選挙ドットコム

天木 直人 ブログ

日米安保を容認する「沖縄アイデンティティ」とは何だ

2018/8/21

 オール沖縄の統一候補に決まりそうな玉城デニー自由党幹事長がきのう8月20日のTBSのラジオ番組でこう語ったという。

 きょう21日の朝日新聞が小さく報じていた。

 すなわち、自由党はオール沖縄の中では保守政党であり、中道の役割だとずっと言って来た。安全保障や自衛隊の考えについても保守的な考えを持っている。でも、(翁長雄志知事を支持して来た)オール沖縄は、イデオロギーではなくアイデンティティだ。(沖縄の人が)一つになれるものを求めて政治を展開していこうと言ったのが翁長知事だった。その言葉を大事に出来れば、課題は全部解消できると思う。

 驚いた。

 これがオール沖縄の正体だったのか。

 これが翁長知事の目指していたものだったというのか。

 どうりで翁長知事が辺野古移設を阻止できなかったはずだ。

 翁長知事が後継者の一人に玉城氏を指名したはずだ。

 しかし、これでは辺野古移設を阻止できない。

 辺野古移設の阻止は、日米安保体制を見直すという覚悟がなければ出来ない。

 日米安保体制見直しの覚悟なしに辺野古阻止を訴えるのは、在日米軍の押し付け合いでしかなく、日本国民を分断することに終わる。

 それにしても、こんなことを平気で公言する玉城議員と自由党とは一体何なのか。

 保守即ち日米同盟優先といっているようなものだ。

 まさしく自民党と同じである。

 日米同盟を否定する保守が出て来ないといけない(了)

この記事をシェアする

天木 直人さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家天木 直人 (アマキ ナオト)日米安保を容認する「沖縄アイデンティティ」とは何だ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube