選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

武蔵野市住民投票条例案否決の件、残念ながら、一安心している場合ではありません。

2021/12/23

武蔵野市住民投票条例案否決の件、残念ながら、一安心している場合ではありません。

松下玲子市長は、改めて条例案を検討する意向を示しているとのこと。

すでに次なる戦いが始まっています。

私は、今回の条例案が可決された場合、公用や冠婚葬祭などの場合を除き、武蔵野市を訪れることは、なるべく控えようと思っていました。

大好きな井の頭公園には、井の頭線の「井の頭公園駅」から三鷹市経由で通い、吉祥寺などで食事したり買い物したりすることも止めるつもりでした。

親戚や友人には、引っ越しを勧めようとさえ考えていました。

武蔵野市の動向は、今後も厳しく注視していく必要があります。

そして、我が杉並区にとっても、今回の武蔵野市の騒動、決して他人事ではありません。

私は、田中良杉並区長に対し、外国人参政権をどのように考えているのか、区議会でたびたび質して来ました。
が、田中区長は、いまだ明確に答えていません。

また、杉並区には住民投票条例がないかわりに、「自治基本条例」があります。

この条例によって、
「杉並区でも、そのつど議会が条例を作って認めれば、外国人でも住民投票の請求はできる」
ことになってしまっています。

「そのつど議会が条例を作って認めれば」
という条件付きとはいえ、なぜ、このような問題のある条例が作られてしまったのか?

制定当時の経緯を確認しつつ、この条例の中身について、しっかり見直さなければなりません。

さらに、杉並区が友好提携を結ぶ海外都市の中には、慰安婦像の立つ韓国瑞草(ソチョ)区が含まれます。

杉並区は、瑞草区に像の撤去を申し入れるべきです。
また、それが受け入れられない場合は、破棄も含め、友好提携の在り方を見直さなければなりません。

今回の武蔵野市の騒動をきっかけに、

「自治体から国家を壊していく左翼の手法の危険性」

に関心が集まり、杉並区を含む地方政治・地方議会の深刻な左傾化に歯止めがかかることを期待しています。

この記事をシェアする

著者

田中 ゆうたろう

田中 ゆうたろう

選挙 杉並区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,720.918
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書 杉並区議会議員
党派・会派 無所属
その他

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

田中 ゆうたろう

タナカ ユウタロウ/46歳/男

月別

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)武蔵野市住民投票条例案否決の件、残念ながら、一安心している場合ではありません。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube