選挙ドットコム

中村 ひとし ブログ

誠実革命 悪行から離れろ

2024/1/15

 本日1/15をもって、参政党を離党しました。

昨年11月の記者会見および、YouTube動画での参政党役員らによる武田邦彦先生、河村たかし名古屋市長への誹謗中傷をきっかけに、離党を決意しておりました。

 調べれば調べるほど曲がった、武田先生が描かれていた国民のための保守政党とは全く違うものでありました。一言で言うと反DSを掲げたシオニスト集団というようなものでした。昨年4月の統一地方選挙で、参政党中村ひとしに大切な一票を頂いた阿久比町の有権者様を欺くこととなり、ここに陳謝致します。

 昨年5月に東京赤坂の会議室にほぼ全地方議員が集まったとき「○○党のような組織政党にする。政治家個人が自由に行動する△△党のような自分党は旧世代的だ。」という神谷宗幣氏の発言を聞き、一昨年前夏の参議院選挙で彼が訴えていたことは、得票を得るための嘘だと知りました。自由を重視する私にとって、この考えは受け入れられるものではありません。

 昨年6月の参政党役員交代において、韓国にて、旧統一教会でスピーチを行ったS元代議士が選任されたことは、疑念しかありません。文鮮明の三番目の妻、韓鶴子を韓鶴子様と敬称付きで、無関係だと主張するYouTube動画のS元代議士の姿から、私にはS元代議士は旧統一教会の関係者であるとしか考えられません。

 昨年7月、参議院議員会館でコンプライアンスの研修が行われ、研修を担当された党所属の弁護士さんが、事務局Eさんから、神谷宗幣氏の元彼女と紹介されました。参議院議員会館での研修という公式な場で、このような不謹慎な発言に私は唖然としました。枚挙にいとまがありませんが、最近の出来事についてはSNS上で明らかにされているので、参政党議員になってからの大きな違和感を3つだけあげさせていただきました。

 武田先生が、参政党の支部の活動(イベント)が終わる昨年10月末まで、支部の党員さんの為に、参政党の実態を黙っていただいていたことに倣い、1/13で私の支部の活動が終わりましたので、ここに離党のご報告致しました。

 さて、武田邦彦先生におかれましては、本日よりご自身のYouTube番組ヒバリクラブに於いて、誠実革命の解説を始められました。今、日本人が、自分自身が悪いと思うことをやっている。だから、やってることを言うときは嘘をつく。だから、本当のことを言う人を止める。これじゃあダメ。誠実革命を起こす。

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

著者

中村 ひとし

中村 ひとし

選挙 阿久比町議会議員選挙 (2023/04/23) [当選] 524 票
選挙区

阿久比町議会議員選挙

肩書 阿久比町議会議員
党派・会派 無所属
その他

中村 ひとしさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家中村 ひとし (ナカムラ ヒトシ)誠実革命 悪行から離れろ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube