選挙ドットコム

熊谷 俊人 ブログ

【11年前の千葉市の財政状況は?『千の葉をつなぐ幹となれ』抜粋連載企画 行財政改革②】

2020/10/26

【11年前の千葉市の財政状況はどうだったのか? 『千の葉をつなぐ幹となれ』抜粋連載企画 行財政改革②】

■ 行財政改革への船出

私が取り組んできた施策分野の一つに行財政改革があります。就任時に政令市ワースト1位で、早期健全化団体に国から指定される危険性すらあった千葉市の財政は、この 11年間で見違えるほど健全化されました。

 行財政改革には後ほど述べるような創意工夫も重要ですが、基本は地道な作業の積み重ねであり、時には市民等から喜ばれない事業の見直しも政治生命を懸けて断行しなければなりません。
 市民にとっては住んでいる街の財政状況などほとんど気にならない一方で、金銭的補助など目に見える行政サービスが削減されれば当然不満に思います。財政健全化を進めることは政治的には得なことはなく、だからこそ日本はここまで借金が膨れ上がりました。

 でも、私はここにこそ自身の存在意義を感じています。

 私自身が安定した会社員を辞めて、政治の世界に入った理由の一つが、「正しいけれど、政治家が反発を恐れて実行できないことを自分が実行することで社会の閉塞感を打破する」ことにありました。
 長く政治の世界にいる必要はありません。仮に最後は不人気で去ることになったとしても、将来の人たちのために意味のあることが成し遂げられたのであれば、十分に誇りに思える人生のはずだ、との思いで、この世界にいます。

 なお、私は財政健全化至上主義者ではありません。緊縮財政で財政が良くなっても、街に元気が無くなれば意味がありません。必要な投資は積極的に行い、税収を拡大すべきとの立場です。その分野については第3章で詳しく説明します。

■ 正しい現状認識を持つ

では、具体的にどのような決断の積み重ねと職員の創意工夫で健全化することができたのか、ご紹介します。

 私が市長に就任した際、行財政改革として速やかに行う必要があったのは、

  ・モノレール延伸等の大型公共事業の見直し
  ・全ての予算の総点検と聖域なき見直し
  ・それを実行する職員の意識改革

でした。

 ここで当時(2010年度)の千葉市の財政状況を振り返ってみます。
 1年間の収入に対する負債の割合を示す将来負担比率は285・3%と政令市ダントツのワースト1位(2位は広島市の251・3%)。1年間の支出に占める借金返済の割合を示す実質公債費比率は 21・4%と、こちらも政令市ワースト1位。

 つまり、身の丈を超えた借金を抱え、かつ過去の膨大な借金返済のピークが始まり、毎年の予算繰りすら四苦八苦している状況でした。

 早く財政健全化路線にシフトチェンジすればよかったのですが、千葉市はあろうことか、貯金にあたる基金を全て使い果たし、それでもお金が足りないので、発行した市債を償還するために積み立てておかなければならない市債管理基金にまで手を付けてしまいました。
 それでもお金が足りないということで、今度は外郭団体(都市整備公社、土地開発公社など)に借金をさせて、その場をしのいでいました。隠れ借金ですね。

 禁じ手に近い手法を使い、その場をしのいできたツケは重く、各種財政指標は信じられないほど悪化しました。
 しかし、不思議なことに千葉市の財政状況が悪いということはあまり市民・県民には知られていませんでした。むしろ、当時は県の方が財政状況が厳しいと認識している人たちの方が多かったかもしれません。

 堂本暁子知事(2001~2009年)が財政再建に取り組み、様々な外郭団体を含め、予算のカットを断行していました。当時、それらがよく報道されていましたので、市民だけでなく経済界等も含めて、財政が厳しいといえば県、というイメージでした。
 今、この本を読んでいる人は信じられないかもしれませんが、世の中の認識は常に実態から数年から 10年は遅れます。既に千葉市は財政状況がかなり健全化しつつありますが、未だに千葉市は財政が厳しいと思っている人が多いでしょう。千葉市が厳しい時に千葉県の方が財政事情が悪いと思い、千葉市が良くなっていても千葉市が悪いと思ってしまう。仮に県と財政事情が逆転しても、しばらくは同じかもしれません。

 いずれにせよ、これから行う徹底した行財政改革に理解を得るためには、市民や関係者に千葉市財政に対する正しい現状認識を持っていただくことが不可欠でした。

この記事をシェアする

著者

熊谷 俊人

熊谷 俊人

選挙 千葉県知事選挙 (2021/04/04) - 票
選挙区

千葉県

肩書・その他 千葉市長
党派・会派 無所属

熊谷 俊人さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家熊谷 俊人 (クマガイ トシヒト)【11年前の千葉市の財政状況は?『千の葉をつなぐ幹となれ』抜粋連載企画 行財政改革②】

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube