選挙ドットコム

山下 洋輔 ブログ

キャンプ場「RECAMP(リキャンプ)しょうなん」がオープン。

2020/6/5

本日(6/5)、キャンプ場「RECAMP(リキャンプ)しょうなん」がオープン。
手賀の丘のキャンプ場を民間に運営委託したものです。

県境をまたぐ移動が控えられる中、地元の自然を再認識してもらうローカルキャンプが提唱されています。
https://www.recamp.co.jp/rcshonan

私も、子どもたちとキャンプしたいと、楽しみです。
手賀地域周辺のスポットへも、目を向け、足を伸ばす人が増えることを期待し、昨年の議会でも議論しました。

本日の毎日新聞では、「2018年度は2400万円の赤字。市は、民間委託によって20年度の赤字を1400万」に圧縮したと掲載れています。

この件について、コメントしたいと思います。
2018年度は2400万円「赤字」とは、「赤字」ではなく手賀の丘のキャンプ場の公園維持管理費にあたります。
(約2500万円の維持管理費に、約150万円の利用料を差し引いたものです)

2020年度予算では、株式会社Recamp (リキャンプ)に運営委託します。
株式会社Recamp (リキャンプ)は、施設使用料を約550万円を柏市に支払います。
(売り上げに応じて、柏市に追加で支払うことはないとのことです)
柏市の2020年度予算では、手賀の丘のキャンプ場の公園維持管理費を、約19000万円計上しています。
※新型コロナウイルスの関係で、変わってくることもあるかもしれません。
公園維持管理費約1900万円―施設使用料約550万円=柏市からの支出約1400万円という意味と思われます。

さて、公園の維持管理費は「赤字」なのでしょうか?
また、これまで無料で(あるいは安く)使用できていた公園が、有料になることについては、「利用者負担」という考えでOKでしょうか?
公園は、植物や生物を保護したり、防災や自然環境を保全したり、周辺地価や自治体のイメージを押し上げたり、そしてあらゆる人に開放され、居場所になりうる公共施設です。

「稼ぐ公園」と言いながら、公園をチェーン店に貸して、管理を任せ、小銭を稼ぐ社会の流れを危惧しています。

こういった内容も、昨年の議会で話し合われてきました。
その上で、キャンプ場「RECAMP(リキャンプ)しょうなん」は喜ばしいことで、盛り上げていきたいと思います。

まちなかの公園を育てる試み

この記事をシェアする

著者

山下 洋輔

山下 洋輔

選挙 柏市議会議員選挙 (2019/07/28) [当選] 4,531 票
選挙区

柏市議会議員選挙

肩書・その他 元教員 / 柏まちなかカレッジ学長 / 保護司
党派・会派 無所属

山下 洋輔さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家山下 洋輔 (ヤマシタ ヨウスケ)キャンプ場「RECAMP(リキャンプ)しょうなん」がオープン。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube