選挙ドットコム

西尾 憲一 ブログ

保守本流をもう一度(54)

2020/9/15

野中広務

護憲派の重鎮として活躍された野中広務元自民党幹事長が、2年前の1月26日に92歳でお亡くなりになりました。戦争を知る世代の政治家がまた一人、減ったことになります。反戦平和を希求し、弱者に寄り添った真の保守政治家に、心から哀悼の意を表したいと思います。

小渕総裁の急病を受けて、両議院議員総会は森喜朗幹事長の総裁就任を承認し、幹事長だった森氏の後任には野中幹事長代理が昇格しました。この直前、自由党が連立離脱を表明。自由党から分かれた保守党と共に連立政権として森内閣が発足し、私も衆議院千葉4区の公認候補予定者として、党本部で野中幹事長から公認証書を頂き「おめでとう、頑張って下さい」と激励されました。野中氏にお会いしたのは、これが最初で最後でした。

2001年春、総理候補に野中氏の名前も挙がっていました。しかし、麻生太郎氏は、自派の大勇会の会合で差別的な理由で野中氏を総理にしてはいけないと無責任な発言をしました。麻生氏が、憲法14条1項の「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分、または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」ということを十分理解されていないことは大変情けないと言わなければなりません。まだまだ差別が無くなっていないのが我が国の現状です。指導者の深い理解と責任ある行動が求められます。野中氏がもし総理になっていれば、差別も少しは減ったのではないかと考えられます。

 元自民党幹事長の野中広務氏も、安倍内閣が集団的自衛権の行使を認めるため憲法解釈を変える閣議決定をしたことについて、「暴挙」と痛烈に批判しています。

                                    

 

 

 


 

この記事をシェアする

著者

西尾 憲一

西尾 憲一

選挙 千葉県議会議員選挙 (2019/03/29) [当選] 15,917 票
選挙区

船橋市選挙区

肩書・その他 「平和の党」代表 千葉県議会議員
党派・会派 無所属

西尾 憲一さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家西尾 憲一 (ニシオ ケンイチ)保守本流をもう一度(54)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube