選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

共産党の無理筋のクレームに、あっさり屈してしまう自民党の議長、情けない限りです。

2019/3/18

共産党の無理筋のクレームに、あっさり屈してしまう自民党の議長、情けない限りです。

1月17日朝、日本共産党の洒井まさえ氏が、選挙公示前であるにもかかわらず、自身の氏名を大書したタスキをかけ、今度の杉並区議選で私を区議会に送って頂きたいと演説していました。
そして私が、それは公職選挙法違反ではないかと指摘したところ、同党の活動員から恫喝・暴行を受けました。
動画は右記を参照下さい。https://youtu.be/9KU9bLxAB1w

そこで、私は2月18日の杉並区議会第1回定例会本会議において、
「区民の面前で平然と違法行為を行う上、都合が悪くなると暴力に走る勢力には、決して屈してはならない」旨を述べました。
これに対し、日本共産党杉並区議団が「議長には発言の取り消しを図るよう要請する」などと反論していました。

そして、第1回定例会最終日の今日、大熊昌巳議長(杉並区議会自由民主党)の判断により、私の上記発言のうち、「勢力」の一語が、区民閲覧用の議事録や録画中継から削除されることが判明しました(原本には残る由)。
文脈上、「勢力」の一語が「活動員を含めた日本共産党」と解釈できるため、との理由だそうです。議会終了後、区議会事務局からその旨、説明を受けました。

実際、周知の通り、日本共産党は破防法に基づく公安の調査対象です。今回の私への暴行を見ても、その暴力革命方針は依然として健在と見なければなりません。共産党に発言の取り消しを求める資格などありませんし、そのような求めに議長が応じる筋合いもありません。

いったい何を考えているのでしょうか。実に情けない限りです。

この記事をシェアする

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

田中 ゆうたろう

タナカ ユウタロウ/43歳/男

月別

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)共産党の無理筋のクレームに、あっさり屈してしまう自民党の議長、情けない限りです。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube