選挙ドットコム

桂 秀光 ブログ

菅義偉首相 ≫ トリチウムの海洋投棄?!・貴重な資源を、なぜ廃棄するの!?

2021/4/13

『菅義偉首相 ≫ トリチウムの海洋投棄?!・貴重な資源を、なぜ廃棄するの!?』

https://go2senkyo.com/seijika/22385/posts/228230

東電福島第一原発事故で生じた、トリチウムを海洋投棄するかどうかで、与野党の政治家、マスメディア、官僚、専門家を名乗る方々、漁業関係者、電力会社関係者らが、日本において、不毛な議論を始めているが、彼らは、トリチウム問題の本質を全く理解していないことに気がついたので、同位体の専門家として、一言忠告したい。

トリチウムは、質量数3の水素の放射性同位体であり、時間が経過すると共に、放置しておいても、不思議なことに、弱いガンマー線(波長の短い電磁波)とベーター線(電子の流れ)という放射線を出して、質量数3の安定同位体(放射性同位体のように時間が経過しても別の同位体に変化しない)であるヘリウムに変化する。

(質量数3の水素)=>(質量数3のヘリウム)+(ベーター線)+(ガンマー線)


この変化の速度は、半減期が、12.32年と言われる速度で変化するので、最初に、100グラムのトリチウムがあれば、12.32年経過すればトリチウムの質量(重量)が50グラム、さらに12.32年経過すればトリチウムの質量(重量)が25グラムに、さらに12.32年経過すればトリチウムの質量(重量)が12.25グラムに放置しておけば減少していき、トリチウムの減少と共に、質量数3のヘリウムが生成してくる。

ここで、生成する質量数3の安定同位体であるヘリウムは、自然界にほとんど存在しない同位体で、2010年の時点で、米エネルギー省(DOE)は、1グラムあたり、$15000米ドル/グラムの市場価値があると報告しているが、日本のトリチウム海洋投棄問題利害関係者は、そのことを全く知らないようなので、以下に参考文献を記載する。

#1
"Helium"

Lunarpedia
https://lunarpedia.org/w/Helium

#2 
"The Helium-3 Shortage: Supply, Demand, and Options for Congress" 

Dana A. Shea, Specialist in Science and Technology Policy
Daniel Morgan, Specialist in Science and Technology Policy
December 22, 2010 
Congressional Research Service
http://large.stanford.edu/courses/2017/ph240/wulff1/docs/R41419.pdf

#3
『ヘリウム3(3He)について』
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 福山研究室(低温物理学)

http://kelvin.phys.s.u-tokyo.ac.jp/japanese/research/helium3.html

ちなみに、現時点での金価格は、約$60米ドル/グラムであり、質量数3のヘリウムがいかに高価な物質であるか理解できるはずだ。

ところで、質量数3の安定同位体であるヘリウムは、何に利用できるかと言えば、たとえば、核融合、中性子検出、超低温(絶対零度に近い温度)の実現である。

#4
"Helium-3"
Wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Helium-3

#5
『ヘリウム3』
ウィキペディア(Wikipedia)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A03

#6
『3He-4He希釈冷凍法』
ウィキペディア(Wikipedia)

https://ja.wikipedia.org/wiki/3He-4He%E5%B8%8C%E9%87%88%E5%86%B7%E5%87%8D%E6%B3%95

こんなことも知らない、日本の指導層が、貴重な質量数3のヘリウムを得るための原料となる、トリチウム(質量数3の水素)を海洋投棄する決定をしようとしている状況を見て、日本国外の識者は、日本の科学技術の発展も今後はあり得ないと判断するはずだ。

私、桂秀光が、東京電力の経営者なら、東電福島第一原発事故で生じたトリチウムから得られる質量数3のヘリウムを集め、しかるべき消費者に売却して巨万の富を得ると同時に、東京電力の株価急騰に備え、東電株を買い増すが!?

2021年4月13日

桂 秀光(カツラ ヒデミツ)
博士(農学・東京農工大学)・水産学修士(東京水産大学)
アマチュア無線家 JR1UTS
インド・コインバトゥール工科大学(防衛工科大学)招聘講師
元神奈川県茅ヶ崎市長候補・元衆議院議員候補(神奈川15区)
連絡先:   http://airusa.org/newkatsura/formmail/
IP Phone:   050-6864-0530
FAX:   0467-54-1383
+++   +++   +++   

#KATSURA
#Hidemitsu
#桂秀光
#カツラヒデミツ
#JR1UTS
#インド
#コインバトゥール工科大学
#防衛工科大学
#招聘講師
#茅ヶ崎市長候補
#衆議院議員候補
#神奈川15区
#博士
#農学
#東京農工大学
#菅義偉首相
#トリチウム
#海洋投棄
#貴重な資源
#東電福島第一原発事故
#与野党
#政治家
#マスメディア
#官僚
#専門家
#漁業関係者
#電力会社関係者
#不毛な議論
#質量数3
#水素
#ヘリウム
#ベーター線
#ガンマー線
#半減期
#12.32年
#米エネルギー省
#DOE
#1グラム
#15000米ドル
#Helium
#Lunarpedia
#Helium3ShortageSupplyDemandAndOptionsForCongress
#CongressionalResearchService
#ヘリウム3
#3He
#東京大学大学院
#理学系研究科物理学専攻
#福山研究室
#低温物理学
#核融合
#中性子検出
#超低温
#Helium3
#Wikipedia
#ヘリウム3
#ウィキペディア
#3He4He希釈冷凍法
#日本の科学技術の発展
#今後はあり得ない
#東京電力
#経営者
#巨万の富を得る
#株価急騰
#東電株買い増し

 

この記事をシェアする

著者

桂 秀光

桂 秀光

選挙 茅ヶ崎市議会議員選挙 (2019/04/14) 1,024 票
選挙区

茅ヶ崎市議会議員選挙

肩書 博士(農学・東京農工大学)、インド・コインバットゥール工科大学(防衛工科大学)・客員講師
党派・会派 無所属
その他

桂 秀光さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家桂 秀光 (カツラ ヒデミツ)菅義偉首相 ≫ トリチウムの海洋投棄?!・貴重な資源を、なぜ廃棄するの!?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube