選挙ドットコム

山仲 善彰 ブログ

野洲市の学童保育 6年生まで待機なしで、質にも妥協なし

2020/9/7

プラスαのサービスから基礎的サービスに転換

野洲市の学童保育は、現在25の施設で、小学6年生まで希望者全員を受入れて運営しています。小学生全体の約3分の1、約千人が利用しています。施設は全て市が整備し、運営は指定管理者制度により市の社会福祉協議会が行っています。支援員の配置も「野洲市こどもの家条例」にもとづく規則において国基準より高く設定し、質と安全を確保しています。これは、学童保育を付加的なサービスではなく市の基礎的なサービスと位置づけているからです。

はじまりは保護者や社会福祉協議会の取組み

市の学童保育は保護者や社会福祉協議会の取組みからはじまっています。その後、市の事業として指定管理者制度により市社会福祉協議会に運営を委ねて進められてきました。2006年から指定管理者制度に移行しています。

利用者増、施設と財源不足で大混乱に

この2006年頃から需要が急増し、待機児童が多く発生するようになりました。このため、1室の定員を増やしたり、体育館の空きスペースなどを利用しての開設や、文科省の制度による学校の空き教室を利用した市直営の「子ども教室」を開設するなど、展望のない事態となりました。このような状況のなかで、保護者会は、「野洲市放課後児童クラブ運営基準」を策定し、学童保育の質の確保と公平性を求める提案を行っています。しかし、2本立て制度による複雑さと不公平さ、施設の絶対的不足、児童の増加、財政的な問題などにより事態は悪化するばかりでした。

市が責任をもって定員倍増で6年生まで待機なしを実現

このような状況は、保護者と当事者である児童にとって深刻な状況でした。また、市の担当職員、社会福祉協議会及び現場の支援員にとっても限界にきていました。社会福祉協議会からは事業継続が困難である意向が示される状況にまで至っていました。

私が市長に就任した平成20年度の後半から翌年度にかけて、市長も直接入って、保護者会、社会福祉協議会さらには支援員代表ともそれぞれ意見交換を重ねました。その結果、不評であった「子ども教室」を廃止して学童保育に制度を一本化し、市が責任をもって速やかに施設整備を行い、希望者すべて6年生まで受け入れる方針を明らかにし、保護者会の了解を得ました。運営については、保護者側は社会福祉協議会による運営を望んでいましたが、社会福祉協議会は業務の困難さから難色を示していました。そのため、入所受付、保護者からの問合せと苦情対応すべてを市が直接行うことを条件に、暫定2年間の委託にしました。また、使用料は、施設整備費はすべて市が負担し、運営費に関しては、国、県の補助分と加配支援員の経費を除いた残額の半分を使用料とすることにしました。施設整備と運営に当たっては、「野洲市放課後児童クラブ運営基準」を前提とするとともに保護者と協議の場を持って進めることとしました。

平成22年度からの2年間で9施設が15追加で24施設に

実質200人程度の待機児童を安定的に6年生まで受け入れるために、10年間の利用見込みを想定して、施設整備の計画を立てました。各小学校区ごとに公平に対応できるように同時並行して2年間で15施設を新しく整備し、定員を約500人から倍の千人強にしました。施設立地は、学校からの移動の安全を考慮して可能な限り学校敷地内としました。運営も、市が入所受付や保護者対応を分担することにより、社会福祉協議会の運営も円滑になったので、通常の指定管理者制度に移行しました。

保護者や専門家の参加による質確保のための透明性ある運営

新しい制度ではじめてから約10年が経ちました。この間、市の「こどもの家条例」に「野洲市こどもの家持続ある運営を考える委員会」を設置して、保護者等から運営への提案と監視を受けるようにしました。料金に関しても、この委員会に経費の明細を示して意見を求めています。

今後の展開

全国的には、学童保育はニーズが高まる一方、施設整備と支援員確保等が追いつかず、待機児童が増えて、大きな社会問題になりつつあります。野洲市では、これまでに紹介した取組みにより、安定したサービスとなっています。これには、まずは社会福祉協議とその職員の貢献が大きく働いています。また、保護者の熱意と真剣さ、そしてそれに応えた市職員の対応も評価されます。この10年間、当初の見込みよりも早く利用者が増加したため、1施設増築しました。今後も、利用者増が見込まれる小学校区には計画的に施設整備を行う予定です。また、GIGAスクールに対応して、家庭と同様に Wi-Fi環境を整える予定です。

今年8月1日時点での状況を表で掲げました。新型コロナウイルス感染症の影響により、8月1日時点での在籍児童数は4月1日と比べて△177人(通年△34人、季節△143人)となっています。

【参考】4月1日時点在籍児童数1,075人(通年782人、季節293人)

この記事をシェアする

著者

山仲 善彰

山仲 善彰

選挙 野洲市長選挙 (2020/10/11) - 票
選挙区

野洲市

肩書・その他
党派・会派 無所属

山仲 善彰さんの最新ブログ

山仲 善彰

ヤマナカ ヨシアキ/69歳/男

月別

ホーム政党・政治家山仲 善彰 (ヤマナカ ヨシアキ)野洲市の学童保育 6年生まで待機なしで、質にも妥協なし

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube