選挙ドットコム

徳永 久志 ブログ

みんなが痛みを感じているのだから、みんなに等しく給付すべき!ともかく「緊急事態宣言」が発令され...

2020/4/9

みんなが痛みを感じているのだから、みんなに等しく給付すべき!

ともかく「緊急事態宣言」が発令されました。発令と同時に緊急経済対策も発表になったことは良かったと思います。

問題は対策の中身。特に、「1世帯30万円の現金給付」の中身は、どう考えても賛成できる代物ではありません。

給付対象となる世帯には、複雑怪奇な線引きがなされていて、自分がその対象となるか否か、容易には判断ができません。

そもそも、なぜ、線引きをする必要があるのでしょうか。ウイルス感染の恐怖との闘いに、国民みんなが疲れ、みんなが痛みを感じているのに、です。

線引きをしてしまうと、1万円の違いで給付される人とされない人が出てきます。これでは社会の分断につながります。

連合滋賀の方が、「事態が収束した時に、『お上』に助けを貰って乗り越えた人と自力で乗り越えた人とで意識的な格差が生じるのでは」と心配されていました。本当にそうだと思います。

現金給付は自己申請が必要で、その窓口は市町村が担うとのこと。おそらく役所の窓口は長蛇の列となるでしょう。なかには「どうして貰えないのかっ」と唾を飛ばして大声を張り上げる人もいるでしょう。

申請を受け付ける職員は、仕事上、申請された内容が適切か否か、あえて言い換えれば「うそをついていないか」という視点でチェックすることになります。難局を乗り越えるために力を合わせるべき仲間に対して、猜疑心を持たないといけないのです。こういう仕事を強いることを、「不要不急」と言うのです。

私は、国民民主党をはじめ野党各党が主張しているように、一律に一人10万円を給付すべきだと考えています。様々な社会活動の自粛・抑制によって、国民みんなが痛みを感じ、ストレスをため込んでいます。

それを少しでも緩和し、不安感の除去につなげたいとのメッセージが込められた10万円です。繰り返しますが、みんなが痛みを感じているのですから、線引きなしの一律給付です。

そして、この10万円は課税対象とします。必要としなかった人、収入が減少しなかった人には、年末調整あるいは確定申告の際に税として給付金を返還してもらいます。

国会では、「新型コロナウイルス対策政府・与野党連絡協議会」が設けられています。是非、この場において野党案にも真摯に耳を傾けてくれるよう政府には切に願いたいと思います。

(文責/国民民主党滋賀県第4区総支部長 徳永久志)

この記事をシェアする

著者

徳永 久志

徳永 久志

選挙 第48回衆議院議員選挙 (2017/10/10)
選挙区

滋賀4区 64,617 票 比例 近畿ブロック 希望の党

肩書・その他 国民民主党滋賀県第4区総支部長 元参議院議員 元外務大臣政務官
党派・会派 国民民主党

徳永 久志さんの最新ブログ

徳永 久志

トクナガ ヒサシ/56歳/男

月別

ホーム政党・政治家徳永 久志 (トクナガ ヒサシ)みんなが痛みを感じているのだから、みんなに等しく給付すべき!ともかく「緊急事態宣言」が発令され...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube