選挙ドットコム

水戸 まさし ブログ

STEAM教育とは、スティーム教育とステム教育との相違点 日本の教育の主流になるか?

2020/10/21

 冒頭から言っておきましょう、今まさにSTEAM(スティーム)教育が脚光を浴びていることを…。そもそもSTEAMとは、5つの頭文字をとった造語です。「S」はサイエンス(科学)、「T」はテクノロジー(技術)、「E」はエンジニアリング(工学)、「A」はアート(芸術)、そして「M」はマスマティックス(数学)を指します。

 これら5つの要素を兼ね備えた教育手法をSTEAM教育と呼び、日本のみならず世界的に注目されております。コロナ禍にあって、社会環境は目まぐるしく変化し、多くのAI(人工知能)やロボットが進出中です。私たちの生活上でも、スマホやタブレット、パソコン等の電子機器が普及し、飲食店や小売店では、ロボットが予約や案内をしてくれる時代となりました。この流れは加速度的に進んでいくでしょうし、10年先は想像を超えるような進化を遂げるかも知れません。

 このように社会変革が求められる中にあっても、単に変化に流されるだけでなく、新たな変化を生み出せる能力をもつ人材が必要です。しかしそれに反し、そうした人材、例えばエンジニアやデザイナー等は全世界で不足しております。

 もともと変化を生み出す人材を育てるため、最初にスタートした手法が「STEM(ステム)教育」でした。したがって、ステム教育はスティーム教育の根源となっております。しかし見れば分かる通り、ステムには「A(アート)」が含まれていませんね。

 そうなんです。ものを作る際には、科学の知識や技術が重要となってきますが、デザイン性が無いと上手に形にすることができません。さらにアートには、リベラルアーツ(教養)の意味もあって、人が生きていく上で基本的な素養を身に付けさせようとする意図で、「A」を加えたスティームが構成されたとのこと。

 このアート(芸術性)が加わったことで、理数系の堅いイメージから、柔らかくのびのびした豊かなモノづくりの印象に変わったのではないでしょうか。デジタル時代に対応できるよう、豊かな表現力と発想をもって、自発的に新たなものを生み出せる人材を輩出していきましょう。 コロナに負けるな!

投稿 STEAM教育とは、スティーム教育とステム教育との相違点 日本の教育の主流になるか?水戸まさし 公式ブログ に最初に表示されました。

この記事をシェアする

著者

水戸 まさし

水戸 まさし

選挙 藤沢市長選挙 (2020/02/09) 25,102 票
選挙区

藤沢市

肩書・その他 前衆議院議員、元参議院議員、一般社団 人づくり国創り研究会代表、税理士
党派・会派 無所属

水戸 まさしさんの最新ブログ

水戸 まさし

ミト マサシ/58歳/男

月別

ホーム政党・政治家水戸 まさし (ミト マサシ)STEAM教育とは、スティーム教育とステム教育との相違点 日本の教育の主流になるか?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube