選挙ドットコム

幸野 統 ブログ

続・2月24日の代表質問。

2019/2/25

続・2月24日の代表質問。

「お金がない」「財政は厳しい」と言って、子育て、教育、福祉、バリアフリー関連等の身近な予算には緊縮・抑制政策をとっている国分寺市ですが・・・。

その一方で、国分寺駅北口再開発に続く「新庁舎建設」や「リサイクルセンター」等の大型事業の事業費増大は、問題視せずに突き進んでいます。これも人口問題同様の二重基準です?

私「東京2020オリンピック・パラリンピック関係で工事費が増加し、この2年間で新庁舎建設の事業費は70億円→100億円、リサイクルセンターは56億円→72億円に増大している。少なくともオリパラ需要が落ち着くまで、大型事業は延期するべき」と質問。

市長「リサイクルセンターは決定されているから」と拒否。
「新庁舎建設については、見通しが難しい」と言いながら「建設時期はともかく本格的な設計の調査はしていかなければいけない」と答弁、前のめりになっています。

私「場合によっては最も高い時期に事業者選定に入る懸念もある」と指摘し「いくら財政が良くなったと言っても、また必ず悪化する」と延期を求めました。

★新庁舎建設も、リサイクルセンター建設も、まだ計画策定段階の為、延期することは十分可能です。
現在の工事費はバブル期並み、建設業界の人材不足も深刻です。
これらが落ち着くまで大型事業は延期し、それまでの間、人口・児童数増に対応した子育て・教育・生活インフラの整備を進めるべきと提起しています(^_-)-☆

https://twitter.com/osamukono0901/status/1099658251568738304

この記事をシェアする

幸野 統さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家幸野 統 (コウノ オサム)続・2月24日の代表質問。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube