選挙ドットコム

山仲 よしあき ブログ

野洲市病院問題 「暗雲」は去るか? 実は現地半額建替え公約が「暗雲」だった! 建設的な動きに期待

2021/2/27

報道は中立・客観が前提であるが、良くも悪くも記者や編集者の問題意識が原点にある

 昨日は野洲市の病院問題について『現地建て替えに暗雲 専⾨部会「医療継続に 懸念」』という見出しの新聞記事を例にして、この問題のこれからのことについて書きました。新聞報道は論説などを別にして事実の客観的で中立性を保った報道が前提です。しかし、良くも悪くも、取材して記事を書く記者や編集者の問題意識が原点にあります。

駅前市民病院計画から見れば、市長公約こそが「暗雲」 建設的な動き、まずは本格的にはじまる市議会議論から

 そのようなことを考えていて、今日爽やかな山歩きをしながら、頭をよぎったことがあります。あの記事の取材と掲載の意図はどこにあったのか。小さなまちのことではありますが、大スクープです。記事にすることを前提に協力してくれる人をそれも複数人もよく見つけたとその力量に驚かざるを得ません。

 ところで、歩きながら考えたことは、記事の裏の詮索ではありません。客観的に文字にされたことからの展開。現地半額建替えという市長公約から見れば、検討会の結果は「暗雲」、いや、それどころか暴風雨かもしれません。いや、公約にそもそも青空があったかも疑問です。いずれにしても、「暗雲」がというのは市長の側から見ているからです。

 しかし、まだ今のところは市条例等からすれば市の公式計画である駅前市民病院、そしてそれを期待していた市民から見れば、現地半額建替えという市長公約こそが、

「暗雲」であったと言えます。市長公約に「暗雲」が立ち込めることは、公式計画の方の暗雲が立ち去ることになるのか。その結果再び青空がのぞくことになるのか。

それとも、いずれの「暗雲」もが立ち込めたままの状態が続くのか。いやそれは許されない。速やかに建設的な動きが求められます。まずは、これから本格的にはじまる市議会の議論に期待します。

この記事をシェアする

著者

山仲 よしあき

山仲 よしあき

選挙 野洲市長選挙 (2020/10/11) 9,647 票
選挙区

野洲市

肩書
党派・会派 無所属
その他

山仲 よしあきさんの最新ブログ

山仲 よしあき

ヤマナカ ヨシアキ/70歳/男

月別

ホーム政党・政治家山仲 よしあき (ヤマナカ ヨシアキ)野洲市病院問題 「暗雲」は去るか? 実は現地半額建替え公約が「暗雲」だった! 建設的な動きに期待

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube