選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

一部の演劇人や、それを甘やかす杉並区長による芸術の政治利用を許してはなりません。

2020/10/6

一部の演劇人や、それを甘やかす杉並区長による芸術の政治利用を許してはなりません。

10月2日の決算特別委員会での私の質疑、ご確認頂ければと思います。
http://suginami.gijiroku.com/voices/g07_Video2_View.asp?SrchID=6617
私の出番は1:11:59~1:27:41です。

年間3億円以上もの杉並区民の血税を湯水のように費やしながら、指定管理者(NPO法人劇場創造ネットワーク)ら一部の演劇人に乗っ取られ、完全に私物化されている杉並芸術会館(座・高円寺)の主要施設。

1階ホールの稼働率は100%とのことですが、それは彼らの言い分を鵜呑みにしているだけの話。その信憑性を検証するだけの証拠が何もありません。
使用する劇団に対し、公演スケジュールの提出を義務付けるよう、区に求めました。
また、演劇というジャンルの特質上、本番中、何が起こるかわかりません。極端な話、テロや犯罪が発生する可能性さえ、否定はできないのです。
公演企画書・上演台本・パンフレット・公演の録画映像等の提出も義務付けるよう、併せて求めました。
これは、作品の検閲等ではなく、公共施設として当然求められる措置に他なりません。

が、区は依然として、演劇の専門性や特殊性を言い訳に、指定管理者に丸投げの姿勢を崩しません。

それどころか、特定の政党や政治家の名前を挙げて、その誹謗中傷を行った昨冬の劇団(燐光群)公演アフタートークの内容について、同公演に来場、臨席していた田中良 杉並区長は、「記憶にない」などと先月の区民生活委員会で発言。
「区の最高責任者として許されない。その場で止めさせるのが区長の仕事ではないか?」
とその姿勢を質しましたが、部課長に「区民生活委員会で答弁した通り」などと答えさせるばかりで、自身はついに答弁に立ちませんでした。

無責任、不誠実の極みです。

公共劇場とは名ばかりの、この極めて問題の多い施設について、私を含む複数の議員・会派から疑義が呈されつつあります。
これ以上、一部の演劇人や、それを放置放任する杉並区長による芸術の政治利用を許してはなりません。
この問題、引き続き全力で追及していきます。

さて、今日は14:30~14:45頃、登壇の予定です。
杉並区の保育・高齢者施策について質します。
お時間がありましたら是非、傍聴頂ければ幸いです。

この記事をシェアする

著者

田中 ゆうたろう

田中 ゆうたろう

選挙 杉並区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,720.918 票
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書・その他 杉並区議会議員
党派・会派 無所属

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)一部の演劇人や、それを甘やかす杉並区長による芸術の政治利用を許してはなりません。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube