選挙ドットコム

筑紫 るみ子 ブログ

【視察の日々・健軍水源地視察】

2023/8/5

■8月4日14:00~

 

 ~熊本の水は美味しい!!~

 

今回は熊本市最大の水源地である健軍水源地を視察させて頂きました(^^♪。

 

 県外に行っていつも思うのは「あー水が美味しくない」

 熊本に住む皆さんはこういう経験が少なからずあるのではないでしょうか?

 

 さて、健軍水源地の事を少し^^

 ◇熊本市HPより抜粋

 熊本市は市民約74万人の水道水源を100%天然地下水でまかなう、日本一の地下水都市です。
 市内21箇所の水源地から常に天然地下水が供給されており、その最大の水源が「健軍水源地」です。

その供給量は 1日約6万m3の水量を誇り、この水源地だけで25万人以上を養える計算になります。
 さらに驚くことに、11本の井戸のうち7本が自噴しています。

中でも5号井(写真)は、日量約1万5千m3の天然地下水が自然の力で湧き出しており、

日本最大級の水道水源の井戸です。
 健軍水源地は昭和23年(1948)2月に通水を開始し、

以来、熊本市のウォーターライフを支えつづけている市民の大切な宝の一つです。

 

 

◇こんなクリップを発見

 

          ~~戦時中、この地は三菱重工業の土地だった!!~~

 

 

きっとこの土地にも、色々なドラマがあったんだろうな、と少し感傷にふけってしまいました。

 

◇美味しいけど、やっぱり塩素が入っている。大丈夫?

  日本では水道法(4条、22条)により、塩素を0.1mg/L以上添加する事を義務付けられています。

 そこで、判ってはいましたが水道局の方に「やっぱり塩素は入っているんでしょうね」と訊ねました。

 すると「うちでは次亜塩素酸ナトリウムを添加してますが、毎日水検査をして、最低になるよう工夫しています。」との事でした。

 一つだけ言えるのは、熊本の水は天然地下水で、その上毎日検査をしてあり、今までに一度も今取り沙汰されている、PFOS,PFOAや硝酸態窒素など、現在危険視されているような不純な物質が一切出ていないため、日本でも最高水準の水を飲用できる。という事です。

個人的な事ですが、今は浄水器の使用をやめています。何故かというと、浄水器には浄水器の危険性がある事を知ったからです。熊本は、の話ですが、色々調べてみて、今は地下水よりも、むしろ水道水の方が安全で栄養価も高い事が判ったからです。

県外に行って初めてわかる熊本の水の価値、この美味しさを維持するために職員の皆さんもかなり努力をされていると感じました。

「熊本の水」今からも大事にしながら未来に残していかなければならない、世界に誇る宝物です。

この記事をシェアする

著者

筑紫 るみ子

筑紫 るみ子

選挙 熊本市議会議員選挙 (2023/04/09) [当選] 2,984 票
選挙区

中央区

肩書 合同会社 地球の鼓動 代表社員
党派・会派 無所属
その他

筑紫 るみ子さんの最新ブログ

筑紫 るみ子

チクシ ルミコ/62歳/女

月別

ホーム政党・政治家筑紫 るみ子 (チクシ ルミコ)【視察の日々・健軍水源地視察】

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube