選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

このところ、杉並区の感染症対策には大きな混乱や矛盾が見られます。疑問を呈しておかねばなりません。

2021/1/26

本日、令和3年第1回杉並区議会臨時会。私は議案第1号(令和2年度杉並区一般会計補正予算(第11号))に反対の立場から、概略以下の意見を述べました。

本補正予算には、区内基幹病院における武漢ウイルス感染者の病床確保のための転院支援 約6600万円の他、武漢ウイルス感染症ワクチン接種の必要経費等が計上されている。

総務財政委員会での区長の答弁によれば、この転院支援は、はじめ区長から都知事に要望したとのこと。こうした前向きな働きかけは評価したい。
しかし、当議会で繰り返し述べて来た通り、また区自身も認めている通り、医療機関支援は、第一義的には国や都の仕事である。
先行して転院支援を行っている他の区市もあるが、当区の基幹病院の多くが区境地域に存在する以上、当区が転院支援を検討するに当たっては、少なくとも近隣自治体との連携確認が不可欠と考える。

このところ、当区の感染症対策には大きな混乱や矛盾が見られる。施策の優先順位の付け方に疑問を呈しておかねばならない。

本補正予算には、医療従事者支援として、応援メッセージ付きのお菓子を区内医療機関等に配布する経費も計上されている。
が、そのようなメッセージを発する前に、今月11日、国や都の呼びかけを無視して23区中ただひとり、杉並公会堂という密室で成人式を強行したことの反省がなされるべきではないか?
医療従事者応援どころか、真逆のメッセージとなったのではないか?
昨年末にはすでにウイルス変異種の侵入も懸念されていた中での成人式開催は、明らかに不適切だったことを、今からでも認め、社会に対しその旨を発信すべきである。

また、その直前の今月8日には、都知事に対し、トリアージのガイドライン策定を求めたとのこと。
が、「問題は一元的ではないので、トリアージ云々を政治利用してもらいたくない」との医療従事者からの声も届いている。

トリアージせよと主張し、新成人を密室に閉じ込め、今また医療従事者に感謝をなどと述べることは、著しく一貫性を欠くもので、到底理解できない。

総務財政委員会では、委員から「基礎自治体としてできることはいくらもある」との指摘もなされていた。
自宅療養者への手厚いフォローを区に求め続けてきた私としては、区内事業者とも連携しつつ、おいしく栄養のある食料品セットを自宅療養者に支給することも提案しておきたい。

なお、ワクチン接種については、日本人に対する副反応についても含め、国からの情報があまりにも不足している点を強く指摘しておく。

この記事をシェアする

著者

田中 ゆうたろう

田中 ゆうたろう

選挙 杉並区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,720.918 票
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書 杉並区議会議員
党派・会派 無所属
その他

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

田中 ゆうたろう

タナカ ユウタロウ/45歳/男

月別

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)このところ、杉並区の感染症対策には大きな混乱や矛盾が見られます。疑問を呈しておかねばなりません。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube