選挙ドットコム

越田 けんじろう ブログ

【市民とともに改革を加速させる。

2022/3/26

【市民とともに改革を加速させる。2期目へ臨む決意を表明いたしました】

 3月25日令和4年度第1回市議会定例会が閉会しました。令和4年度の当初予算案を含む全ての提出議案を可決頂くことができました。令和4年度は、市立総合医療センターの開設や中学校給食のスタート。舎羅林の民間開発がスタートするなど、動き出した川西市を実感していただける1年となります。

さて、「時代が変わる。川西を変える。さあ、かわにし新時代へ」をキャッチフレーズに掲げ、平成30年10月に川西市長に就任して以来、4度目の予算編成が終わりました。

 任期のうちの半分以上の時間がコロナ禍での市政運営でしたが、コロナ対応やワクチン接種を着実に進めるとともに、未曽有の危機にあっても市の最大の事業である市立病院の指定管理者への移行と新病院の建設を着実に実施することができました。令和4年9月に、市立川西病院は新たな川西市立総合医療センターとして生まれ変わります。

 また、中学校給食が令和4年9月にスタートします。学校ICT化の実現やこども医療費助成対象の拡大、待機児童の解消など、マニフェストに掲げた事業にも果敢に挑戦してきました。

まちづくりや政策の重点が「こども」へと変わり始めています。

 行財政改革については、令和元年度から3年間を財政健全化の集中期間として位置づけ、財政健全化条例の制定、市の全事業を見直す「事業再検証」などを実施してきました。その結果、令和2年度・3年度においては2年連続で実質単年度収支が黒字となるほか、令和4年度には51年ぶりに財源不足を理由とした財政調整基金の繰り入れを行わず予算編成を行うことができました。川西市の行政運営は大きく変わり始めました。

 この4年間の市政運営で、私は「川西が変わる」手ごたえを感じることができました。しかし、この4年間で川西市の課題のすべてを解決できたわけではなく、かわにし新時代で描いた改革はまだ始まったばかりです。私の1期目は10月に任期満了となりますが、改革をさらに加速させるため、2期目への挑戦に向け準備を進めます。

 ただ、かわにし新時代は市長ひとりで実現することはできません。人口減少・高齢化、コロナ禍やウクライナ情勢のような国際的な危機など、今後の先行きが全く見通せない中で、次の時代を見据えた新たなまちのビジョンを市民とともに共有し、より具体化していくためには、市民の皆さんの力がこれからも必要です。

 私は、市長としてその先頭に立ち続ける覚悟があります。

 任期残り半年を残しての表明となりました。これから時間を新たなマニフェストを作成するための準備期間とし、市民の皆さんと対話を進める中で、任期満了を前には新たなマニフェストをお示しする予定です。

さあ、かわにし新時代へ。市民とともに改革を加速させます。

この記事をシェアする

著者

越田 けんじろう

越田 けんじろう

選挙 川西市長選挙 (2022/10/16) - 票
選挙区

川西市

肩書 川西市長
党派・会派 無所属
その他

越田 けんじろうさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家越田 けんじろう (コシダ ケンジロウ)【市民とともに改革を加速させる。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube