選挙ドットコム

水戸 まさし ブログ

新年度は高齢者の働き方が変わる節目 藤沢市内でも長く働きやすい環境を拡充すべし

2021/4/10

この4月から、企業は従業員が70歳まで働けるような措置を取る努力義務を負っています。これは、「高齢者雇用安定法」に基づくもので、同法によって企業は70歳までの雇用を確保するために、定年制の廃止や、定年の引き上げ、もしくは継続雇用制度の導入のいずれかの措置を取るよう義務付けております。


さらに希望する高齢者には、70歳まで継続的に「業務委託契約を締結する」ことや、「事業主などが実施する社会貢献活動に従事できる」という制度も導入されております。以前でも取り上げましたが、こうした背景には、少子化による労働力不足や社会保障財政の逼迫が挙げられます。


勿論、老後をどう生きるかは、それぞれの価値観によりますので、働き続けることがイコール幸せとは限りません。しかし、経済的な面から考えれば、メリットもあるのも事実です。
例えば、年金加入を続けて、支給開始の年齢を遅らせた場合、将来受け取る老齢年金を積み増すことが出来ます。また、健康保険の加入を続けると、万が一、病気やケガで働けなくなった場合にも傷病手当金につき、給与の3分の2を最長1年半もらいながら復職を目指せます。


一方で、現行の雇用継続では、60歳定年後の再雇用という形で、定年前と比べて賃金が3~7割程度に下がり、働き甲斐を失う人も少なくありません。したがって今後は、単に雇用年齢を引き上げるだけでなく、働く意欲につながる仕組み作りが不可欠となりましょう。ジョブ型雇用が重要視される中、年代を問わず、高麗者にとっての評価のあり方も追及すべき時だと思います。 コロナに負けるな!

この記事をシェアする

著者

水戸 まさし

水戸 まさし

選挙 藤沢市長選挙 (2020/02/09) 25,102 票
選挙区

藤沢市

肩書 日本維新の会 神奈川第12区支部長、前衆議院議員、元参議院議員、一般社団 人づくり国創り研究会代表、税理士
党派・会派 無所属
その他

水戸 まさしさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家水戸 まさし (ミト マサシ)新年度は高齢者の働き方が変わる節目 藤沢市内でも長く働きやすい環境を拡充すべし

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube