選挙ドットコム

幸野 統 ブログ

【ここ幸!国分寺市政アーカイブ「学童保育所論」】2018-10-25ブログ【学童保育所の狭あい...

2019/4/9

【ここ幸!国分寺市政アーカイブ「学童保育所論」】
2018-10-25ブログ
【学童保育所の狭あい状況改善、4年生以上の受け入れに向けて!民間学童誘致とともに公設学童増設にも全力を③】民間頼みを是正させて、公設学童の整備にも踏み出したが、不十分な整備に留まる!民設誘致と公設整備に全力をあげて取り組むべき!
http://blog.kokosati.com/entry/2018/10/25/090001

保育園の整備と併せて学童保育所の整備についても待ったなしの課題となっています。

ところが、現行の子ども・子育て支援事業計画では、今年度までに1505名の定員を確保しなければならないところ、実際には1091名分の整備に留まってしまっています。
2019年度の入所申し込み数は1308名で、狭あい状況は更に深刻化しており、4年生以降の受け入れの見通しも立っておらず、民間学童保育所誘致頼みの政策が破たんしています。

この間「民間学童保育所の誘致だけでなく、公立学童保育所の整備にも力を入れるべき」と求め続けてきた結果、ついにこの4月~第七小学校の敷地内に公立学童保育所が開所されることになりました。
しかし、整備された学童保育所は、定員63名の「平屋建て」建築という不十分な整備に留まってしまっています。

市は「財政が厳しいから」と言いますが、平屋建ての整備では、現在の老朽化した本多学童保育所の建て替えはできず、4年生以上の受け入れもできず、児童数の増加によって狭あい状況の解消も一時的なものになりかねません。
そのうえ、もう一カ所整備することになれば、財政的にもさらなる負担がかかることになります。最低でも、2階建て以上での整備が不可欠だったのに、ここでも緊縮・抑制政策が影響しています。

一方で、2019年度予算では第五小学校の敷地内に公立学童保育所を整備する為の設計予算が計上され、定員は「70名規模を想定している」と、示されました。
ついに2階建て整備に舵を切っていただく方向が示されたことになります。今後は利用者のニーズに沿って、4年生以上の児童も利用できる分の定員を確保することが求められています。

学童保育所については、公立の学童保育所についても国の補助率が変更され、市の負担は6分の1で整備することができます。
教室棟や児童館等、様々な公共施設との合築を検討する事も必要です。

新規に整備された民間の学童保育所に学び、学童保育所と学校との送迎システムを構築して対応するといった取り組みも検討する事が必要です。

市内の学童保育所において、定員よりも登録児童が上回っている状況を一日も早く解消し、4年生以上の受け入れも早期に実施するために、緊縮・抑制政策を転換し、具体的な施設の整備計画を早急に策定するよう論戦しています。

【「カテゴリー」学童保育所の狭あい状況改善、4年生以上の受け入れを早急に!】
http://blog.kokosati.com/archive/category/%E5%AD%A6%E7%AB%A5%E4%BF%9D%E8%82%B2%E6%89%80%E3%81%AE%E7%8B%AD%E3%81%82%E3%81%84%E7%8A%B6%E6%B3%81%E6%94%B9%E5%96%84%E3%80%814%E5%B9%B4%E7%94%9F%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%8F%97%E3%81%91%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%92%E6%97%A9%E6%80%A5%E3%81%AB%EF%BC%81

この記事をシェアする

幸野 統さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家幸野 統 (コウノ オサム)【ここ幸!国分寺市政アーカイブ「学童保育所論」】2018-10-25ブログ【学童保育所の狭あい...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube