選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

座・高円寺に関する私たちの監査請求には、大きな意義があったと確信します。

2021/7/15

田中良 杉並区長(元・民主党)は昨年9月15日の杉並区議会(区民生活委員会)で、杉並区立杉並芸術会館(通称 座・高円寺)の指定管理者の選定に関する議案審査の打ち切りを扇動。

この指定管理者(NPO法人劇場創造ネットワーク)は、区立の劇場でありながら1階ホールや地下の稽古場等を独占し、天皇を侮辱する自分たちの極左プロパガンダ演劇を行い、年間3億円以上もの巨額の杉並区民の血税をムダ遣いしています。

のみならず、会計不正による補助金詐欺疑惑までもが、私の追及で浮上。

この問題で関心を共有する堀部やすし 杉並区議とともに、本年4月30日、この会館に関する住民監査請求に踏み切ったところ、6月28日に監査結果の通知があり、現在、区のHPでも、監査委員以外の個人名等を除き、公開されています。
https://www.city.suginami.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/790/zakouenji_kansakekka.pdf

遺憾ながら私たちの監査請求自体は棄却されましたが、興味深い意見・要望が付されています(画像下左)。
この会館の運営をめぐり、区やNPOによる会計上の不適切な対応が批判され、是正が強く求められているのです。

今回の監査請求には、大きな意義があったと確信するものです。

すでに6月2日、私は区議会本会議での一般質問で、
「座・高円寺の指定管理者から区への会計報告において、助成金の未計上がないか調べよとかねて求めているが、進捗状況はどうか」
と尋ねたところ、
「改めて確認したところ、平成30年度、NPOとして都に提出した会計報告には計上されているものの、区への会計報告には計上されていない約200万円の助成金収入があることが判明した」
との区の答弁を得ています。

が、おそらく、こんなものでは済まないであろうことが、この監査結果からも、すでに十分に予想されます。

NPOによる協賛金や助成金の悪質な未計上や、それを庇い続けてきた区とNPOのおぞましい癒着ぶりは、今後さらに炙り出されていくはずです。

私は、先に述べた田中区長による議案審査打ち切り扇動を受け、昨年10月13日、区長への問責決議案(画像下右)を区議会に提出しています。
https://www.city.suginami.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/061/643/r021013_gian3.pdf

賛成少数ではありましたが、この問責は決して間違っていなかったことを、今、改めて痛感しています。

もちろん、この問題を放置し続け、あまつさえ区長の扇動に応じて議案審査を打ち切ったり、区長の議事妨害を容認したりした愚かな区議らも責任重大です。
この先、政治家として無傷では済まないでしょう。

それにしても、この劇場に巣食い、公金を漁り喰らい、その特権を悪用して演劇界でひとかどの権威として振る舞う自称演劇人どもには、そろそろ本気で鉄槌を下さなければなりません。

区民各位のさらなるお力添えをお願い申し上げます。

この記事をシェアする

著者

田中 ゆうたろう

田中 ゆうたろう

選挙 杉並区議会議員選挙 (2027/04/30) - 票
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書 杉並区議会議員
党派・会派 無所属
その他

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)座・高円寺に関する私たちの監査請求には、大きな意義があったと確信します。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube