選挙ドットコム

山仲 よしあき ブログ

野洲市駅前病院設計業務委託の契約解除 報道を見て なぜ中途半端な時期に? 問題点の整理

2021/1/27

昨日の朝刊の報道です。野洲市長が駅前新病院の実施設計の業務委託契約を解除すると1月25日に発表。

 まさに一昨日、病院の設計業務の中止について書いたばかりです。

 これまでの流れは次の通りです。

 市長は就任初登庁のまさに当日11月2日に市民病院整備の設計業務委託等の一時中止を設計会社に通知した。この事実はその時点では一般には公表されず、半月以上遅れた11月18日に報道機関に公表されています。報道資料は市ホームページに掲載されています。そこには「今後、当該業務については、契約解除に向けた協議を進めます。」との添え書きも。それを受けて、市議会が昨年12月に設計業務を継続して完了するよう決議した。それに対して、市長は問答無用で応じないと明言。そして、昨日の報道です。

契約解除の主な問題点を整理

 駅前新病院の実施設計業務委託契約の解除について、これまで書いてきたことも含めて、改めて主な問題点を整理します。

  • 契約解除は当然できますが、さまざまな問題があります。そこを見越しておかないと市に予期しない負担が生じる恐れがある。市長にしてみれば、そもそもこんな契約を結んだことが悪いのであって、自分は市民の信任を受けているのだとの思いがあるのかもわかりません。しかし、制度上の手続きは必要です。
  • 「野洲市病院事業の設置等に関する条例(平成28年12月27日)」で野洲市民病院は駅前の土地に整備すると定められています。実施設計業務はこの条例をもとにして発注契約されている。駅前の病院計画が消えたというなら、先ず昨年11月の議会で条例改正を行わなったのか不可解です。なぜあえて条例に反する行為を先行して行うのか理解できません。この契約は通常の道路工事などの設計や施工、また隣市の庁舎の契約などの解除の事例とは異なると思います。
  • 市長が解除しようとしている委託契約は市議会で議決された予算をもとにして行われています。さらに、いま解除の対象となっている契約は修正設計のためのもの。本来の設計の元契約では、契約そのものが議決されています。なぜ、議会と協議しないで、議会決議まで無視してこの時期に強引に解除するのか理解できません。
  • 今回の報道にもあるように、設計はほぼ完了しているようです。それなら、完了して成果物を受け取っても経費はほとんど変わらない。どのような交渉になっているか不明ですが、途中解約すれば一般的には解約料などが発生します。なぜ、契約解除という手段を選ぶの不可解です。
  • 上記の通り一般的には契約解除をすれば解約料や損害の賠償など新たな経費が発生します。この新たな経費負担の予算措置及び説明はどうするのか心配です。今ある契約の事業費の枠を使おうとしているならば、適切な財政処理ではありません。
  • 設計業務の契約を途中解除すれば当然目的の成果物が得られません。目的の成果物がないのに経費を支出することが可能なのかどうかも疑問となるところです。
  • 最後に、内部の事務処理の問題ですが、このような困難でリスクの大きい案件の「起案」を誰が行うのか心配になります。

 とりあえず、以上上げた懸念材料を最大限なくすためには、少なくとも一番目にあげた「野洲市病院事業の設置等に関する条例」の改正を行う必要があると考えます。

この記事をシェアする

著者

山仲 よしあき

山仲 よしあき

選挙 野洲市長選挙 (2020/10/11) 9,647 票
選挙区

野洲市

肩書
党派・会派 無所属
その他

山仲 よしあきさんの最新ブログ

山仲 よしあき

ヤマナカ ヨシアキ/70歳/男

月別

ホーム政党・政治家山仲 よしあき (ヤマナカ ヨシアキ)野洲市駅前病院設計業務委託の契約解除 報道を見て なぜ中途半端な時期に? 問題点の整理

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube