選挙ドットコム

水戸 まさし ブログ

グリーン成長戦略 2050年に脱炭素社会実現となるか…③

2021/3/30

第3に、私たちの身近な存在として住宅を挙げたいと思います。何故なら、温暖化ガス排出を減らすためには、住宅や建築物のエネルギー消費の削減も必要となるからです。


ご案内の通り、国内の温暖化ガス排出量の約15%は家庭からです。そこで政府は新戦略で、新築住宅の排出量を2030年にはゼロとする目標を掲げました。したがって、家庭内のエネルギー収支が実質ゼロになる技術をどこまで普及できるか、それがポイントとなりましょう。


すなわち家庭で使用する電力を、太陽光発電などの再生可能エネルギーで賄い、温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする住宅が求められます。また発電した電気をためる蓄電池や、断熱材などを生かして最小限のエネルギーで暮らせる家造りも必須となります。


現時点でその手法を用いようとしている住宅メーカーもありますが、しかしコストは通常よりも200~300万円余計に掛かると言われております。また、日本は暖房費や除雪費など、エネルギー消費量がかさむ寒冷地での普及が中々進まない側面もあるようです。


住宅に関して、木造建築の普及拡大はじめ、高性能建材のコスト削減や、窓ガラスなどの性能評価制度の拡充なども進めていくべきでしょう。またエアコンの制御や、充電を効率化するエネルギーの最適利用の仕組みも導入すべきと思われます。


あの手この手を採用して、より温暖化に向き合いつつ、なるべく快適な住空間を確保していくことが肝要です。 コロナに負けるな!

 

この記事をシェアする

著者

水戸 まさし

水戸 まさし

選挙 藤沢市長選挙 (2020/02/09) 25,102 票
選挙区

藤沢市

肩書 日本維新の会 神奈川第12区支部長、前衆議院議員、元参議院議員、一般社団 人づくり国創り研究会代表、税理士
党派・会派 無所属
その他

水戸 まさしさんの最新ブログ

水戸 まさし

ミト マサシ/58歳/男

月別

ホーム政党・政治家水戸 まさし (ミト マサシ)グリーン成長戦略 2050年に脱炭素社会実現となるか…③

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube