程度でできる検査です。すでに、埼玉県では5月21日から検査が開始されています。

現在、7つの病院から使用実績の報告をいただいており、32の病院で抗原検出用キットが導入されています。

PCR検査体制については、帰国者接触者相談センターから帰国者接触者外来を受診して検査するルートに加え、5月1日から、県の委託により郡市医師会が運営する発熱外来PCRセンターが新たに加わりました。

これにより、保健所を介さず、直接かかりつけ医の紹介で受診することができるようになったため、対応できる検査数の増加や保健所の負担軽減に繋がっています。

政令市・中核市の保健所設置市を除き、県が設置するPCRセンターは、現在稼働中が21箇所、近日中の追加予定が2箇所であり、合計23箇所で稼働見込みです。また、県全体では、現在稼働中が27箇所、近日中の追加予定が3箇所であり、合計30箇所で稼働見込みです。

県民が必要とした時に検査を受けられるよう、県として検査体制の強化をしてまいります。

(詳細)発熱外来PCRセンターの設置について

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0703/hatunetugairaipcrcenter.html

施設の使用停止等の協力要請の一部緩和について

小・中・高校、大学等については、昨日から再開されました。子ども達の元気な姿を見てうれしく感じています。

自動車教習所等の学習支援施設、劇場等、体育館等の運動施設、パチンコ店等の遊技施設、ネットカフェ、接待を伴わないバーなども既に要請対象から除外しています。もちろん、徹底した感染防止策を講じることを前提としています。

次に使用停止協力要請を継続してお願いしている施設は、スポーツジムなどやカラオケボックス、接待を伴う飲食業、ライブハウスなどです。これらの施設は国が特段の留意が必要な施設と位置付けており、事業者の皆様には引き続き大変な御迷惑をお掛けするが、6月18日まで要請を継続いたします。

なお、要請の期間は、業界団体などの感染防止の取り組み状況などを確認し、専門家の意見を伺った上で検討していきます。新しい生活様式を実践するなど、感染拡大を防止し、改めて、皆さんやご家族、愛する方を守っていただけるようご協力をお願い申し上げます。

(詳細)施設の使用停止等の協力要請の一部緩和について

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/covid19/saitamaken_kinkyujitaisochi0504.html

(詳細)県主催イベントの対応・県有施設の再開及び休館等について

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/eventfascilities/index.html

※最新情報は毎日Twitterでも発信しております。

https://twitter.com/oonomotohiro?s=20

この記事をシェアする

著者

大野 もとひろ

大野 もとひろ

選挙 埼玉県知事選挙 (2019/08/08) [当選] 923,482 票
選挙区

埼玉県

肩書・その他 埼玉県知事
党派・会派 無所属

大野 もとひろさんの最新ブログ

大野 もとひろ

オオノ モトヒロ/56歳/男

月別

ホーム政党・政治家大野 もとひろ (オオノ モトヒロ)【埼玉県・新型コロナ】新型コロナウイルス感染症の再拡大期に備えた体制について

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube