選挙ドットコム

水戸 まさし ブログ

台湾有事は本当にあり得るか? 経済の安全保障もしっかり死守すべし

2021/5/10

先の日米首脳会談では、台湾海峡の平和と安定の重要性が話し合われました。そして日米共同声明において、「台湾有事」について言及されたのは何と50年前の佐藤・ニクソン会談以来というのですから、ある意味画期的だったかも知れません。


ところで「言うのは易し、行うのは難し」。仮に「台湾有事」となった場合に、日本の経済や社会にどれほどの影響をもたらし、それに対してどんな対処が出来るのでありましょうか。


有事が起こったら、少なくとも東シナ海、および南シナ海の緊張は一気に高まります。そこの航行が難しくなれば、燃料や食料など様々なサプライチェーンが断絶され、そうなれば日本経済は大混乱になるのは必至です。我が国の石油備蓄は、あるいはLNG(液化天然ガス)の確保は…。また食料の多くを中国にも頼っている昨今、それが入ってこなくなれば一気に買占めが起きることも予想されます。


アジア周辺諸国以外にこうした物質補給を求めた場合、どれだけコストが割増になるかもしっかり見極めていく必要もあるでしょう。そもそも日本は、戦略の立案や判断に際して、前例や裏付けのあるデータ、エビデンスを重視する傾向があると言われております。しかし、有事を想定するとは、事実や憶測、あるいは噂も含めた情報をベースにして、不確かな未来に判断を下すことを意味します。


世界的に、「台湾有事」の可能性を議論している今こそ、国と民間が協力し、日本の経済や社会を維持するシナリオを構築していかねばなりません。平時にあって有事を思うこと、それがすなわち危機管理であることを再度認識すべき時です。 コロナに負けるな!

この記事をシェアする

著者

水戸 まさし

水戸 まさし

選挙 藤沢市長選挙 (2020/02/09) 25,102 票
選挙区

藤沢市

肩書 日本維新の会 神奈川第12区支部長、前衆議院議員、元参議院議員、一般社団 人づくり国創り研究会代表、税理士
党派・会派 無所属
その他

水戸 まさしさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家水戸 まさし (ミト マサシ)台湾有事は本当にあり得るか? 経済の安全保障もしっかり死守すべし

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube