選挙ドットコム

熊谷 俊人 ブログ

幕張メッセを想定した臨時医療施設について

2020/9/25

幕張メッセを想定した臨時医療施設(1000床)について県がようやく方針転換を表明したそうです。県議会での自民党代表質問への答弁とのこと。

私たちが以前より指摘してきたとおり、医療施設の新設には膨大な事務手続きが必要であり、また医療スタッフの確保、搬送する消防体制への影響など、多くの懸案事項があります。

事実上不可能な構想に時間と予算を割く前に、既存病院に専用病棟を作る方がよほど現実的で、実際に東葛北部医療圏の千葉西病院は独立病棟である伝染性感染症病棟をコロナ後に整備し、感染症指定医療機関でないにも関わらず多くの患者を受け入れてくれています。
東京都でも実例があります。

当時県から説明を受けた際も、県で検討チームにいる医師の方にも「まずは専用病棟を整備する医療機関への支援など、実現可能なステップでやるべきことを進めるべきだ」と提言してきました。
今回の答弁では病床確保の必要度段階が最大となり、病床数が切迫した際、無症状・軽症の高齢者100~200人を病棟やプレハブなどの仮設施設で受け入れるとのこと。現実的な解だと評価します。

当初より病院局などから病院事務に長けた人材が検討チームに入っていれば、臨時医療施設が机上の空論であることはすぐに分かったはずで、貴重な健康福祉部の人的リソースがもったいなかったと思います。健康福祉部と県病院局を調整するのは知事のリーダーシップ以外に他なりません。
日本ではリーダーシップというと引っ張っていくイメージが強いですが、各部署同士では調整が困難な案件を、全部局に権限を持つ立場として調整をすることもトップのリーダーシップです。

この記事をシェアする

著者

熊谷 俊人

熊谷 俊人

選挙 千葉県知事選挙 (2021/04/04) - 票
選挙区

千葉県

肩書・その他 千葉市長
党派・会派 無所属

熊谷 俊人さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家熊谷 俊人 (クマガイ トシヒト)幕張メッセを想定した臨時医療施設について

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube